メイン

活動記録活動記録

2021.04.01/令和3年度第1回記者会見

新型コロナワクチン接種『青森市モデル』として

80歳以上/75-79歳/70-74歳/65-69歳と5歳刻みで

接種券郵送→予約受付→接種開始するスケジュール案を公表。

国のワクチン供給が段階的な為、

4/12〜施設接種:5/17〜個別接種:6/12〜集団接種の見込。

2021.03.31/第28回新型コロナ危機対策本部

障がい者施設で県内最大70名のクラスターが発生。

県保健医療調整本部と連携し現地にICN(感染症管理の専門看護師)を派遣してゾーニングを実施すると共に、

国のクラスター対策班へ協力を要請。

市全部局の総力を挙げて拡大防止にあたります。

2021.03.26/新型コロナワクチン接種シミュレーション

4/12の週から介護老人保健施設での接種開始に備え”すずかけの里”様のご協力で演習、

ご参加頂いた入所者様に直接御礼。

結果をマニュアル化し各施設へ提供予定。

何より準備状況を評価し県内で最初に青森市へ配分頂ける事に感謝。

2021.03.25/青森駅自由通路落成式典

3/27(土)供用開始、ねむのき保育園の皆さんがハンドベルでジブリの曲”歩こう”を可愛らしく演奏の後渡り初め。

三村申吾知事・石田亨JR東日本盛岡支社長・若井敬一郎青森商工会議所会頭との4者の信頼関係が結実、

また一つ公約を達成でき感慨無量。

2021.03.23/青森市新型コロナワクチン接種専用コールセンター運用開始

市保健所感染症対策課内に設置、ワクチン接種に関する相談を受付け、

専門的相談は保健所の専門職が引継ぎワンストップで対応します。

TEL:017-764-6539 (FAX:017-718-2867)、

月〜土曜9~18時(祝日を除く)受付です。

2021.03.22/青森市議会閉会後の記者会見

令和3年度当初予算や能代谷潤治氏の副市長選任人事、

操車場跡地整備事業の本契約、

除排雪工区の500cm保障等99件を議決頂き新年度へ始動。

前多正博副市長には3年7月、

棟方牧人浪岡区長には4年2月に渡り支えて頂き、

エアタッチで感謝と結束の意。

2021.03.19/朝日健太郎国土交通政務官による市民体育館建替事業地視察

昨年11月予算要望の満額配分への御礼と共に、

官民連携事業(Park-PFI)の先進事例を目指す旨御説明。

『スポーツやキッズエリアが街の中心になる事業。国交省としても挑戦を支援したい』

と最大限の評価を頂き感謝。

2021.03.16/クラスター発生に伴う記者会見

既発表の飲食店と異なる飲食店及び事業所の2ヶ所が関連クラスターに。

いずれにも重複する感染者がある為複数店舗や深夜迄の利用はリスクを高める事、

役員の感染を公表する社もある事から管理職が率先し感染防止に努めて頂きたい旨注意喚起。

2021.03.11/クラスター発生に伴う記者会見

市内飲食店利用に伴う陽性患者4名が判明、累計7名に達した為店名を公表。

3/1(月)〜9(火)利用者は市保健所へご連絡を。

店名公表は利用者を検査にお繋ぎする為行うもの、

SNS等で個人特定や店舗への誹謗中傷を行わないよう重ねてお願いします。

2021.03.08/ラインメール青森FC来庁

榊美樹社長と共に、J1神戸・J3富山監督を歴任した安達亮新監督、

6年間青森でプレーし所属最長のMF小幡純平選手、

2016青森山田高校全国優勝メンバーのGK廣末陸選手が来庁。

ホーム初戦は4/4(日)新青森県総合運動公園球技場を予定。

今年こそ好成績を!

2021.03.06/新型コロナワクチン接種研修会

本市の平日個別接種・土日集団接種・施設巡回接種の3体制を説明後、

葛西智徳県立病院総合診療部長からワクチン接種につき御講演。

160名の医療関係者が心一つで準備に臨めるのも青森市と市医師会・市薬剤師会等との強力な連携があってこそ。

2021.03.02/青森市議会一般質問

今冬の豪雪を踏まえた新年度予算『除排雪体制強化プロジェクト』につき答弁。

除排雪経費を31.8億円に増額(+3.4億)、救援用ロータリ除雪車を3→7台へ倍増、オペレータの技能講習料助成(1人2万円)、

道路に加え住宅地も除雪状況を公開するシステムを整備。

2021.02.27/被災地支援職員派遣出発式

郡山市・相馬市へ東北市長会として11名(青森市2/弘前1/八戸1/十和田1/秋田2/岩手3/山形1)を派遣。

青森市からは3/1〜26迄1週交替で2名の述べ8名を任命。

代表して種市克之副参事が『東北の一員として支援にあたる』旨決意表明。

2021.02.25/現青森駅東口駅舎跡地活用4者合同記者会見

10F建のホテルをJR東日本様が整備、1〜3Fは商業施設、4Fは県が縄文発信拠点を新設+市が市民美術展示館(S54築)を移設。

コロナで閉館した青森国際ホテルを継承した(株)城ヶ倉観光様が運営、地元資本のホテルが残る計らいに感謝。

2021.02.23/除排雪・ワクチン接種に関する緊急要望

県市長会会長として浜谷豊美町村会長(階上町長)と共に、

①逼迫する除排雪経費の確保支援

②豪雪時の国県市町村連携

③医療従事者確保の調整

④市町村の相談対応

⑤国への早急な回答の働きかけ等を要請。

2021.02.19/青森市議会提案理由説明

新型コロナや豪雪が市民の暮らしに大きな影響を与えている事を踏まえ、

市長20%・副市長15%給与を削減するなど財源捻出も、基金取崩額(財政赤字)は前年比3,200万円増の▲18.3億円。

財政健全化を一旦休止し、二重災害に総力戦で立ち向かいます。

2021.02.18/青森県市長会総会

①新型コロナワクチン供給量の早期提示、

②除排雪経費の財政支援、

③福島沖地震の激甚災害指定等に関する緊急要望を決議、東北市長会及び青森県市長会として国・県に提出。

最後に3月12日任期満了をもって勇退をご表明の福島弘芳つがる市長に花束を贈呈。

2021.02.16/東北市長会被災地支援車出発式

福島県市長会より被災者に配布する樹脂シート1,000枚の緊急要請を受け、

青森・岩手・秋田・山形の4市長会で各250枚を分担。

急を要することから纏まった枚数を保有する

青森市110枚・八戸市90枚・弘前市50枚を掻き集めて頂き直ちに出発。

2021.02.13/地震被害へのお見舞い

今回の地震で被害に遭われた方に心からお見舞い申し上げます。

青森市では被災地支援の情報収集と共に、直下型地震に備え

①2万人分の備蓄増強

②防災拠点60ヶ所の職員自動参集

③段ボールベットの配備等を進めています。

東日本震災から10年、東北の一員として心を共に。

2021.02.12/令和3年度当初予算案発表

①ワクチン接種等の新型コロナ対策(37.3億円)、

②除雪機械追加配備等の除排雪体制強化(37.9億円)、

③移住移農を進める新しい働き方担い手誘致(5,500万円)等を中心に、

未曾有の二重災害に立ち向かう『危機対応』型予算として1,226億円を編成。

2021.02.07/国際樹氷サミット2021

基調講演に星野リゾート星野佳路代表、

パネリストに津谷永光北秋田市長、髙倉正則山形市副市長、

青森代表の栁谷章二さん・Mihai-Florin Apostu-Ootaさんを招き『安心安全なスノーリゾート』を議論。

会場は関係者限定もYouTubeや青森CATVで配信。

2021.02.03/除雪費支援要望Web会議

国交省鳩山大臣政務官と宇野道路局次長へ、青森雪対策協議会会長として津島代議士と共に要望。

1/7から県内全域が豪雪、除排雪経費及び除雪機械や融雪溝等への支援と万一の際のTEC-FORCE派遣を要請、

鳩山政務官から速やかに対応したいと心強い回答。

2021.01.30/新型コロナウイルス感染症発生報告

高校のスポーツ部で県外指導者と接触した生徒4名が感染し濃厚接触者1名を含めクラスター発生。

所属学級全生徒を含む関連229名全てを直ちに検査。

県内では高校クラスターが3件続く憂慮すべき事態。

高校所管の県当局へ実効性ある感染防止対策実施を保健所より要請。

2021.01.22/青森市議会臨時会

新型コロナワクチン接種及び除排雪経費に係る補正予算20.2億円につき全会一致で可決頂き御礼。

これに伴い感染症対策室17名を感染症対策課35名に増員、また除雪費に対する特別交付税繰上交付5.68億円(全国第5位)の一報もあり、

過去最大の除排雪経費に対し早速の財政支援決定に感謝。

2021.01.18/新型コロナ/豪雪災害対策合同会議

①2月末以降医療従事者・65歳以上高齢者から始まるワクチン接種経費(5億円)及び

②災害級の豪雪に対応する為平成24年の除排雪経費41億円を上回る過去最大の予算を計上(43億円)。

今後も躊躇なく投入し総力戦で臨みますので、何卒御理解の程お願い申し上げます。

2021.01.11/豪雪災害対策本部

設置基準150cm未満も積雪急増(129cm)を踏まえ設置。連日の出動指示も災害級の降雪に追いつかず御不便お掛けします。

①相談電話の倍増、

②パトロール隊を14→18班に増強、

③市職員によるスノーレスキュー隊が屋根雪降ろしへ出動、

④県への災救法申請及び自衛隊派遣要請検討を指示。

2021.01.08/臨時記者会見

①積雪1mの設置基準到達を前に『青森市豪雪対策本部』を設置。幹線道路等の除排雪を強化。

②新成人等からの”中止ではなく延期を”とのご意見を踏まえ、成人式のオンライン開催を含め見送り延期に。

貸衣装キャンセル料を女性10万円/男性3万円上限に助成(申請期間(1/15(金)〜2/26(金))。

2021.01.04/年頭記者会見

1月10日(日)の成人式について、

年末年始隣接する弘前保健所管内での高校クラスターが関連含め50名以上に拡大した事等を踏まえ開催を断念、オンライン形式に。

新成人や親御様の想いを踏まえ3会場での分散等最後まで開催を模索してきた事どうかご理解ください。

2020.12.29/善知鳥神社への幸先詣

 初詣の3密回避で呼びかけられている #幸先詣 を家族で実践。

受験生の長男は「志望校合格」を、

二人の娘は「病院で働く皆さんへの感謝」と「コロナが早く収まるように」と絵馬に書いて奉納したとの事。

年末年始は寒気到来の予報、是非お早めに参拝を。

2020.12.23/青森市議会閉会日

小売業・飲食業等全19業種に対し、

家賃又は固定資産税を1事業者最大60万円(1店舗20万円上限×3店舗迄)支援する

『事業継続支援緊急対策事業』を追加提案、全会一致で成立。

受付中の感染防止対策支援最大30万円と合計すれば最大90万円を支援。

詳細は市HPで。

2020.12.17/第26回新型コロナ危機対策本部

①ひとり親世帯給付金(1世帯5万円、第2子以降1人3万円加算)の再支給、

②今夏の賃料支援or自己所有物件支援(1月分)を2月分に倍増、1事業者最大60万円(1店舗上限20万×3店舗迄)の支援を指示。

12/23(水)市議会最終日に提案予定、詳細は市HPで。

2020.12.15/新町街づくり株式会社『THREE』新築工事起工式

令和5年春の開業を目指し、老舗百貨店”中三”がファッションフロアやマルシェも有する商業施設とマンションの複合施設にリニューアル、工藤猛代表取締役が鍬入れ。

青森市が民間企業の投資先として選ばれる街である事に誇り。

2020.12.12/第25回新型コロナ危機対策本部

青森市内で陽性患者7名が判明、また感染が4名に達した飲食店につき店舗側のご協力で店名を公表。

今後の調査拡大に備え市保健所内に『感染症対策室』を新設、担当職員を15名に増強。

11/26(木)〜12/9(水)店舗利用者は市保健所へご連絡を。

2020.12.04/第24回新型コロナ危機対策本部

青森市内初の飲食店クラスターが発生。

コロナ特措法上、飲食店への対応は県の担当の為、本部終了後直ちに青森県庁貝森危機管理局長、奈須下健康福祉部次長を往訪。

早期収束への協力依頼と共に、万一感染拡大の場合対応に遅れのないよう要請。

2020.12.01/新型コロナウイルスの診療検査機関が増加

12/1から新型コロナウイルスの診療検査機関が増加します。

青森市では地域外来(急病センター)で毎日受診できましたが、

地域の38医療機関でも診療が可能に。

検査能力も1日40件→291件(7.3倍)に拡大。

なおかかりつけ医の無い方は県コールセンターへ電話(0120-123-801)

又は是迄通り地域外来を受診下さい。

2020.11.27/青森操車場跡地整備運営事業

青森操車場跡地整備運営事業の最優秀提案を舟引敏明委員長より受領。

世界的建築家隈研吾先生らしいメイン・サブアリーナを屋根で結んで開放し

健康・交流・防災に活用できる大空間が高評価。

キッズルームも提案(700㎡)以上の780㎡に拡張、

スポーツクラブやカフェ&ベーカリーも併設。

令和6年開業予定。

2020.11.23/台湾への動画配信収録

台湾への動画配信収録。

インバウンド復活へ向け青森の魅力を伝える番組をお届けするプロジェクト。

私も #RINGOMUSUME #ジョナゴールド さんに相談を受ける販売員役で出演も、

無理難題を言うジョナちゃんを宥める演技に大苦戦。

台湾の動画サイトETTodayで来月下旬配信予定。

2020.11.20/第23回新型コロナ対策本部

第23回新型コロナ対策本部。

市内37の診療検査医療機関を指定、

検査能力が1日40件→280件と7倍に。

小売・飲食等19業種のアクリル板や空調設備、

キャッシュレス決済等感染防止対策へ1事業者最大30万円(8割)補助も追加。

小中学校修学旅行キャンセル料も公費負担へ。

11/27市議会に補正予算を提出します。

2020.11.20/国土交通省へ4者合同要望

国土交通省へ4者合同要望。

元バレーボール日本代表の朝日健太郎政務官を訪問。

青山副知事及びJR東日本盛岡支社井上企画部長から青森駅自由通路、

若井青森商工会議所会頭から市街地再開発、私から操車場跡地事業を説明。

新体育館でのVリーグ開催を支援したい旨心強い発言も。

2020.11.11/東北市長会要望

東北市長会要望。

西村康稔新型コロナ対策担当大臣はじめ関係各府省へ、

東北77市を代表する会長市として穂積秋田市長・戸羽陸前高田市長

・若生富谷市長・三保二本松市長と共に要請活動。

西村大臣から第3次補正も視野に自治体病院への支援はじめ要望にしっかり応える旨回答。

2020.11.10/市政記者会見

市政記者会見。

青森市財政プラン及び令和3年度予算編成方針を発表。

新型コロナの影響等で約20億円税収減が見込まれる中、

歳出見直しでR5基金残高を52億円確保(R1比+11億)、

R5市債残高も727億円(同▲116億)に抑制。

新規事業枠3億円も確保し、健全財政を守りつつ攻めへ布石。

2020.11.09/函館市長表敬

函館市長表敬。

平成元年ツインシティ盟約を締結、

青函トンネルで繋がる経済文化圏として共に歩む両市。

政党推薦なく選挙を戦った先輩でもある工藤壽樹市長が、

平井尚子副市長と共に花束で出迎えて下さいました。

札幌由来の新型コロナ防疫やクルーズ船対応等で有意義な意見交換に。

2020.11.06/むつ市長表敬

むつ市長表敬。

陸奥湾8市町村連携の一環、

市長選でも応援演説して頂いた宮下宗一郎むつ市長を表敬。

当選を祝うオレンジの花束までご用意頂き感激、62チャンネルで市長対談の収録も。

最後に宮下順一郎前市長とも写真を撮った思い出の看板前で鎌田・川西両副市長も交え記念写真。

2020.11.02/登庁セレモニー

登庁セレモニー。

オレンジ色の花束を秘書課三上茉莉さんが贈呈して下さり、

職員の皆さんに拍手で迎えて頂き感激。

市選挙管理委員会の荒谷省吾委員長から当選証書を受領後、

就任会見では初日から先頭に立って働く旨表明。

早速臨時庁議を開催し、新型コロナへの対応、特に福祉施設への警戒強化を指示。

2020.11.01/青森市長選挙当選

青森市長選挙当選。

71,738票(前回比+7,520票)と

相手候補の5.1倍(83.6%)もの支援を頂き、

投票所に足を運んで頂いた市民の皆様に感謝。

妻と3人の子ども達にチームオレンジの仲間達が用意してくれた金メダルを贈呈、

竹浪比呂央先生と跳龍会の皆さんがねぶた囃子の祝舞も。

早速明日から全力で働きます。

2020.10.31/青森市長選帰陣式

青森市長選帰陣式。

浅虫から奥内迄市内を横断、

最後は浜田三叉路でチームオレンジと街頭演説し帰陣。

相手候補と違い『党の組織』には頼れないけど、

信じ合える仲間達と共に先輩方に指導頂きながら戦い抜きました。

明日は小野寺あきひこへ投票して下さい!

2020.10.31/青森市長選最終日

青森市長選最終日。

明日11/1(日)投票日の晴天を願って、

我が家の3兄妹が『てるてるぼうず』を作ってくれました。

本日も期日前投票は20時迄、ぜひ小野寺あきひこへご投票下さい。

午前中は浅虫→八重田→戸山→幸畑→佃→桜川と市内東部を巡回。

泣いても笑ってもあと半日、午後も頑張ります!

2020.10.30/青森市長選6日目

青森市長選6日目。

選挙戦中も毎日コロナ対策を協議、

4/17(金)以来毎週金曜正午、医療介護関係者へ感謝の拍手に参加。

保健所感染症班を倍増、

インフル予防注射無償化、

市民誰でも毎日診察できる地域外来設置、

PCR検査体制の拡充。

単に”コロナ対策に全力”ではなく、

具体的な処方箋を示す候補に投票を。

2020.10.29/青森市長選5日目

青森市長選5日目。

『街づくり構想の有無』も候補者間の違い。

青森駅に3月完成の自由通路、中三の建替、角弘周辺再開発。

新青森駅前のホテル・レストラン・結婚式場の開業。浅虫温泉駅のバリアフリー化。

全て”凍結”する候補を選べば街は息を止めます。選挙公報で街づくり公約の有無を比較して下さい。

2020.10.28/青森市長選4日目

青森市長選4日目。

街頭演説の合間を縫って期日前投票。

①アウガ6F(8時半〜20時)

②浪岡庁舎2F(8時半〜20時)

③サンロード南側イオン3F(10時〜20時)私もサンロードで投票。

期日前の理由にマルするだけと手続も簡単、お店のご協力でお得なクーポンも。

皆様期日前投票で『小野寺あきひこ』へ投票下さい!

2020.10.27/青森市長選3日目

青森市長選3日目。

佐藤孝弘山形市長が応援演説に来青。

同い年45歳の盟友、

告示2週間前に共産党候補が唐突に出馬した昨年9月市長選の経緯も共通。

最優先は中核市として独自設置する保健所での新型コロナ対応である事、

抽象論ではなく具体的な街づくりのビジョンを持つリーダーが必要という主張も一致。

2020.10.26/青森市長選2日目

青森市長選挙2日目。

『農業公約の有無』も候補者間の違い。

漁業や農業の盛んな市北部から

後潟→野木和→油川→新城→西大野→高田→浜田→東大野と街頭演説。

新型コロナ対策の為事前に地点を告知していませんが、

その分立ち止まって下さる方や車中から手を振る方が増えていく素の反応に感激。

2020.10.25/青森市長選挙出陣式

青森市長選挙出陣式。

新型コロナ対策強化を訴え第一声、

西秀記さんから力強い激励、

チームオレンジ山並崇君の『前へ』三唱後、

雨の中を浅虫→戸山→佃→浪岡→勝田→旭町→浪館→浜田→大野と街頭に。

親友宮下宗一郎むつ市長の応援演説に感激。

帰還後直ちに公務に戻り保健部よりクラスター対応報告。

2020.10.24/公開討論会へのオンライン出演

公開討論会へのオンライン出演。

10/20青年会議所様、10/24青森浪岡再生活性委員会様ご主催に感謝。

最大の争点『新型コロナ対策』、市民誰でも毎日診察を受けられる地域外来設置に加え

秋冬に備え民間医療機関での検査拡大等具体策を提示。

抽象論ではなく処方箋を描けるリーダーを選んで頂ける討論に。

2020.10.23/甲田中学校ICT授業視察

甲田中学校ICT授業視察。

3-1数学(尾崎由佳先生)学習ソフト”キュビナ”で習熟度別学習を即採点、

3-2理科(安達大樹先生)電子黒板”ジャムボード”で再エネの6班別討議を即シェア、

3-3国語(横山尚子先生)音声入力でスピーチ画像を同時収録。

授業の質の高度化と共に、臨時休校でも学びを止めない授業が実現。

2020.10.21/天皇陛下の御下賜金による記念植樹式

天皇陛下の御下賜金による記念植樹式。

青森市役所新庁舎の完成を祝い、ハナミズキの木を御下賜頂く栄誉に感激。

花言葉は返礼・永続性。全国植樹祭への陛下ご臨席への返礼と、

本市の永続的な繁栄を願って、東北・北海道地区緑化推進協議会の須藤広明理事と共に、

新庁舎北の広場正面に大切に植樹。

2020.10.20/青森市新生児子育て応援特別給付金贈呈式

青森市新生児子育て応援特別給付金贈呈式。

国の特別定額給付金の支給対象とならない

R2.4.28〜R3.4.1生の新生児約1,600名へ

市独自に1人10万円を給付、本日10/20が最初の支給日。

まさに4/28生まれの次男昴くんと石脇学様・恭子様ご夫妻、

そしてお兄さんになった長男岳くんに代表して目録パネルを贈呈。

2020.10.16/青森圏域事業説明会

青森圏域事業説明会。

連携中枢都市圏の設立を期にこれまでの単独要望から初の東青5市町村合同要望へ。

操車場跡地への「新駅設置」に向けて調査検討を進める勉強会の設置を提案、

三村申吾知事から県の参加を快諾する旨回答頂き感謝。

平成10年以来停滞を繰り返した操車場跡地整備がまた一歩前進。

2020.10.13/青森商工会議所重点要望及びプレミアム付商品券事業報告

青森商工会議所重点要望及びプレミアム付商品券事業報告。

若井敬一郎会頭より新型コロナに対応し更なる支援要請。

市民全員分28万枚の商品券は今週中に引換券を郵送。

10/15(木)から郵便局・大型店等で1万円を13,000円分の商品券に引換えできます。

登録1,700店舗でのお買物で市内経済支援にご協力を!

2020.10.10/事務所開き・決起集会

事務所開き・決起集会。

4年前の出陣式で語った街創りの夢”I have a dream”(キング牧師)に準え、

公民権運動の唄”We shall overcome”を引いて『コロナを乗り越え街創りを更に前へ』と訴える筈が、

柄にも無く緊張して原稿が飛び真っ白に。

三村知事の合いの手や会場の拍手に助けて頂き何とか決意表明。

2020.10.09/青森市議会臨時会

青森市議会臨時会。

高齢者・小児等のインフルエンザ予防接種を無料とする補正予算案を上程。

①65歳以上及び60〜64歳で身体障害者手帳(内部障がい1級)をお持ちの方は10/12(月)から、

②妊婦及び生後6月〜小2、小3〜59歳で同手帳(内部障がい1級)をお持ちの方は10/26(月)から。

全会一致での可決に感謝。

2020.10.06/市長記者会見

市長記者会見。

10/6(火)『幸たっぷりあおもりBOXお届け事業』の申込開始を紹介。

保護者が青森市内在住で市内外大学等に通う学生の皆さんへ、

お米・林檎・カシスジャムの他、3種類から選べる青森市産農水産品を送り

コロナ禍での学業にエール。

詳細・申込はあおもり産品販売促進協議会ホームページへ!

2020.10.01/市職員採用辞令交付式

市職員採用辞令交付式。

『新型コロナによる離職者』を対象を加えた社会人採用枠。

47名受験し9名が合格、うち2名を10/1付で採用。

青森国際ホテルで働いていた船橋祐貴さん(28)は市民税課へ、

ガソリンスタンド部門の事務を担当していた青山隆(46)さんは上下水道課へ配属。

逆境を糧にした活躍を期待。

2020.09.28/第22回新型コロナ対策本部

第22回新型コロナ対策本部。

県内36例目・市内9例目、7/31以来となる30代女性患者が発生。

9/12(土)迄関東滞在、16(水)発症も解熱、24(木)再び発症し地域外来を受診、翌日PCR検査の結果陽性判明。

秋冬のインフル流行期を控え嗽・手洗・マスク徹底と共に、患者の詮索や誹謗中傷を厳に慎むよう呼び掛け。

2020.09.26/グランヴェルジュ新青森建設地鎮祭

グランヴェルジュ新青森建設地鎮祭。

新青森駅東口に来年7月末完成予定、

1階100席のテラス付レストラン、2階200名の結婚式場等、

新幹線駅の玄関口に相応しい瀟洒な建物に期待。

市長就任時18地区中9区売れ残っていた石江区画整理事業も既に17区が完売、

一極集中型から多極型へ街づくりが着々と進展。

2020.09.25/青森市議会閉会日

青森市議会閉会日。

新型コロナ対応の9月補正予算38.8億円(先議分除く)を全会一致でご議決頂き感謝。

①小4〜中3全生徒への1人1台パソコン配備、

②全62小中学校の814普通教室・特別支援教室へエアコン整備、

③市営バス・市バス・ねぶたん号及び販売窓口の交通系カードによるキャッシュレス化が実現へ。

2020.09.22/小野寺あきひこ市政報告会

小野寺あきひこ市政報告会。

ホテル青森孔雀の間を全面貸切も新型コロナ対策で間隔を空けたため約650名で満員に。

それでも三村申吾知事・県議・市議の皆様はじめ沢山の皆様にご来場頂き感激。

4年間の歩みと次なる挑戦へ6分野の公約を宣言。トリは長谷川章悦市議会議長の音頭で短く力強く一声『前へ!』

2020.09.17/新町1丁目地区優良建築物等整備事業発表

新町1丁目地区優良建築物等整備事業発表。

新町街づくり(株)と(株)中三様が14階建商業施設(仮称)THREEの事業概要を公表。

1Fフード・ギフト&マルシェ/2F・3Fファッション/4Fメディカル/5〜14Fマンション86戸、

駐車場224台も併設。

令和5年春開業予定、青森市が新しい街づくりの舞台に選ばれる事に誇り。

2020.09.14/中新町山手地区第1種市街地再開発事業報告

中新町山手地区第1種市街地再開発事業報告。

R2.8工事開始を機に再開発組合の皆様が来庁。

13F建ウエスト棟にホテルドーミーイン約190室、

18F建センター棟にマンション約80戸開設、

両棟1・2Fを店舗としR5.6竣工予定。

地方都市からの撤退が相次ぐ中、青森市の新たな街づくりがまた一歩前進する事に感謝。

2020.09.11/青森高等学校創立120周年記念式典

青森高等学校創立120周年記念式典。

宍倉慎次校長の式辞の後、和田文夫協賛会会長、野澤正樹県教育委員と並んで祝辞。

第44回卒業生として壇上に立つ栄誉に感謝しつつ「輝く邂逅の学舎」我が母校の発展を祈念。

最後に生徒会長岩崎裕太郎君が4万人の卒業生が築いた歴史と伝統を受け継ぐ旨力強い挨拶。

2020.09.10/第3回県・市町村による新型コロナウイルス感染症対策連絡会議

第3回県・市町村による新型コロナウイルス感染症対策連絡会議。

青森県町村会浜谷豊美会長とともに

①県の地域経済対策事業費補助金の拡充、

②公立病院への経営支援、

③病床確保状況等の市町村への情報提供を要請。

三村申吾知事から『市町村への更なる支援につき今後前向きに進めたい』との回答に感謝。

2020.09.10/橋本聖子東京五輪担当大臣とホストタウン首長とのオンライン会議

橋本聖子東京五輪担当大臣とホストタウン首長とのオンライン会議。

全国のホストタウン代表約400名が参加。

私も①受入れ側市民の安全安心に繋がる対策、

②事前合宿等におけるコロナ対策経費の全額措置を直接要望。

橋本大臣からマニュアル整備を急ぐ事や財源措置も前向きに拠出したいと心強い発言。

2020.09.02/青森市議会一般質問

青森市議会一般質問。

市政2期目へ向けた展望について質疑。

新型コロナから故郷青森を『守る』取組に注力しつつ、

①PC・エアコン等学びの環境整備、

②地域外来・市民病院等の医療検査体制の充実、

③防災拠点整備・3密回避型移住支援など感染症に強いまち創りをはじめ『攻め』の姿勢に転じる旨を宣言。

2020.08.31/青森市プレミアム付商品券事業実行委員会

青森市プレミアム付商品券事業実行委員会。

9/1(火)〜登録店募集、10/15(木)〜商品券利用開始を決定。

青森商工会議所・青森浪岡商工会・青森小売商懇談会・青森商店街連盟の御協力に感謝。

商品券のデザイン『奉祝の舞 廣田神社 津軽神楽』も発表、廣田の荒御魂が新型コロナを厄除して下さる事を祈願。

2020.08.27/青森市議会開会

青森市議会開会。

先議案件3件を全会一致で可決頂き感謝。

①新生児子育て応援特別給付金(R2.4.28〜R3.4.1生1人10万円)は

10月上旬世帯主へ申請書をお送りし10月下旬より支給開始。

②青森市プレミアム商品券(13,000円×28万枚:全市民1人1組)は

10月中旬全世帯へ購入引換券をお送りしR3.1.31迄ご利用可能。

2020.08.21/青森県市長会総会

青森県市長会総会。

黒石市の”こみせの宿ホテル逢春”で開催。

会長職が2年の任期を迎え、小林八戸市長からご推挙の上、満場一致で再任頂いた事に感謝。

11/5(木)開催予定の東北市長会総会へ向け『新型コロナウイルス感染症に係る自治体病院への財政支援に関する特別決議』はじめ

5項目を全会一致で決議。

2020.08.20/定例記者会見

定例記者会見。

9月議会の補正予算案等を説明、企業会計では

①市民病院・浪岡病院の医療従事者への慰労金(20万又は10万円)や

②防疫等作業手当(日額4,000円又は3,000円)、

③院内感染防止対策経費の繰出6.6億円、

④市営バス・ねぶたん号等の車内及び販売窓口キャッシュレス化に伴う経費8.0億円等を措置。

2020.08.17/第21回新型コロナ危機対策本部

第21回新型コロナ危機対策本部。

①R2.4.28〜R3.4.1出生児へ10万円を独自支給する『青森市子育て応援特別給付金』

② 1万円で1.3万円分の商品券を市民全員分28万冊発行する『青森市プレミアム付商品券』

③市内外の本市出身大学生等1万名に旬の産品を贈る『幸たっぷりあおもりBOXお届け事業』等を実施。

2020.08.07/青森市民ナヌカ日ねぶた

青森市民ナヌカ日ねぶた。

ねぶた祭にとって特別な最終日(ナヌカビ)に大型ねぶた3台、囃子方12団体140名、露店30店舗が集結。

第1部での開会挨拶、第2部では扇子持ちも体験、最後はサプライズ花火75発と共に来年の雪辱を誓う三本締。

何より御来場者4,000名が感染防止対策に整然とご協力頂いた事に感謝。

2020.07.31/第20回新型コロナ対策本部

第20回新型コロナ対策本部。

7/10〜12関西滞在の方が陽性判明。

2週間以上前となる7/16発熱以降自宅でテレワークを続けている事から、現時点で濃厚接触者は無い見込。

市民の皆様へ関東・関西への不要不急の移動を控えると共に、誹謗中傷につながる感染者個人のプライバシー詮索を厳に慎むよう呼び掛け。

2020.07.28/青森市平和記念式典

青森市平和記念式典。

昭和20年7月28日22時37分、60機以上のB29が襲来し青森市は市街地の9割を焼失、

1,000人を超える市民が犠牲に。

新型コロナウイルス感染症拡大防止の為、中学生の追悼合唱や学習発表、

朗読等は行えなかったものの、ご参列頂いた遺族関係者の皆様と共に戦没者の御霊へ折り鶴を献上。

2020.07.25/7月25日は45歳の誕生日

7月25日は45歳の誕生日。

沢山のHBDメッセージありがとうございます!

写真は秘書課の皆さんがプレゼントしてくれたチームカラー・オレンジ色のバースデーケーキ。

公務を支えてくれる素晴らしいスタッフに感謝。

故郷青森市をコロナ禍から”守り”つつ、新たな街づくりへ”攻め”の姿勢で挑戦を続けます。

2020.07.20/体表面温測定機(サーマルカメラ)設置

体表面温測定機(サーマルカメラ)設置。

市役所駅前庁舎・本庁舎・浪岡庁舎に設置。

熱のある方が通過すると”体温異常”の警告音声が流れます。

この他小中学校を含む市内公共施設にも非接触型体温計を配備済、県内では三沢市に続く2例目との事。

体温測定は感染防止の第一歩、市民の皆様の安心に繋げます。

2020.07.16/新型コロナ患者発生(市内7例目)に係る記者会見

新型コロナ患者発生(市内7例目)に係る記者会見。

早朝3:00の開催、20代男性警察官が咳や発熱・全身倦怠感・味覚臭覚異常を訴え深夜に救急搬送、

抗原検査の結果陽性が判明し入院との報告を受け緊急会見。

5例目の濃厚接触者であり検査受診を申し入れてきたものの応じて頂けず救急搬送となった事が残念。

2020.07.11/第19回新型コロナ危機対策本部

第19回新型コロナ危機対策本部。

関東滞在歴のある市内6例目60代女性(4例目の開業医の妻)の陽性が判明。

3日連続の発生で市内患者数は第1波(4/3〜7)に匹敵、東京の感染者も連日200名超。

市民の皆様には関東への不要不急の移動を控え、関東から来青の方も慎重に行動頂き発熱等の際は市保健所に連絡を。

2020.07.10/第18回新型コロナ危機対策本部

第18回新型コロナ危機対策本部。

派遣型接客業に勤める20代女性が陽性。

感染経路不明者の発生の恐れがある為、市保健所内に現地対策本部を設置、濃厚接触者等の特定を急ぎます。

今般の発生事例に類する接客を伴う夜間営業店舗の利用を控えると共に、関東方面への移動はとりわけ慎重に判断願います。

 

2020.07.09/第17回新型コロナ危機対策本部

第17回新型コロナ危機対策本部。

22:30急遽開催。

夜遅く判明した60代男性患者に7/3〜5関東滞在歴がある事及び東京の感染者が過去最大224名に達した事等を踏まえ、

市民の皆様には関東方面への移動を慎重に判断し、戻ってから発熱・咳・倦怠感等の症状が生じた場合速やかに保健所へ相談をお願いします。

2020.07.07/青森ねぶた祭実行委員会

青森ねぶた祭実行委員会。

奈良秀則委員長より『青森市民ナヌカ日ねぶた』発表。

8/7(金)青い海公園に大型ねぶた3台と御囃子や屋台が展開。

新型コロナ対策の為市民2,000名×2部の抽選方式、出入口を1ヶ所に限定し検温等を徹底。

YouTube・CATVでライブ配信やPVも実施。詳細は青森ねぶた祭公式サイトで。

2020.07.06/りんご生産に係る現地激励会

りんご生産に係る現地激励会。

三村申吾知事を浪岡北中野の間山直浩様園地に迎え、

生産者の皆様へ感謝の弁と共に市のコロナ対策『農林水産物活用緊急支援事業(8割50万円助成)』や

『農業人材マッチング緊急支援事業(賃金の5割3,000円/日助成)』も紹介。

最後はJA青森雪田徹組合長の音頭で頑張ろう三唱!

2020.06.30/避難所設営訓練視察

避難所設営訓練視察。

6月議会でご議決頂き県内はもとより全国でも初めて段ボールベット・間仕切り2,500セット、

救護用テント120張を全防災拠点施設(小学校・市民センター)60ヶ所に完備。

沖館市民センターで配備訓練を視察、今後の市総合防災訓練でも活用。

台風襲来期も見据え安全な避難所準備に全力。

2020.06.28/日本経済新聞が特別定額給付金支給率を公表

 

日本経済新聞が特別定額給付金支給率を公表。

県庁所在地46市及び23区の6月中旬時点支給率が青森市は第3位(94.0%)。

全国平均35.4%、大都市との比較のみならず人口が同規模の地方都市の中で全国3位は、

昼夜問わず取り組んだ特別定額給付金チームの成果。今後は未支給の皆様への連絡徹底にシフトします。

 

 

2020.06.26/青森市議会閉会日

青森市議会閉会日。

補正予算13億円を全会一致で可決頂き感謝。

家賃補助等(298億円)、水道料免除等(16億円)等と合わせ市のコロナ対策費は累計328億円、基金は残り5億円に。

市民の暮らしが大きな影響を受けている事を踏まえ市長20%・副市長15%給与削減も実施。

第二波に備え今後も財源確保に努めます。

2020.06.23/各派代表者会議

各派代表者会議。

補正予算13.1億円を追加提出。

夏休み中の遠隔授業時PCのない生徒(6.7%,各校平均12名)へ端末貸出、

Wifi等のない生徒(9.1%,同16名)が出校するPC教室等62室+放課後児童会60室にエアコンを設置。

さらに第二波襲来に備え全小中学校62校の普通教室814室にエアコンを整備する設計費を計上。

2020.06.22/第16回新型コロナ対策本部

第16回新型コロナ対策本部。

①国の「ひとり親世帯臨時特別給付金」の支給を受けられない全児童手当受給世帯へ市独自に児童1人2万円を支給、

②貸付型のみだった市奨学生制度に給付型20名を追加、

③県市支援金の対象外だった自己所有店舗について固定資産税相当額の8割(最大30万円)助成等を追加指示。

2020.06.12/国に対する重点施策提案の県・市長会・町村会共同記者発表

国に対する重点施策提案の県・市長会・町村会共同記者発表。

満員電車や過密なオフィス等3密の発生しやすい都市部で在宅勤務が広がり、

地方で働く魅力と可能性が高まった事を踏まえ、「新たな生活様式」への地方移住の積極的位置づけや

テレワークによる中央企業の地方進出促進を新たに提言。

2020.06.05/第2回県・市町村新型コロナ対策連絡会議

第2回県・市町村新型コロナ対策連絡会議。

三村申吾知事へ浜谷豊美町村会長(階上町長)と共に

①県のコロナ対策市町村支援事業費の拡充

②厚労省事業を活用した市町村立病院への支援、

③県危機本部結果の市町村への速やかな情報提供を提言。

今後の第2波も県と市町村で連携した対応が必要。

2020.06.03/青森市議会開会

青森市議会開会。

正予算16億4,048万円につき先議のうえ全会一致での可決に感謝。

水道・下水道料金(6月納付分)全額免除等の手続を直ちに開始、

6/4(木)より理美容・学習教室等の家賃補助を受付、

6/8(月)より文化芸術緊急支援事業も受付。

写真は沖館小学校のお子さんから私宛頂いたマスクでの答弁。

2020.05.27/第15回新型コロナ対策本部

第15回新型コロナ対策本部。

6/1(月)から

①屋内公共施設を保健所指導の下順次開館、

②市主催行事も感染拡大防止対策を講じ順次再開、

③青森市産農産物を県外からのふるさと納税返礼品とする”あおもり応援プロジェクト”を実施。

今後もPCR検査体制拡充や遠隔授業等再度の感染拡大へ万全の備えを指示。

2020.05.21/第14回新型コロナ対策本部

第14回新型コロナ対策本部。

①5/25(月)学校再開

②全家庭6月納付分上下水道料10億円免除

③ひとり親家庭の子ども1人2万円給付

④理美容・洗濯・療術・写真・学習教室へ家賃補助

⑤ホテル・バス・タクシー・卸売業支援

⑥文化芸術発信助成

⑦ねぶた師アートプロジェクト

⑧避難所へ段ボールベット配備を指示。

2020.05.15/第13回新型コロナ対策本部

第13回新型コロナ対策本部。

①市民病院敷地内へのPCR検査センター整備、

②浪岡病院でのオンライン初診開始を指示。

多大な御協力頂いた青森市医師会の皆様に深く感謝。併せて

③特別定額給付金2億1,280万円を振込開始、郵送申請書類も5/21(木)から発送。

大幅な前倒しを実現した市職員にも心から感謝。

2020.05.05/第12回新型コロナ対策本部

第12回新型コロナ対策本部。

①小中学校は5/11(月)〜学年別分散登校(給食なし)・5/18(月)〜同(給食あり)、

②放課後児童会は8〜13時学校預かり・13時〜支援員対応、

③5月末まで屋内公共施設を休館(市民図書館は貸出返却再開)市主催行事を原則中止。

子ども達の安全と学習の両立を考え段階的対応を指示。

2020.05.01/第11回新型コロナ対策本部

第11回新型コロナ対策本部。

定額給付金の③郵送申請は全14万世帯分印刷する為5月下旬発送になる事を御理解頂きたいのですが、一刻も早く給付を要する方へ

①オンライン申請に加え、県内初の②自己申告申請の導入を指示。

②は東北の中核市最速の5/11(月)受付→5月下旬支給開始見込です。

是非ご活用を。

2020.04.24/市長記者会見

市長記者会見。

4/30(木)市議会を招集し補正予算297億円を提出。

①特別定額給付金10万円、

②子育て世帯臨時特別給付金1万円、

③遠隔授業用PC13,616台、

④家賃補助最大30万円、

⑤布マスク82,500枚配布、

⑥保育所衛生用品補助50万円、

⑦広報あおもり臨時号発行等を計上。

議決後速やかな支給を図ります。

2020.04.23/県・市町村新型コロナ対策連絡会議

県・市町村新型コロナ対策連絡会議。

県と40市町村が連携して立ち向かう場が新設。

浜谷豊美町村会長(階上町長)と共に各市町村のコロナ対応へ支援を要請、

三村申吾知事から「支援を真剣に考える」と力強い回答。

今後のTV会議活用や感染情報の統一的提供も発言。

今後も3者協力しGW帰省自粛等を呼びかけ。

2020.04.20/新型コロナウイルス感染症特別対策室発足

新型コロナウイルス感染症特別対策室発足。

4/3市内1例目発生時危機管理課内に直ちに設置したPTを拡大、

①感染症対策

②遠隔授業推進

③生活支援臨時給付金の3チームで編成。

佐々木正幸室長以下14名に辞令交付、1日も早く給付金を市民に届ける事、

ICTを活用し子ども達の学習機会を守る事等を指示。

2020.04.19/マスク・検温ノート贈呈

マスク・検温ノート贈呈。

市内2社・2障がい者施設のご協力で布製マスクを、

市内印刷会社のご寄贈で検温ノートダイアリーを全小学生へ。

浦町小1-1坂本奏音さんと担任の澤田久子先生へ代表して進呈。

布マスクは今後も増産を続け中学生、妊婦・乳幼児世帯、

保育園・幼稚園、障がい者・介護施設等へ配布。

2020.04.17/医療・介護関係者への感謝の拍手

医療・介護関係者への感謝の拍手(フライデーオベーション)。

新型コロナ防止の最前線にある医師・看護師・臨床検査技師・保健師

・介護関係者等に誹謗中傷があるとの報告。

差別ではなく感謝の拍手を。

福岡・茨城等で広がる取組、毎週金曜正午、ご賛同頂ける方に参加頂けると嬉しいです。

2020.04.16/第10回新型コロナ対策本部

第10回新型コロナ対策本部。

青森県内22例の患者発生や全国での緊急事態宣言も踏まえ

①小中学校は4/20(月)学校再開を断念、5/6(水)迄臨時休校を延長。

週1回に限り学年別登校、遠隔授業を全小中学校で実施。

②放課後児童会は体制維持も支援員の負担軽減へ教育委と連携。

③施設休館・会合も引続き自粛。

2020.04.13/第9回新型コロナ対策本部

第9回新型コロナ対策本部。

青森市内の濃厚接触者は全てPCR陰性に。

①4/15〜内定取消や離職者20名臨時職員採用

②4/16〜毎週木曜市民200名消毒液配布

③4/20〜小中学生、妊婦乳幼児、保育・障がい・介護施設等への布マスク配布計画を指示。

最前線で戦う医師・看護師・技師・保健師への応援も呼びかけ。

2020.04.10/県市長会・町村会合同記者会見

県市長会・町村会合同記者会見。

今週末にも迫る桜の開花、浜谷豊美階上町長と共に

①3つの密回避

②緊急事態地域へ移動自粛

③花見を含め不急の外出自粛を呼掛け。

3月末の花見が首都圏の爆発的感染の要因に。

来年も必ず咲く桜、今年は遠くから心の中で桜を愛でましょう。

私達の故郷青森を守る為に。

2020.04.09/第8回新型コロナ危機対策本部

第8回新型コロナ危機対策本部。

市内3例目会社員(2例目の同僚)が発症。

迅速な疫学調査と共に、花見での首都圏の感染拡大を踏まえ5/6迄

①合浦公園等閉鎖・桜川団地通り等通行自粛

②ワラッセ等交流施設閉鎖

③ねぶたん号運休を指示、有識者会議委員の提言『3密回避と接触8割減と外出1回』への協力も要請。

2020.04.08/青森ねぶた祭実行委員会

青森ねぶた祭実行委員会。

新型コロナ患者の県内発生、4/7国の緊急事態宣言等を踏まえ、奈良秀則実行委員長より開催断念の表明。

名誉大会長の私も若井敬一郎名誉副大会長もやむなき旨発言、異議なく決定に。

青森ねぶたを愛する全ての皆様へ、どうか苦渋の決断を御理解下さいますようお願い致します。

2020.04.07/第7回新型コロナ危機対策本部

第7回新型コロナ危機対策本部。

青森市内2例目40代男性会社員が発症。

濃厚接触者(奥様)の迅速な検査指示と共に、7都府県への緊急事態宣言を踏まえ

①県外海外への旅行出張自粛

②来市予定の方は健康不安の場合事前に滞在地のセンターへ相談

③県外海外から帰った方は2週間外出自粛とマスク着用を要請。

2020.04.06/第6回新型コロナ危機対策本部

第6回新型コロナ危機対策本部。

青森市内患者の濃厚接触者7名のPCR検査は全て陰性、今後も4/17迄会合等の自粛等を要請。

布マスクは市内企業が週2,000枚増産、障がい者施設2ヶ所からも生産協力頂ける事に。

市民の皆様から布マスク御寄付の相談もあり、危機管理課で受付し順次小中学生等へ配布します。

2020.04.03/第5回新型コロナ感染症危機対策本部

第5回新型コロナ感染症危機対策本部。

青森市内初の20歳代男性消防士発症を踏まえ

①関連施設消毒と濃厚接触者の検査

②4/17迄不特定多数が集まる行事等の自粛

③生活相談窓口の新設(017-718-1904)

④小中学校は入学式のみ厳戒態勢で実施し4/17迄休校延長

⑤放課後児童会の体制維持⑥布マスク増産を指示。

2020.04.02/第4回新型コロナ感染症危機対策本部

第4回新型コロナ感染症危機対策本部。

昨日の専門家会議提言を踏まえ

①小中学校は4/6時差登校・4/7入学式・4/8〜10分散登校、

②4/8より遠隔授業を試行、

③放課後児童会は4/6〜11休業時体制を維持、

④市内立地企業のご協力で布マスク週2,000枚の生産を開始、小中学生・妊婦・障害者等へ順次配布を発表。

2020.04.01/あおもり親子はぐくみプラザ(はぐプラ)開業

あおもり親子はぐくみプラザ(はぐプラ)開業。

市内2ヶ所に分散した妊娠と子育ての支援施設を佃2丁目元気プラザ内に統合。

新たに助産師・心理士・栄養士を配する等従前の1.5倍49名のスタッフが一貫して支援。

ただし併設の雨雪でも遊べる室内プレイルームは感染防止の為暫時休業。早期開館へ尽力します。

2020.03.30/青森市内及び東郡の消毒液配布

青森市内及び東郡の消毒液配布。

市内138保育所等へ277箱、284障害児者施設へ321箱、

郡内19障害者支援施設へ27箱の次亜塩素酸水溶液10L(4倍希釈)を調達。

町村施設は県の所管ですが、八戸での新型コロナ発生等もあり対応が難しいとの事から、

連携中枢都市圏を構成する東郡4町村へ当市より調達しお届け。

2020.03.24/青森市新型コロナウイルス対策融資制度開始

青森市新型コロナウイルス対策融資制度開始。

3/23(月)より青森市独自の資金繰り対策『地場産業振興資金【特別小口枠】』を取扱開始。

融資限度額300万円、融資期間5年以内(1年据置)、利子・信用保証料は市が全額補給します。

青森市駅前庁舎3F新ビジネス課又はお近くの地域金融機関までご相談ください。

2020.03.23/第3回新型コロナウイルス感染症に係る青森市危機対策本部

第3回新型コロナウイルス感染症に係る青森市危機対策本部。

3/23八戸市で初めて感染症患者が発生した事を踏まえ22:00緊急開催。

①市内小中学校は明日の卒業式を厳戒態勢で実施し以降4/5迄臨時休校、

②公共施設は順次休館・利用中止等の措置、

③あおもり桜マラソンの中止の3点を断腸の思いながら指示。

2020.03.19/第2回新型コロナウイルス感染症に係る青森市危機対策本部

第2回新型コロナウイルス感染症に係る青森市危機対策本部。

政府専門家会議の感染未確認地域への見解等を踏まえ、引続き感染予防対策を徹底の上で

①小中学校は可能な所から学校再開、②公共施設は高齢者施設を除き段階的な平常化を指示。

なお市内で患者発生の場合は再度登校を中止する旨ご留意下さい。

2020.03.16/東横INN新青森駅東口オープン記念式典

東横INN新青森駅東口オープン記念式典。

オーナーのパルハウス(株)手塚勲社長・和代様御夫妻、(株)東横インの黒田麻衣子社長とテープカット。

14階建246室で駐車場も49台併設、新型コロナ禍収束後は必ずや青森観光の拠点に。

4年前の市長就任時、9区画中7区画が売れ残っていた新駅東口も残り1区画のみ。

2020.03.12/新型コロナウイルス感染症に係る金融機関等との意見交換会

新型コロナウイルス感染症に係る金融機関等との意見交換会。

厳しい経営状況にある市内事業者の資金繰り支援の為、新たに融資限度額300万円・融資期間5年(1年据置)、

利子及び信用保証料を市が全額補給する『地場産業振興資金”特別小口枠”』創設を公表。

速やかな開始を目指し契約手続等への協力を要請。

2020.03.06/青森市議会本会議

青森市議会本会議。

4日間の一般質問を終え、各常任委に議案を付託。

青森市は新型肺炎禍に加え、3/5時点の累積降雪量251cmと記録更新(H18:335cm)も懸念される記録的少雪。

都市建設常任委員会において、除排雪作業委託における最低保障額4割を6割に嵩上げする

『少雪対策緊急措置』の実施を公表。

2020.02.28/青森市危機管理対策本部

青森市危機管理対策本部。

新型肺炎の県内19件の検査は陰性ながら、一斉休校の政府要請を踏まえ総力戦で対応するため開催。

①3/2〜3/26迄小中学校の休業、

②卒業式は必要最小限の人数で開催、

③保育所・放課後児童会の開所等を通知。

子ども達の安全を守るため、皆様のご理解とご協力をお願い致します。

2020.02.21/青森市議会定例会開会

青森市議会定例会開会。

新年度予算はじめ議案89件について提案理由説明。

ケネディ米大統領の就任演説に擬え、故郷青森が何をもたらしてくれるかに甘んじる事なく、

故郷青森をより良くする為に自ら挑戦する心を持つ”ひと創り”に力を注ぐ『あおもり、挑戦!』予算とし、

その先頭に立つ決意を表明。

2020.02.19/第3回青森県市長会総会

第3回青森県市長会総会。

4月より東北市長会会長を青森市が務める事等に伴う予算の他、

5月の知事-市長意見交換会の充実策、9月の10市大祭典inみさわ、

東北DC対応や県外PR・海外研修の見直し等活発に議論。

三村知事、青山・柏木両副知事にもご参加頂き、新型肺炎に対し県市が連携して対応する事を確認。

2020.02.18/あおスタ☆ピッチ ウインターセレクション

あおスタ☆ピッチ ウインターセレクション。

AOMORI STARTUP CENTERを活用し事業展開した皆様によるピッチイベント。

東京大会進出に繋がる10月のファイナル出場権を獲得したMVP(Most Valuable Pitch)は

(有)マロミの鳴海吉英様。

4,500人の笑顔を眉で引き出してきた”眉ソムリエ”のプレゼンに興味津々。

2020.02.15/青森山田高校サッカー部祝賀会

青森山田高校サッカー部全国大会祝賀会。

田嶋幸三日本サッカー協会会長や岡田武史元日本代表監督など錚々たる面々を前に、

ホームタウン代表として御挨拶。

プレミア制覇&選手権準優勝を誇りに思うと共に、埼玉スタジアムに置いてきた忘れ物を取り戻し、

来年2冠達成パレードが実施できるよう激励。

2020.02.14/令和2年度青森市当初予算案発表

令和2年度青森市当初予算案発表。

一般会計1,224億9,700万円。

操車場跡地買取や新庁舎等のハード整備が完了、

感染症予防・少雪対策・病院経営健全化等の課題に対応しつつ、

地域企業の成長加速化支援や教育ICTの充実等、

未来のひと創りの為のソフト事業に舵を切る『あおもり、挑戦!』予算と銘打ち編成。

2020.02.10/青森市証明書コンビニ交付サービス開始式

青森市証明書コンビニ交付サービス開始式。

土日祝日含め6:30〜23:00迄、青森市内約130店を含む全国約54,000店舗で

マイナンバーカードを使って①住民票の写し②印鑑登録証明

③戸籍関係証明④各種税証明がどこでも取得可能に。

セブンイレブン青森新町1丁目店と東京赤坂BIZタワー店で発行の実演も。

 

 

2020.02.08/ヘルステックPoCプログラム視察

ヘルステックPoCプログラム視察。

浪岡北中野公民館で開催。体組成計・運動機分析装置による測定、野菜摂取チェック、MNA問診等を実施。

家庭での見守り実験も見学、室内センサー・配電盤・電動歯ブラシで心機能等を把握、

見守りロボとのTV電話で問診も。青森で最新IoT機器の恩恵が受けられる第一歩に。

2020.01.31/弘前大学COI Healthy Aging Innovation Summit 2020

弘前大学COI Healthy Aging Innovation Summit 2020。

中路重之弘前大学COI拠点長の基調講演後、

京大・名大等錚々たる教授陣が発表の中、地域連携代表として平田鯵ヶ沢町長・

工藤南部町長・小田切青森総合卸センター業務部長と共に登壇。

青森市独自の取組(食育・地域別健康データ・ヘルステック)をPR。

2020.01.30/JAPAN STARTUP SELECTION

JAPAN STARTUP SELECTION 〜the 6th Edition〜。

東京・渋谷QWSにて『スタートアップ都市の次の展望を語る』と題し、

ソフィアバンク代表藤沢久美さん・高島宗一郎福岡市長・

崎田恭平日南市長と対談。

青森市代表のナチュール青森様・JT&Associates様・大青工業様を含む

24社によるピッチセッションも。

2020.01.29/青森市立南中学校創立50周年記念講演

青森市立南中学校創立50周年記念講演。

20周年式典に在校生として出席した母校。

陸海空の交通網、浜田・石江土地区画整理事業等、

30年前と現在の青森市は大きく違う事、

青森市の発展を踏まえ故郷に誇りを持って活躍してほしいと激励。

皆さんがお礼に20周年式典記念歌『南中賛歌』を歌ってくれました。

 

2020.01.26/青森市りんごトップセールス

青森市りんごトップセールス。

山形から兵庫に転戦、阪急オアシスキセラ川西店にてJA青森雪田徹組合長、

大果大阪青果(株)間宮武常務、ミスねぶたグランプリ千葉咲香さんと共に、

浪岡産サンふじ・王林・ジョナゴールドを試食販売。

店舗正面一等地をお貸し頂いた小田靖之店長のお計らいに感謝。

2020.01.25/国際樹氷サミット山形蔵王

国際樹氷サミット山形蔵王。

4回目は山形開催、八甲田・森吉山・蔵王山が連携。

(株)モンベル辰野勇会長の基調講演の後、7名のパネリスト(佐藤山形市長、虻川北秋田副市長、

Daniel Luggenスイス・ツェルマット観光局長、辻野流経大特任教授、岩田JCI山形理事長)と

樹氷を守る取組についてセッション。

2020.01.23/青森市文化賞・スポーツ賞表彰式

青森市文化賞・スポーツ賞表彰式。

文化賞・文化奨励賞29名2団体、スポーツ賞スポーツ奨励賞75名17団体が受賞。

マスターピース国際バレエ第2位の梶原杏心さん(8)カナン国際バレエ第6位の梶原李心さん(11)姉妹が

舞台で実演、世界空道ジュニア選手権優勝の相内春花さん(13)から代表謝辞を頂きました。

 

2020.01.23/青森山田高校サッカー部市長特別表彰授与式

青森山田高校サッカー部市長特別表彰授与式。

花田惇校長・黒田剛監督・浦川流輝亜副主将はじめ15名が来庁、プレミア優勝・選手権準優勝を顕彰。

浦町小1年生の皆さんが花束贈呈の後、サッカーが上達する方法について質問。

後藤健太選手が「自分より上手な人と練習すると良いよ」と助言、心和む式典に。

 

2020.01.20/青森市匠の職人表彰式

青森市匠の職人表彰式。

中野陽介様・出町邦仁様・神成拓洋様が受賞。

新庁舎1F市民ロビー内に小屋掛けし鳶工の神成様が解説、

防水工の出町様がタイル材シーリングを実演、

バーテンダーの中野様がカクテルをシェイク。

列席の歴代匠の職人や青森高等技専の学生さんに技術を披露頂くユニークな表彰式に。

2020.01.18/ふるさと祭り東京2020青森ナイト

ふるさと祭り東京2020青森ナイト。

MCタマ伸也さん&GMUで賑やかに幕開け、中村雅子さんの津軽弁語りを軸に、

BLUETOKYO・BBOY・玉熊明日香さん・AKEMIさん等世界的ダンスメンバーと、

佐藤ぶん太さん・高橋竹春さん・寺門勝さん等豪華演奏陣が融合。

大トリはねぶたと共に会場全員が跳ね踊りフィナーレ。

2020.01.18/イオン琉球第13回青森県フェア開催記念セレモニー

イオン琉球第13回青森県フェア開催記念セレモニー。

イオン南風原店で開催、三村申吾知事と青天の霹靂や浪岡産リンゴを店頭販売。

式典ではウチナーグチで御挨拶の後、イオン琉球(株)末吉康敏会長、小林裕幸沖縄地区青森県人会長、

ミスりんご千葉優花さん、ミスクリーンライス工藤七瑠さんと記念写真。

2020.01.13/全国高校サッカー選手権大会決勝

全国高校サッカー選手権大会決勝。

青森山田vs静岡学園は2-3で惜しくも準優勝。

前半藤原優大選手が先制、武田英寿主将がPKで加点も、後半リードを守り切れず。

何事も勝ち切る事の難しさを痛感。

昨年に続き埼スタへ御招待頂いた岡島理事長、青森が誇る名将黒田監督はじめ青森山田学園の皆様に感謝。

2020.01.12/青森市成人式

青森市成人式。

新成人2,493名が『令和の初陣〜はばたけ2020〜』をテーマにリンクステーションホールに集結。

FACEのコーラス・GMUのダンス・凛轟のよさこい・青森市消防団の纏振りが勢揃いのオープニングは賑やかでしたが、市長挨拶の途中野次が入った為以下省略。

来年はもっと短縮版で臨みます。

2020.01.08/上海ポートセールス

上海ポートセールス。

本年初出張は上海クルーズ船社へのトップセールス。

写真はCosta Cruises社のCaptain Xiaodong Feng、今年8/3ベネチア号(135,500t)、

8/5ネオロマンチカ号(56,769t)の青森寄港へ御礼。

更に今年新造船フィレンツェ号が就航予定との事、青森の発着港化に期待との心強いコメント。

 

2020.01.06/新庁舎開庁式

青森市役所新庁舎開庁式。
2020年の幕開けに相応しく、1階ホールに市民の憩いの場”サードプレイス”、2階に災害対策本部、3階に非常用発電機等を備えた”防災庁舎”が始動。
続く仕事始め式では、東京五輪開催かつ東北市長会会長を青森市が務める今年、世界へ東北復興を発信する先頭に立つ意気込みを宣言。

2020.01.01/八甲田丸カウントダウン

八甲田丸2020カウントダウンイベント。
汽笛と花火の下で新年の乾杯後、入籍記念プロポーズを披露頂いた柳谷ご夫妻と記念写真。
今年は新庁舎オープン、春はフルマラソン、夏は東京五輪、秋は市長選と続く節目の年。
前に進む青森市をお届けする為全力を尽くします。
皆様のご支援宜しくお願い致します!

2019.12.27/青森市役所本庁舎閉庁式

青森市役所本庁舎閉庁式。
昭和31年11月第一庁舎新築以来63年、市勢の発展を見守り続けてきた現庁舎。
議論の過程は様々ありましたが、来年1月6日新庁舎に移転。
とりわけこの庁舎で仕事を覚え、苦楽を共にし、汗も涙も染み込んだ職員の思い出も詰まった現庁舎に感謝し、南門の鍵を閉じました。

2019.12.25/青森圏域連携中枢都市圏連携協約締結式

青森圏域連携中枢都市圏連携協約締結式。
5市町村議会の議決を経て署名、県内唯一の連携空白地域を解消。
併せて『青森都市圏ONE TEAM』の愛称と5市町村の地形を象った白鳥型のロゴマークを発表。
法的基盤と財源措置という強力な手段を得て、移住促進・在宅医療・芸術交流等44の連携事業を実現します。

2019.12.24/手話言語意思疎通条例成立

青森市手話言語の普及及び多様な意思疎通の促進に関する条例成立。
市ろうあ協会木村由紀子会長はじめ沢山の皆様が指文字(条例明記は全国初)を付した横断幕を作成しお祝いに。
市独自の規定として保育園や学校で意思疎通を学ぶ規定を設けた事を活かし、子ども達が手話や点字等を学ぶ機会を増やします。

2019.12.21/国立競技場オープニングイベント

国立競技場オープニングイベント〜HELLO,OUR STADIUM〜。

6万人の観客を前に青森ねぶた・東北絆まつりの熱気を発信。

MC松岡修造&平井理央、三浦知良&リーチマイケル&田中史郎&中村亮土選手、

ドリカム&嵐&ゆず(サプライズ)と豪華出演陣も、著作権上本番前と終了後の写真しかアップできない事

お許しを。

2019.12.18/堀田賢慎選手・蝦名達夫選手表敬

堀田賢慎選手・蝦名達夫選手表敬。

ドラフトで読売1位指名の本格派右腕堀田選手、DeNA6位指名の強肩外野手蝦名選手が豪華揃い踏み。

岡島成行青森山田学園理事長、青森山田高校花田惇校長・兜森崇朗硬式野球部監督、青森大学金井一賴学長・三浦忠吉硬式野球部監督と共に、合言葉は「目指せ球界No.1!」

2019.12.15/青森市民病院ウィンターコンサート2019

青森市民病院ウィンターコンサート2019。

今冬のテーマ曲は映画”コンフィデンスマンJP”主題歌で大ヒット、今年紅白初出場のOfficial髭男dism(ヒゲダン)『Pretender』。

原曲をいつも完全再現頂くGt藤田先生・桜田先生、Ba田村先生、Key佐々木先生、Dr齋藤先生の名演奏のお陰で巧拙は兎も角力一杯熱唱。

2019.12.06/青森県フェアトップセールス

青森県フェアトップセールス。

東武練馬駅前のイオンスタイル板橋店で開催。

三村知事、小山田十和田市長、松尾三戸町長と共に浪岡産サンふじ・王林・ジョナゴールドをPR。

青森市観光大使GMUによるリンゴやカシス製品の食レポも。

明日12/8(日)13:30と16:30には青森ねぶたも披露。ぜひお出かけ下さい!

2019.12.04/青森市議会一般質問

青森市議会一般質問。

青森県の「骨髄ドナー助成事業補助制度」の活用等、市民の暮らしをより良くする為の建設的な議論を交わしつつ、市政の後退を狙う”津軽の足引っ張り”には断固とした姿勢で答弁。

来秋の次期市長選への立候補表明後最初の登壇だけに、心ある市議の皆様から沢山のエールを頂き感謝。

2019.12.01/青森市学生ビジネスアイデアコンテスト(ABC-GATE)

青森市学生ビジネスアイデアコンテスト(ABC-GATE)。

青函連携30周年記念として青函12チームが対抗、中小企業庁林創業・新事業促進課長はじめ審査員7名も本格派。

グランプリは”サイレントライブ”をビジネス化した公立はこだて未来大学。

優勝トロフィーと副賞(全国大会旅費20万円)を贈り全員で記念写真!

2019.11.28/青森市議会開会日

青森市議会開会日。

今日が3年前初登庁の節目の日。

アウガ→駅前庁舎、10階建→3階建の防災庁舎、3年間の軌跡を振り返りつつ、駅自由通路・操車場跡地・多極型の街づくり等、進み行く市政を引続き牽引する強い思いで、来秋の次期市長選への出馬を宣言。

大事な決意表明を噛んだところは愛嬌でお許しを。

2019.11.26/Philips Partnership Meetup 2019

Philips Partnership Meetup 2019。

帝国ホテルで華やかに開催。

西村康稔経財相の挨拶で幕開け、錚々たる講演陣の先陣を切り、堤浩幸社長と浪岡でのヘルステック事業を世界に発信。

モビリティ活用型予防サービスに協力頂くソフトバンクとトヨタ共同会社MONETの実車も拝見、いよいよ動き出す事を実感。

2019.11.23/Umai!! Aomori Food Fair 2019 シンガポール県人会交流会

Umai!! Aomori Food Fair 2019 シンガポール県人会交流会。

11月から2ヶ月間レストランフェアを開催頂くSUN with MOONで県内7首長(むつ市長・弘前市長・黒石市長・三沢市長・平川市長・外ヶ浜町長)はじめミッション団と気勢。

在星の皆様11/23(土)12時Guoco Towerでの開会セレモニーへぜひお出かけを!

2019.11.18/青森圏域連携中枢都市圏構想関係市町村長会議

青森圏域連携中枢都市圏構想関係市町村長会議。

平成28年2月以来アウガ問題で議論中断、八戸・弘前等に先行され広域連携の空白地帯だった東青地区。

今年度議論を再開し連携中枢都市宣言に漕ぎ着けました。

今後議決を経て協約を締結、東青5市町村が移住推進・医療福祉・教育等で更に連携を強化します。

2019.11.10/リノベーションスクール青森公開プレゼンテーション

リノベーションスクール青森公開プレゼンテーション。

旧大谷製麺所・DONTAKU・シネマディクトの3ヶ所を舞台に、22名の受講生が3日間練り上げた遊休店舗活用プランを発表。

ご協力頂いた不動産オーナーの皆様、4名のスクール/ユニットマスター(青木純・寺脇加恵・東海林論宣・小友康広)の皆様に感謝。

2019.11.09/青森市長×名寄市長似たもん同志トークセッション

青森市長×名寄市長似たもん同志トークセッション。

39歳で市長就任し現在3期目、全国青年市長会会長も務めた加藤剛士名寄市長。

カーリング場を有しスポーツコミッションを設立など街づくりの共通点を話題に。

餅米生産量日本一ゆえ雪見大福のお餅も名寄市産との話題に司会の境香織さんと激しく共感(笑)

 

2019.11.06/青森県知事三村申吾県政を語る集い

青森県知事三村申吾県政を語る集い。

後援会連合新会長に就任した長谷川義彦様が主催者挨拶の後、来賓代表として祝辞。

12/7東京板橋・1/18沖縄那覇に県市産品セールスで知事とご一緒する為、

特に首里城焼失で意気消沈する沖縄の皆様へ、知事の元気と青森市の美味しいリンゴで笑顔を届けたい旨報告。

 

2019.11.04/青森市役所新庁舎落成式

青森市役所新庁舎落成式。

沖館中合唱部の市民歌で幕開け、4日間の非常用発電機を有し400名分の備蓄も有する防災庁舎をお披露目。

1階は市民開放スペース、あおもりマルシェ様やカッチャート様が出展。

僅か3年前、10階建100億円の宮殿ではなく3階建の防災庁舎を選択して頂いた市民の皆様に改めて感謝。

2019.11.03/青森・函館ツインシティ提携30周年記念式典

青森・函館ツインシティ提携30周年記念式典。

NHK函館阿部陽子支局長自ら司会を務めて頂き、陸上自衛隊第9音楽隊の祝賀演奏にも感謝。

子ども絵画展表彰の青函小学生、青森工業高ねぶた部はじめ協力団体の皆様、ロゴマーク最優秀賞の川口響子さん(はこだて未来大学)と記念撮影、ツインシティのVサイン。

2019.10.31/あお☆スタピッチ交流会

あお☆スタピッチ交流会。

Japan Startup Selection Aomori Round Final Stageと題し6社が白熱のプレゼン。

グランプリに合同会社ナチュール工藤真義CEO、第2位企業組合JT&Associates小山優子代表理事、第3位大青工業株式会社下山耕蔵様が受賞。

来年1/30(木)東京での本選に青森市代表として出場権獲得!

2019.10.30/大野小学校トイレ洋式化改修視察

大野小学校トイレ洋式化改修視察。

8中学校(沖館・筒井・戸山・三内・古川・油川・横内・北)、

11小学校(大野・筒井南・浪岡南・浪館・千刈・原別・油川・幸畑・浪岡北・浦町・浜田)で

11月〜3月にかけ順次工事完了、子ども達がトイレを我慢しなくなったとの声。

今後も全小中学校の洋式化を進めます。

2019.10.24/台風19号被災地への職員派遣出発式

台風19号被災地への職員派遣出発式。

宮城県角田市へ12名を派遣、罹災証明書発行業務・災害廃棄物関連業務に交替で当たります。

この他福島県郡山市の避難所等での健康支援に保健師・運転手8名、いわき市での応急給水業務に水道部16名を派遣。

被災地支援の庁内公募に自ら手を挙げてくれた想いに感謝。

2019.10.21/緊急消防援助隊青森県大隊活動終了報告

緊急消防援助隊青森県大隊活動終了報告。

10/13〜18迄の6日間、消防庁長官からの出動指示により宮城県伊具郡丸森町で

台風19号災害の救助活動を行った73隊258名が帰庁報告。

安否確認や透析患者の転院搬送を担当、前河原地区で男性1名を救出もその後死亡が確認される等

過酷な災害現場での活動を慰労。

2019.10.19/熱意ある地方創生ベンチャー連合10月勉強会 in東京渋谷

熱意ある地方創生ベンチャー連合10月勉強会 in東京渋谷。

『地方こそ果敢に挑戦できる先進的フィールド!〜挑戦を誇れる街の目指す地方創生実現の姿とは?〜』

と題し、スタートアップ都市推進協議会メンバーとして取組む青森市の新ビジネス支援事業を紹介後、

吉田雄人事務局長と熱いトークセッション。

2019.10.17/青森市急病センター開所式

青森市急病センター開所式。

昭和53年開設も市庁舎改築が進まず移転改修できずにいた施設が新庁舎竣工に先んじて改修完了。

待合室が2倍(70㎡)、小児科診療室・感染症専用診療室を増設、超音波画像診断装置も新規導入など、

青森市が前に進む姿をまた一つお届けできました。

10/19(土)19:00から診療開始。

2019.10.16/東北市長会会長就任

東北市長会会長就任。

岩手県北上市で開催の第175回東北市長会総会。

冒頭台風19号による犠牲者へ黙祷の後、激甚災害の早期指定等を求める緊急決議を可決。

来年4月の役員改選にあたり光栄にも会長へ推挙頂き、

谷藤裕明前会長(盛岡市長)はじめ現役員の皆様への謝意と満場一致での承認への感謝のご挨拶。

2019.10.15/青森市表彰 表彰式

青森市表彰 表彰式。

市議会議員20年(仲谷良子様)、青森ねぶた運行(マルハニチロ若井由治様・JR佐藤克治様)、

ねぶた製作(我生会嶋中昭子様)、新城駅での登校見守りの徳行(有馬勉金峰神社宮司)、

平成7年からの継続寄附(青森県自動車会議所小野大介理事長)など多方面で市政に貢献頂いた83名1法人を表彰。

 

2019.10.12/四者連携ロゴ除幕式

四者連携ロゴ除幕式。

県・市・青森商工会議所・JR東日本の連携プロジェクトタイトル『AOMORI CONNECTION つなぐアオモリのミライ』を発表。

3年前迄不協和音を奏でていた4者が今や力強く連携。

13(日)にしぐちフェス・27(日)コーヒーフェス等連携イベントを皮切りに青森駅周辺の賑わい創出を進めます。

2019.10.11/青森市立沖館中学校合唱部表敬

青森市立沖館中学校合唱部表敬。

10/14(月祝)東京渋谷NHKホールでの『NHK全国音楽コンクール』、10/27(日)岡山シンフォニーホールでの『全日本合唱コンクール』に東北大会金賞を受賞してW出場。

大橋春佳部長はじめ部員31名の意気込みを伺い、記念に合唱曲”Ave,Regina coelorum”を披露頂きました。

2019.10.07/欧州ポートセールス

欧州ポートセールス。

JAL青森→東京便の機材故障の為、スイス・ジュネーブ前泊のはずが機内泊に変更の弾丸ツアー。

MSCクルーズ本社Vice PresidentのMs.Elisabetta de Nardoを往訪、昨夏のMSCスプレンディダ(171,598t)初寄港へ御礼。

現在新造船が相次ぎ日本航路投入を予定との期待感高まる会談に。

2019.10.04/11/4(月)新庁舎落成記念市民見学会開催発表

11/4(月)新庁舎落成記念市民見学会開催発表。

3年前10階建100億円にする予定を改め、3階建ながら非常用電源や備蓄倉庫も完備した機能的な防災庁舎が竣工。

当日は前庭で”青森マルシェ”も開催。

1階を市民スペースとした開放的な構造や市長室・災害対策本部・防災資機材等、ぜひ来て観て触れてください!

 

2019.10.02/女性合唱団Nの絆第6回演奏会

女性合唱団Nの絆第6回演奏会。

青森を代表する音楽家であり、私と妻の高校恩師でもある小倉尚継先生。

自作合唱曲をご自身で指揮し歌う贅沢な会も、84歳を間近に指揮棒を納める旨ご決断。

2階席まで満席どころか立見のお客様も出て、リンクモア平安閣市民ホール一杯に終演を惜しむ拍手が響きました。

2019.10.01/まちなかリノベCAMP

まちなかリノベCAMP vol.2。

新町UGUISUで開催『リノベーションで街を盛り上げるって何?』体感イベント。

リノベの達人青木純さん・本間貴裕さん・東海林論宣さん・中村公一さんのトークセッションが最高!

次回はいよいよ実践編『リノベスクール』、11/10(日)八甲田丸で公開プレゼン。

ぜひご来場を!!

2019.09.29/浪岡地区健康まちづくり発表会

浪岡地区健康まちづくり発表会。

フィリップス・ジャパン堤浩幸社長自ら進捗報告、伊藤浪岡町内会連合会長・木村地域包括支援センター長・高橋浪岡病院長も交えトークセッション。

参画企業のネスレ日本・エナジーゲートウェイ・ワーコン各社様からもIoT予防・見守り事業の紹介、夢のある話にワクワク。

2019.09.25/新国立競技場オープニングイベントに『青森ねぶた祭』出演決定!

新国立競技場オープニングイベントに『青森ねぶた祭』出演決定!

12/21(土)新国立競技場開幕式典〜HELLO,OUR STADIUM〜において、ウサイン・ボルト氏、太鼓芸能集団”鼓童”と共に東北絆まつりが出演決定との主催者(JSC)発表。

9/25(水)19時チケット第2次抽選申込開始。復興五輪を代表し熱く演舞します!

 

2019.09.21/あおもり10市大祭典inつがる

あおもり10市大祭典inつがる

イオンモールつがる柏で開催、中型ねぶた「勿来の関 八幡太郎義家」、ミスねぶた・ミスター跳人はじめ跳人衆、囃子方と共に勇壮に出陣。

公開生放送頂いたRABラジオ”麻生しおりの土曜はキュン”の皆様にも感謝。

今日9/22(日)も12:00〜パレード開始。ぜひお出かけ下さい!

2019.09.19/第25回全国女性消防団員活性化青森大会

第25回全国女性消防団員活性化青森大会。

マエダアリーナに約2,600名もの全国の女性消防団員等が集結し終日シンポジウムを開催、夜はホテル青森にて情報交換会。

三村申吾青森県知事・(公財)日本消防協会秋本敏文会長のご挨拶の後、開催市代表として乾杯の発声。

立錐の余地も無い会場一杯の熱気に圧倒。

2019.09.16/太宰治生誕110周年記念演劇「津軽」

太宰治生誕110周年記念演劇「津軽」。

満席の県立美術館野外劇場で開催。太宰らしい哲学的舞台も、休憩時にイガメンチの振舞いが。

舞台後の見送りで新井和之さん・川上麻衣子さん・李丹さん・伊勢未知花さん・相良千尋さん、舞台袖で長谷川孝治監督(浪岡出身)が気さくに記念撮影して下さり感激。

2019.09.15/浪岡北畠秋まつり『火おこし』セレモニー

浪岡北畠秋まつり『火おこし』セレモニー。

鹿児島県屋久島町のご神山祭りに範を取り6回目の開催。

浪岡北畠氏の始祖北畠顕家卿に扮する有難いお役目を頂き、浪岡八幡宮阿部宮司のお導きの下厳かに宝刀を奉納。

神事後の火おこしにはラインメール青森FCの選手も参加、無事五穀豊穣の火が灯りました。

2019.09.12/山本寛斎先生来青

山本寛斎先生来青。

今年5月浅草神社の「東京レザーフェアthe前夜祭」と6月六本木ヒルズでの「日本元気プロジェクト2019スーパーエネルギー‼︎」に青森ねぶたの花笠をお貸しした御縁で世界的デザイナーが来庁。

ねぶた祭や縄文遺跡を絶賛頂き、最後は英国仕込みの雄叫びで青森に元気を注入!

2019.09.08/青函ツインシティ提携30周年記念はこだてグルメサーカス2019

青函ツインシティ提携30周年記念はこだてグルメサーカス2019。

午前は青森ねぶた祭ステージの司会、午後は工藤壽樹函館市長・小林眞八戸市長・櫻田宏弘前市長・MCのはこだて観光大使福島和可菜さんと青函圏観光都市会議の4都市PR。

最後に特製Tシャツを”バズーカ”でプレゼント(驚)!

2019.09.07/リレー・フォー・ライフ・ジャパン2019青森

リレー・フォー・ライフ・ジャパン2019青森。

県立保健大学で開催、がんサバイバーの方々のリレーウォークをマルハニチロ侫武多会海鳴と一緒に激励。

有賀玲子部長はじめ青森県健康福祉部の皆さん&浦田浩美部長はじめ青森市保健部の皆さんも参加、がん検診受診勧奨に『県市連携』で取り組みます!

2019.09.04/市議会一般質問

市議会一般質問。

操車場跡地整備計画・市民病院の経営改善・予算編成方針等について各会派代表と議論。

土地開発公社の解散等により将来負担比率は低下も、福祉費用の逓増により経常収支比率は増加。

厳しい財政状況が続く中、財政基金残高の確保と市債残高の縮減を目指す財政プランの策定を進めます。

2019.09.01/山形市長選挙応援

山形市長選挙応援。

さとう孝弘市長とは年齢も経歴も同じ似た者同士、昨年11月青森でトークバトルにも出演頂いた御恩。

光栄にも応援依頼頂き、同じ中核市・県庁市どうし競い合い東北を盛り上げる為、金澤忠一県議会議長はじめ錚々たる地元応援団と共に演壇へ。

さとう孝弘さんへ皆様の期日前投票を!

2019.09.01/第27回青森県駅伝競走大会優勝

第27回青森県駅伝競走大会優勝‼︎

新陸上競技場こけら落としの記念大会。

初設定の小学生区間を力走した松崎こはな選手(浜田小6年)・工藤優唯選手(沖館小6年)はじめ、新コースに挑み第20回大会以来の優勝を勝ち取った青森市選手団に、奈良岡慎哉新監督共々栄誉の胴上げして頂きました‼︎

2019.08.27/明治大学競走部表敬

明治大学競走部表敬。

スポーツコミッション青森・SIA東北・明治大学校友会の連携により、新陸上競技場で10日間の選抜合宿誘致、9/1(日)新競技場完成式典への参加が実現。

山本豪副監督にも高く評価頂いた冷涼な気候と集約された練習環境を活かし、箱根駅伝予選会の突破に繋がるようエール。

2019.08.24/青函グルメストリートin浅虫

青函グルメストリートin浅虫。

本日8/25(日)迄開催の青函交流30周年イベント。

A-LINE様の全面バックアップで青森・函館グルメ&海自カレー27店+クラフト14店が集結。

応援団にGMU&青森ワッツ宮越選手、背景右手は函館名物ステーキピラフの大行列。皆様ぜひお越しください!

2019.08.23/第1回あお☆スタピッチ交流会

第1回あお☆スタピッチ交流会。

Aomori startup centerを活用し起業・新事業展開された6事業者様によるショートプレゼン(ピッチ)大会を初開催。

合同会社ナチュール青森の工藤真義様がMVPを受賞、都内でのJapan startup selection進出決定戦へ!

2019.08.22/盛運輸サンドームトレーニング室リニューアルセレモニー

盛運輸サンドームトレーニング室リニューアルセレモニー。

ネーミングライツ・スポンサーの盛運輸様の御寄贈により、平成4年2月開館以来更新できなかったトレーニングマシン13種類を最新機器に全面更新!

これを記念し、盛剛会長・盛大剛社長と共に感謝のテープカット。

皆様ぜひ御利用下さい!

2019.08.17/あおもりコンピュータ・カレッジ開校30周年記念eスポーツ大会

あおもりコンピュータ・カレッジ開校30周年記念eスポーツ大会。

「eスポーツクリエイト専攻」県内初創設を記念しストリートファイターV大会を開催。

私もエキシビジョンで小学生と対決、コテンパンに(笑)。

9/9推薦入学試験受付開始、ICTやeスポーツに関心ある皆様の入学お待ちしてます!

2019.08.16/タジキスタン共和国柔道選手団表敬訪問

タジキスタン共和国柔道選手団表敬訪問。

2020東京五輪へ向けた世界柔道東京大会直前の強化合宿として選手6名とコーチが来青。

一方で同国陸上・空手選手団が五輪出場権を獲得できず合宿中止との残念な連絡も。

その分8/24迄滞在する柔道選手団をホストタウンとして全力でサポートします。

2019.08.10/めざせ!世界遺産‼︎こまきのヴィレッジまつり

めざせ!世界遺産‼︎こまきのヴィレッジまつり。

国内推薦候補決定後の初開催を祝し、荒川中学校在原安結美さん、荒川小学校藤林輝君、小牧野館竹中富之館長はじめ地元の皆様とくす玉開披。

最後は令和3年7月頃の世界遺産登録に向けガンバロー!と気勢。

本日15時迄開催中、皆様お出かけください。

2019.08.07/ねぶた祭最終日

ねぶた祭最終日(なぬかび)。

昼の合同運行スタート、毎日一緒に先頭を歩いた奈良秀則青森ねぶた祭実行委員長、西秀記青森商工会議所副会頭、ミスねぶたの千葉咲花さん・角田愛琳奈さん・川井沙樹さんと。

ねぶた大賞の青森菱友会が先陣なのも最終日ならでは。

今年も無事ねぶた祭が終わった事に感謝。

2019.08.06/青森ねぶた祭表彰式

青森ねぶた祭表彰式。

ねぶた大賞は青森菱友会『紀朝雄の一首 千方を誅す』(竹浪比呂央先生作)。

和歌で鬼を征伐し世を平定する”歌の力”を主題とし、新元号令和の出典・万葉集の”歌の力”とも共鳴する意欲作に満場の祝意。

私も市長賞(第3位)をJRねぶた実行プロジェクト様へ贈呈。

2019.08.06/スマート農業実演会

スマート農業実演会。

JA青森様と共に奥内たまねぎ生産組合様圃場で開催。

北東北スカイテック様がドローンで農薬散布、ヤンマーアグリジャパン様がロボットトラクターの走行実演、オプティムアグリ・みちのく様が減農薬散布の事例発表と、若手農業者にも魅力的な”cool”な農業の萌芽を目撃。

 

2019.08.04/市役所ねぶた実行委員会

市役所ねぶた実行委員会集合写真撮影。

今年の題材は『奉祝の舞 廣田神社 津軽神楽』。

996年創建の廣田神社の御祭神の一柱は、津軽藩家老として青森市の街づくりに尽力した進藤庄兵衛正次。

令和初のねぶた祭に相応しく、神職による津軽神楽の奉納を再現頂いた京野和鴻先生・我生会の皆様に感謝。

2019.08.01/第71回浅虫温泉花火大会

第71回浅虫温泉花火大会。

毎年青森ねぶた祭の前夜祭と重なっていた日程が、中村彰利委員長はじめ実行委員会・関係者の皆様の御尽力により来年から7月最終日曜に変更。

今年で最後の8/1開催、私は恒例のカウントダウンを担当。

完璧にタイミングを合わせ打上げて下さった敏腕花火師さんに感謝。

2019.07.30/『北海道・北東北の縄文遺跡群』世界文化遺産推薦候補選定

『北海道・北東北の縄文遺跡群』世界文化遺産推薦候補選定。

国の文化審議会において満を持して推挙。

中でも青森市の小牧野遺跡(写真)は、大規模環状列石など縄文人の精神生活等を知る上で重要な遺跡。

8/11(日)開催の『こまきのヴィレッジまつり』はじめ世界遺産登録への機運醸成を図ります。

2019.07.29/あおスタ1周年記念講演

あおスタ1周年記念講演。

講師は(株)オプティム菅谷俊二社長(43)。

佐賀大で創業、2015年東証一部上場のIT起業家が『AI・IoT&スマート農業の未来は青森にある!』と題し熱弁。

西秀記副会頭も交えたトークセッションでは、著書中で社長がレディ・ガガに扮したお茶目な一面も御紹介。

2019.07.28/青森市平和祈念式典

青森市平和祈念式典。

昭和20年7月28日の青森空襲は青森市民が決して忘れ得ぬ日。

浦町中3年生が平和学習の成果を発表、「言葉のちから・声のあかりプロジェクトチーム」が平和への想いを込め朗読を披露頂きました。

写真は南中合唱部による追悼合唱、竹内まりやさんの「いのちの歌」に会場が涙。

 

2019.07.26/鹿児島県屋久島町でのねぶた運行

鹿児島県屋久島町でのねぶた運行。

平成3年旧浪岡町と旧上屋久町での中学生ホームステイ以来、友好盟約を結び交流が続く屋久島町。

本年5月島の地杉を存分に使った新庁舎落成を記念し、内山龍星先生作「毘沙門天」を率いて6年ぶり4回目のねぶた運行。

荒木耕治町長はじめ実行委員会の皆様に感謝。

 

2019.07.24/東京2020開催まであと1年〜県内ホストタウン大集合!

東京2020開催まであと1年〜県内ホストタウン大集合!カウントダウンイベントin青森。

出展頂いた弘前市・三沢市・今別町・西目屋村、ワールドワイド&ゴールドパートナー企業の皆様に感謝。

空手道濤和館の子ども達とカウントダウンボード前で記念写真。合言葉は”1 Year to Go!”

 

 

2019.07.22/エバー航空台北オフィス表敬

エバー航空台北オフィス表敬。

7/17就航式典に来青頂いた李士亮副総経理、元日本支社長の王振興協理、昨年1月来県の李佳芳副経理と再会。

折良く7/20から浅虫延伸の観光シャトルバスねぶたん号等を紹介。

11/3〜週2→5便と益々便利に、青森の皆様もぜひ直行便で台湾へお出かけ下さい!

2019.07.20/6時30分だヨ!ラヂヲ体操&朝マルシェの時間ですよ全員集合

6時30分だヨ!ラヂヲ体操&朝マルシェの時間ですよ全員集合。

市長就任前から参加する夏の恒例イベント、今年も7/20〜8/17毎週土曜日ワラッセ西広場で開催。

初回に相応しい豪華ゲスト、NHKラジオ体操の多胡肇さん&矢作あかりさんが生指導!三村申吾知事と一緒に全力でラヂヲ体操。

2019.07.18/青森市重点事業説明会

 

 

青森市重点事業説明会。

りんご生産者支援、操車場跡地への新駅設置、連携中枢都市圏の推進はじめ23項目を三村知事へ直接要望。

市民アンケートによる新駅利用見込が年間508,128名、筒井駅実績(年289,993名)の倍に達した事を報告。

地域需要の高さと鉄道収益への貢献を数字で実感。

2019.07.17/エバー航空青森-台北線定期便就航記念セレモニー

エバー航空青森-台北線定期便就航記念セレモニー。

毎週水・土曜の週2便で開始、11/3からは週5便に増便!

三村申吾知事から熱烈歓迎の挨拶の後、エバー航空の孫嘉明総経理・李士亮副総経理、台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表、台湾観光協会東京事務所の鄭憶萍所長はじめ来青メンバーと握手。

2019.07.14/参院選滝沢求候補街頭演説

参院選滝沢求候補街頭演説。

7/13(土)安倍晋三総理、7/14(日)河野太郎外務大臣の応援演説に地元首長として参列。

安倍総理から外務政務官を務めた滝沢候補へ『青森のソウルフードイギリストーストを英国の方々に売り込んで』と地元ネタの御依頼があったので、翌日河野外務大臣へ早速進呈。

2019.07.11/全国ハンセン病療養所所在市町村連絡協議会総会

全国ハンセン病療養所所在市町村連絡協議会総会。

東北新生園の所在する宮城県登米市ホテルサンシャイン佐沼で開催、地元宮城6区選出でハンセン病対策議員懇談会員の小野寺五典前防衛大臣も同席。

協議会の総意として熊本地裁での家族訴訟の控訴断念を歓迎、患者の高齢化を踏まえ速やかな補償を要請。

 

2019.07.07/DINING OUT AOMORI-ASAMUSHI with LEXUS

DINING OUT AOMORI-ASAMUSHI with LEXUS。

東北初開催のプレミアム野外レストラン、ホスト役のアレックス・カー氏と歓迎の御挨拶。

陸奥護国寺境内からの夕暮れの湯の島を臨む借景、ミシュランシェフ目黒浩太郎氏による陸奥湾の海の幸。

浅虫の新たな魅力を発見。

2019.07.07/第28回青森マラソン

第28回青森マラソン。

合浦公園を出発するハーフのスターターを務めました。

毎年暑さで熱中症が懸念される大会故、来年度『フルマラソン化』し時期変更、令和2年4月18日(土)桜の季節に開催し、日本陸連の公認も目指す事をサプライズ発表。

春のスポーツ・ツーリズムの中核を目指します!

2019.07.04/青森市議会閉会

青森市議会閉会。

操車場跡地取得による市土地開発公社負債解消の議案が全会一致で可決、青森市の財政健全化と街づくりにとって大きな一歩に。

写真はもう一つの注目議案、市議会議員定数を35名→32名とする条例の起立採決、日本共産党6名・蛯名和子市議・山崎翔一市議を除く賛成多数で可決成立。

2019.07.02/青森・ソウル線利用促進ミッション団

青森・ソウル線利用促進ミッション団。

夏季週3便の青森-仁川空港線の冬季増便について大韓航空様から好感触を得ると共に、韓国旅行会社へ本県空路・海路での更なる誘客を要請。

写真はロッテ観光開発の金基炳会長、チャータークルーズ船COSTA SERENA号を青森港に寄港頂いた事に御礼。

2019.06.29/小野寺あきひこ市政報告会

小野寺あきひこ市政報告会。

約1,000名もの御来場に感謝。

御来賓の三村知事も挨拶でお帰りにならず最前列で市政報告に耳を傾けて下さいました。

会場の都合上御案内差し上げられなかった後援会の皆様へも市政報告を郵送しております。

市政3年の歩みと街づくりの進展を御高覧頂ければ幸いです。

2019.06.27/青森県金融経済懇談会

青森県金融経済懇談会。

若田部昌澄日本銀行副総裁が来青、佐々木副知事や若井商工会議所会頭、成田青森銀行頭取はじめ県経済界代表との懇談に参加。

低金利政策の継続に鋭い意見交換も。

若田部副総裁から複数の核が競い成長する青森市の街づくり「コンパクトプラスネットワーク」を高く評価頂き感激。

2019.06.26/青森市重点事業要望

青森市重点事業要望。

自由民主党の森内議長・山谷県議・高橋県議・花田県議、清和会の一戸県議・関県議を往訪。

特に操車場跡地への新駅設置は新幹線駅誘致以来続く地域要望。

高齢化社会に対応した公共交通機関の充実にも資する事業として、市選出県議の皆様からも県議会で声を上げて頂けるよう要望。

2019.06.23/青森市消防団合同観閲式

青森市消防団合同観閲式。

前日の雨が一転して晴天に恵まれた会場の合浦公園、殉職消防職団員を祀る「義魂碑」が建立する所縁の地。

青森・浪岡消防団約1,100名、消防車両68台の勢揃いはやはり壮観。

模範演技ではいしえこども園幼年消防クラブの皆さんが、元気に防火の誓いを述べてくれました。

 

2019.06.20/市内6大学への「しごと創り」推進に関する要請

市内6大学への「しごと創り」推進に関する要請。

産学金官連携の観点から、5月の経済団体・金融機関への要請に加え市内6大学を往訪。

併せて12/1開催の学生ビジネスコンテスト(ABC-GATE)学内予選開催へ協力も依頼。

写真は昨年度の優勝校、青森県立保健大・上泉学長への要請書手交。

2019.06.17/県・市長会・町村会重点施策要望

県・市長会・町村会重点施策要望。

三村県知事・森内県議会議長・関町村会長と、環境省→総務省→内閣官房→厚労省→財務省→自民党政調→農水省→文科省→国交省と歴訪、地方財源確保はじめ各種課題に協力を要請。

写真は吉川貴盛農林水産大臣、黒星病薬剤の早期承認やスマート農業の支援を要望。

 

2019.06.15/2019むつ湾フォーラムin外ヶ浜

2019むつ湾フォーラムin外ヶ浜。

広域での環境経済連携を高く評価頂き、何と森本英香環境事務次官が自ら基調講演。

活動報告は横浜町柏谷弘陽教育長・NPO法人あおもりみなとクラブ志田崇理事から。

写真はフォーラム前の記念植樹、風のまちこども園のお友達と外ヶ浜の桜の名所ハイカラ山にて。

2019.06.12/全国市長会議

全国市長会議。

ホテルニューオータニで開催。

815市区長が勢揃い、西村官房副長官・石田総務大臣から祝辞頂く荘厳な雰囲気。

風疹追加対策について全国7支部から決議頂き本日の重点決議に反映、「国・地方協議の場」でも立谷会長から市町村に負担を押し付けないよう釘刺し頂いた事に御礼の発言。

 

 

 

2019.06.09/重点施策国会議員説明会

重点施策国会議員説明会。

年に1回、青森県選出国会議員と県・市長会・町村会が一堂に会し意見交換を行う恒例行事。

地方財政や風疹対策等12項目の提言にあたり、国にYESだNOだと言う旧態依然の陳情ではなく、国会議員と三村知事・40市町村がスクラムを組んで提言内容を前に進めたい旨強調。

2019.06.08/江渡聡徳代議士を励ます会

江渡聡徳代議士を励ます会。

大島理森衆院議長、加藤勝信自民党総務会長、山東昭子志公会長代行はじめ錚々たる顔ぶれの前で乾杯役を拝命。

青森1区は、3年前の市長選で私を適任に非ずと断じた方、青森の共産主義化を目指す方、そして江渡代議士の構図。

出席者約500名と必勝の想いを杯に込め乾杯。

2019.06.07/青森市議会定例会開会

青森市議会定例会開会。

前回議会で予算承認頂いた操車場跡地買取議案を提出。

平成10年子会社(市土地開発公社)が借金して取得も『低炭素モデルタウン構想』頓挫により元金返済が進まず、利子が累積してきた負の遺産。

21年余の時を経てようやく新駅設置・市体育館移転はじめ街の核となる地域へ。

2019.06.02/三村申吾知事当確祝賀会

三村申吾知事当確祝賀会。

高樋黒石市長、宮下むつ市長、関町村会長はじめ駆けつけた沢山の首長を代表し祝意。

午後8時の当確は、40市町村長が誰とスクラムを組んで仕事をしたいかという支持の現れでもあります。

三村知事へ『また一緒に吉本の舞台もやりましょう!』と呼びかけ、笑顔のOKポーズ。

2019.06.02/東北絆まつり福島パレード出発式

東北絆まつり福島パレード出発式。

東北6市の市長に加え、東京五輪熱血応援スポーツキャスターの松岡修造さんが降臨。

福島市子ども代表の米尾賢人君・丹野慎之介君と共に力強く出発宣言。

我が青森ねぶたも修造流の熱いエールを受けつつ、風も出て昨日より涼しく天気に恵まれた絆まつりになりました。

2019.05.31/高齢者等見守り体制確保事業(愛称:みまも〜る)協定締結式

高齢者等見守り体制確保事業(愛称:みまも〜る)協定締結式。

岩渕青森警察署長、鎌田青森南警察署長、村上青森市地域包括支援センター連絡会長と協力協定を締結。

緊急連絡先の登録番号を印字した『みまもりシール』を配付。

万一自宅に帰れず保護された時、すぐに発見連絡ができる仕組みを作ります。

2019.05.29/中核市市長会総会

中核市市長会総会。

東京都市センターで開催、今年4月から山形市・福井市・甲府市・寝屋川市が加入し58市と更に大所帯に。

今期で会長が太田豊田市長に交替、前会長であり西日本豪雨復興との兼務に御苦労された伊東倉敷市長へ満場の拍手。

当市提案の風疹対策への緊急要望はじめ全議案採択され閉幕。

2019.05.27/三村申吾県知事候補応援演説

三村申吾県知事候補応援演説。

吹雪の市長選で街頭に立って頂いたヨーカ堂前、一転猛暑の応援演説に。

国にYESとかNOとか、パイプが有る無いという論点自体が旧態依然。

文句を言う前に一緒にスクラムを組んで行動する事が大切、47都道府県で一番の行動力を誇る三村さんに投票しようと熱弁。

2019.05.25/第48回ミスねぶたコンテスト

第48回ミスねぶたコンテスト。

ミスねぶたグランプリに青森市出身の大学生・千葉咲香さん、ミスねぶたに五所川原市出身の大学生・角田愛琳奈さんと青森市出身の会社員・川井沙樹さんが戴冠。

8月1日から1年間、青森ねぶた祭出演は勿論、市の特産品PRやクルーズ船歓迎等にも華やかな活躍を期待。

2019.05.22/駐日タジキスタン共和国特命全権大使歓迎交流レセプション

駐日タジキスタン共和国特命全権大使歓迎交流レセプション。

ジャロロフ・ミルゾシャリフ大使、アジズ・ナザロフ一等書記官が来青、8月11日から柔道・陸上・空手の強化合宿を行う事を正式報告。

写真はねぶた囃子で歓迎した市役所ねぶた実行委員会有志と。今夏いよいよ五輪選手が青森市に登場です!

2019.05.19/三村申吾県知事候補応援演説

三村申吾県知事候補応援演説。

第一声以来の凱旋の地に浪岡を選んで頂き感謝。

いとく浪岡店前に集まった皆様へ、りんごやカシス、バサラコーン等浪岡ブランドを前面に出した『攻めの農林水産業』に加え、現在建替中の浪岡病院を『青森型地域共生社会』の県内最先端地域として進めていく旨一緒に街説。

2019.05.18/うまい森青い森フェア青森市ステージ

うまい森青い森フェア青森市ステージ。

この1年東京・愛知での青森フェアやふるさとCM出演等、青森市の為に大車輪の活躍を見せたご当地アイドルGMUを青森市観光大使にサプライズ任命。

青森市子ども会議(AKC)のメンバー7名も特別参加し、カシスやバサラコーンを食レポやダンスでPR。

2019.05.16/三村申吾県知事候補第一声

三村申吾県知事候補第一声。

財政再建・攻めの農林水産業・立体観光・創業支援、一期一期指を折るように丁寧に県政を進める三村知事。

次は人口減少対策、地域共生社会実現へ漕ぎ出しします。

必要なのは人に噛み付く事ではなく協力態勢の構築。3年前吹雪の市長選で頂いた御恩に報い精一杯の応援演説。

2019.05.15/東北市長会総会

東北市長会総会。

ホテルメトロポリタン盛岡NEW WINGで開催。

防災減災対策の継続はじめ特別決議6件、教育行政の強化はじめ一般決議30件等を承認。

私から昨年12月の厚労省風しん緊急対策に対する適切な国庫負担について、2月の特別決議及び4月与党緊急要望として対応頂いた事に謝辞。

 

2019.05.14/連携中枢都市圏ビジョン懇談会

連携中枢都市圏ビジョン懇談会。

県内の広域連携は八戸・弘前・上十三・下北・五所川原で形成済、東青地域のみ空白地。

28年2月東青5市町村長が協議開始後、アウガ問題等専ら青森市政の停滞で中断。

その後3年での課題解決を経て協議を再開頂いた事に感謝の辞、年度内の連携協約締結を目指します。

2019.05.07/クイーン・エリザベス入港歓迎式

クイーン・エリザベス入港歓迎式。

朝8時の入港に合わせ、津軽海峡マグロ女子会のご指導を頂き、青森西高校・明の星高校の皆さんと一緒に大漁旗振りで熱烈歓迎。

青森山田高校吹奏楽部やサンロードねぶた囃子隊の生演奏も。

『世界で最も有名な客船』の入港で青森港の格や知名度も一段高まったと感激。

 

2019.05.06/三村申吾後援会事務所開き及び総決起大会

三村申吾後援会事務所開き及び総決起大会。

青森市第二問屋町のゆうネットシティホールに全県域の国会議員・県議・市町村長等が集結。

私も妻と共に出席、市町村長を代表して玉串奉奠後、政治の師と仰ぐ三村申吾・三千代夫妻の想い溢れる決意表明を拝聴。

最後は来たる闘いに備えガンバローコール。

2019.05.01/令和元年5月1日婚姻届臨時窓口開設

令和元年5月1日婚姻届臨時窓口開設。

駅前庁舎1階に開設、記念取材に応じて下さった3組の御夫妻(斉藤練さん・佐々木美帆さん、齊藤拓さん・木浪華子さん、土田洋輔さん・高野裕子さん)から婚姻届を提出頂きました。

この他にも沢山の新婚カップルが訪れ、窓口職員総出で門出をお祝いしました。

 

2019.04.27/メーデー青森県中央祭典

メーデー青森県中央祭典。

第90回の記念開催、桜満開の合浦公園に内村隆志会長・山内裕幸事務局長はじめ連合青森の皆様が集合。

国民民主党田名部匡代代表、立憲民主党山内崇代表、社民党三上武志代表、民社協会一戸富美雄会長等も勢揃い。

参院選候補予定者の小田切達氏の演説も初めて伺いました。

2019.04.26/Dining Out Aomori-Asamushi with LEXUS開催記念表敬

Dining Out Aomori-Asamushi with LEXUS開催記念表敬。

7/6(土)7(日)東北初開催の期間限定プレミアムレストラン。

シェフに代官山abysse目黒浩太郎氏、ホストに東洋文化研究家アレックス・カー氏が登場、No.1のお持て成しを演出。

乞御期待!

 

 

2019.04.25/盛運輸サンドームネーミングライツ更新記念寄附贈呈式

盛運輸サンドームネーミングライツ更新記念寄附贈呈式。

令和4年迄の愛称継続と共に、18年前建設時以来更新できずにいた旧型トレーニング機器の全面更新費用1,000万円(!)を御寄贈頂きました。

8月下旬にはサンドームトレーニング室のマシンが最新機器にリニューアル。

皆様御期待ください!

2019.04.24/青森港国際クルーズターミナル供用開始式

青森港国際クルーズターミナル供用開始式。

昨春13万t級受入まで延伸された東北唯一の旅客船専用バース。泣き所だった『常設ターミナル』の整備が完了し、CIQ手続短縮や風雨に左右されない歓迎行事等、受入環境が大幅に改善。

記念写真は三村知事&アトラクションを務めた青森幼稚園のお友達と。

2019.04.20/青森春まつり開会式

青森春まつり開会式。

4/20(土)合浦公園、4/27(土)野木和公園で開会し5/6(月祝)迄。

合浦公園南門には『祝令和』のボンボリが並び、5/1(水)19時〜約100発の打上げ花火でお祝いも。

開会式では青森明の星短大付属幼稚園のお友達が手話付きで「小さな世界」を元気に合唱。

2019.04.18/青森県市長会総会

青森県市長会総会。

ホテルグランヒルみさわで開催、春の東北市長会への提出議案等の審議に加え、青森県から有賀玲子健康福祉部長が「地域共生社会」について講演。

6月ご勇退する種市一正三沢市長のお計らいで、米軍三沢基地も往訪しPaul D Kirmis副司令官を表敬、F16前で記念撮影。

 

2019.04.15/青森山田高校サッカー部黒田剛監督特別講演会

青森山田高校サッカー部黒田剛監督特別講演会

平安閣アネックスで開催、準決勝のPK戦前や決勝ロッカールームでの選手への声掛け等、V2達成の裏話等を境香織アナとのトークショー形式で披露。

主催者の(株)リンクモア船橋社長からの記念品、花束と共にV3を目指すカツサンド(勝三度)‥。

2019.04.12/ねぶた派遣事業に出陣する中型ねぶた下絵報告

ねぶた派遣事業に出陣する中型ねぶた下絵報告。

北村蓮明先生が6/1(土)2(日)福島市での東北絆まつりでの初陣に因み『勿来の関 八幡太郎義家』を題材に。

9/21(土)22(日)つがる市でのあおもり10市大祭典、10/26(土)27(日)東京都中野区での東北復興大祭典にも遠征予定。

2019.04.10/風しん緊急対策への財政要望

風しん緊急対策への財政要望。

自民党岸田政調会長へ、東北市長会長谷藤盛岡市長・長尾平川市長・土田東根市長・上田花巻市長・菊地岩沼市長・菅原茂気仙沼市長、江渡代議士・津島代議士と往訪。

昨日と違い党部会でも議論する等暖かいコメント。

やはり現場の声を拾って頂けるのは政治の役割と実感。

2019.04.08/青森市民病院中央待合ホールねぶた面寄贈感謝状贈呈式

青森市民病院中央待合ホールねぶた面寄贈感謝状贈呈式。

青森高校第37回生の50歳記念行事として、ねぶた師林広海さんが製作した源義経の面を御寄贈。

中央待合ホールは座席も濃茶→水色に模様替え、照明もLED化し明るくなりました。小児科待合室のキッズルームも改修、更に明るい市民病院に。

2019.04.01/新採用職員辞令交付式

新採用職員辞令交付式。

『令和』初年度の新入職員60名を代表、税務部納税支援課・佐藤綾美主事から地方公務員法第31条に基づく服務の宣誓。

私から青森市職員の基本姿勢、①部局間連携に意を配る事、②市民の皆様の声に耳を傾ける事、③常に業務カイゼンに挑戦する事(連携・傾聴・挑戦)を訓示。

2019.03.31/全国小中学生ねぶた下絵コンクール最優秀賞下絵ねぶた完成除幕式

全国小中学生ねぶた下絵コンクール最優秀賞下絵ねぶた完成除幕式。

小学生部門最優秀賞、青森市浜田小5年・横山加奈さんの『心おどる』が中型ねぶたに、中学生部門最優秀賞、むつ市大湊中3年・真勢孝哉君の『津軽為信 六羽川の戦い』がミニねぶたに。

2人の力作はワラッセで展示、是非ご覧下さい!

2019.03.28/八甲田・十和田ゴールドライン貫通式

八甲田・十和田ゴールドライン貫通式。

毎冬雪に閉ざされる酸ヶ湯-谷地間8kmがいよいよ4/1開通。

会場の笠松峠は猛吹雪の中、7m以上の雪の壁を前に伝統の『八甲田除雪隊の歌』を青山副知事と共に熱唱し万歳三唱。

開通前の3/30(土)31(日)には「雪の回廊と温泉ウオーク」体験も!

2019.03.27/新入学児童交通安全用品贈呈式

新入学児童交通安全用品贈呈式。
青森市の春の恒例行事、約2,000名の新1年生を代表し15名のお友達に、今年も黄色い帽子を贈呈。
市内金融・保険会社や交通安全母の会の皆様などから御寄贈頂いたランドセルカバー・黄色いワッペン等もお渡しし、子ども達から大きな声で御礼の挨拶がありました。

2019.03.25/多言語バス停標識オープンセレモニー

多言語バス停標識オープンセレモニー。
青森駅前や市内観光地等22ヶ所に英中(簡・繁)韓4ヶ国語表記のバス停を新設。
今後も旧式バス停を順次更新、街の景観向上にも貢献。併せて市内在住の国際交流員等6名をインバウンドバスモニターに任命、写真はアイルランド出身イファ・カドーガンさんと。

2019.03.24/スポーツコミッション青森設立記念フォーラム

スポーツコミッション青森設立記念フォーラム。
日本スポーツツーリズム推進機構原田宗彦会長が基調講演の後、青森山田高校サッカー部黒田剛監督・スポーツ庁福本浩一企画官・浅虫温泉観光協会中村彰利会長と豪華パネラーで討論。
2020東京五輪・2025青森国体へスポーツで青森を盛り上げます!

2019.03.23/日本建築士会連合会

日本建築士会連合会東北ブロック会青年建築士会連絡協議会。
第9回東北ブロック青年大会として青森県初開催、『東北ブロック青年建築士へのメッセージ~青森市のまちづくりを通じて~』と題し基調講演を担当。
懇親会はりんご娘&ばーんの豪華Wゲスト、建築士オリジナル体操を全員で踊って記念写真。

2019.03.20/青森市職員表彰式

青森市職員表彰式(チャレンジスピリット・オブ・ザ・イヤー)。
今年の部長賞51名の内特に顕著な功績をあげた交通部三浦公貴さん、市民税課舘山太一さん、情報政策課野澤聡史さん、人事課富岡幸さん、浪岡事務所鈴木雅俊さんの5名を表彰。
業務カイゼンへの挑戦に直筆メッセージカードを添え感謝。

2019.03.20/リーガルウェディングセレモニー

リーガルウェディングセレモニー。
外国人カップルが、新婚旅行を兼ねて日本で結婚式を挙げ、婚姻届を提出する東北初の取組。
香港から訪れ青森市で挙式した郭偉賢さん・楊慧芝さんに『婚姻届受理証明書』を贈呈。
新婚のお二人から「思い出の地として四季折々来青したい」と感激のコメント。

2019.03.16/青森公立大学学位授与式

青森公立大学学位授与式。
伝統のガウンを纏った卒業生・大学院修了生308名へ、香取薫学長から学位記を授与。
学長賞を受賞した須藤さやかさんが、ご実家平内町からの通学を支えてくれた御家族へ感謝を込めた心暖まる総代挨拶。
最後は本学のシンボル、詩人アダム・ミキェヴィッチ像前での記念写真。

2019.03.12/Bリーグクラブライセンス交付決定

Bリーグクラブライセンス交付決定記者会見。
都内での理事会後、青森ワッツにもB2ライセンスが無事交付。
会見した大河正明チェアマンから「青森市が2019着工、2024竣工予定の新設アリーナ計画を持ち、確からしさを確認できたのでB2ライセンスを交付した」とのコメントを頂きました。

2019.03.01/Jリーグ百年構想クラブ認定報告

ラインメール青森『Jリーグ百年構想クラブ』認定報告。
榊美樹社長・井上晴雄チーフマネージャーが青森市サッカー協会里村英博会長と共に喜びの報告。
3/17(日)開幕は宮崎県でのアウェー戦、ホーム初戦は4/7(日)13:00青森県総合運動公園vs奈良クラブ。
皆さん応援にお越しください!

2019.02.27/青森市議会一般質問

青森市議会一般質問。
青森県と協議中の操車場跡地利用計画案について、2/25付で県有地に関連し今後も連携する事に異存ない等の回答を頂き、今後修正意見を反映の上計画を決定する旨答弁。
共産党藤原浩平団長から「新駅設置は長年の市民の願いであり何とかすべき」との賛成討論があり少々驚き。

2019.02.26/ABホテル事業提案

新青森駅東口(石江地区保留地)に、ABホテル(株)様(本社:愛知県)から事業提案があり、売買契約締結を発表。

8階建131室のホテルを今年10月着工、来年秋開業との事。
新青森駅前18区画は、ここ3年毎年売却が続き残り3区画。東横インも来年1月開業予定、新幹線の玄関口が一層賑やかに。

2019.02.24/スポーツ医科学講座

スポーツ医科学講座。
今年は豪華講師陣、食育愛情料理家なぎさなおこ様・AKcompany栄養士佐藤由衣様・BLUE TOKYO春日克之様・青森山田高校新体操部総監督荒川栄様に加え、サプライズゲストにEXILE TETSUYAさんが登場!『食育とスポーツ』をテーマに充実の講演に。

2019.02.22/青森山田高サッカー部優勝祝賀会

青森山田高校サッカー部全国高校サッカー選手権大会優勝祝賀会。
『雪が選手を鍛えた』と勝因を語り青森市民県民を勇気づけて下さる黒田監督、新町通りでの優勝パレードに吹雪の中参加して下さった選手へ御礼の辞。
優勝トロフィーの横に市長特別賞の盾も飾って頂いた青森山田学園様の御配慮にも感謝。

2019.02.21/青森市議会提出議案説明

第1回青森市議会提出議案説明。
『現状満足は衰退のみである。変化は脅威ではなくチャンスである。』創業拠点開設式で講師の(株)SOU嵜本晋輔社長が語った言葉を引用。
市長就任以来の負の遺産を一掃し、青森市が前に動き出す姿を実感頂ける新年度予算を上程、市政発展に果敢に挑戦する事を宣言。

2019.02.21/三村知事への広域連携報告

三村県知事への広域連携事業報告。
沿岸8市町村による広域連携協議会の設立と、シンガポールでの販路開拓事業の成果を報告。
来年度は(株)JR東日本の海外拠点「JAPAN RAIL CAFE」と連動したプロモーションを実施予定、3県民局を跨ぐプロジェクト故、一層の連携協力を依頼。

2019.02.19/風しん対策財政措置要望

昨年末根本厚労大臣が発表『風しんに関する追加的対策』につき、予防接種が全額市町村負担ではとても対応できない旨、東北全市に加え全国市長会にも賛同頂き代表して要望。
新谷厚労政務官に対し、東北市長会副会長高橋北上市長・高松本宮市長、公明党若松参院議員・自民党津島衆院議員と共に強く意見。

2019.02.16/雪女コンテスト

第8回雪女コンテスト・津軽伝説。
浪岡中世の館で開催、子どもの部3組・大人の部6組が最初から熱演。
豪華スペシャルゲストりんご娘王林さん・彩香さんに舞台前挨拶、伝説のプロデューサー(有)リンゴミュージック樋川社長にもお会いでき感激、気さくに記念写真に応じて頂きハッピィポーズ^ ^

2019.02.15/除排雪経費等要望活動

除排雪経費等に係る要望活動。
国交省の森事務次官、総務省の安田事務次官等に対し、三村知事・関町村会長・県道路課坂上技師・齋藤技師等と往訪。
青森市も今冬最深97cmの積雪を踏まえ、1mの設置基準を前倒し2年連続の豪雪対策本部開設を余儀なくされる等、厳しい現状を報告し財政支援を要請。

2019.02.11/BLUE冬大祭

BLUE冬大祭青森公演。
青森の四季に乗せてBLUE TOKYOが熱演、中田監督・荒川監督の指導が行き届いた一糸乱れぬ演技。
第1部の坂本サトルさんのデビュー曲披露、かすみさんの津軽民謡絶唱、葛西頼之さんの流石のバチ捌き、今千里さんが早替り熱演等、豪華共演陣も圧巻の見応え。

2019.02.06/ヘルステック健康まちづくり協定

ヘルステックを核とした健康まちづくり連携協定。
2020年浪岡病院建替を機に、世界的な医療機器メーカー(株)フィリップス・ジャパン様があおもりヘルステックセンターを設置。
ホームケアやe-ICU等を通じ、浪岡を最先端医療技術を提供するモデル地区にとの堤浩幸社長の夢のあるお話に興奮。

2019.02.04/Japan Startup Selection

Japan Startup Selection。
スタートアップ都市推進協議会が東京駅前で主催。

①高島福岡市長×五十嵐つくば市長×(株)ima三浦CEO、②崎田日南市長×日経BP伊藤所長×私がセッション。

起業支援の先輩でもある参加8自治体に負けられない!と刺激を受ける会合でした。

2019.02.03/ABC-GATE2019

ABC-GATE 2019。
今年初開催、青森市内7大学・専門学校+函館大学による学生ビジネスアイデアコンテスト。

県立保健大学「おかず味噌汁自販機」がお芝居も交えた楽しいプレゼンでグランプリを獲得。

キューティブロンズの軽快な司会進行にも支えられ、学園祭のような夢のあるイベントに。

2019.02.02/青森冬まつり開会式

第41回青森冬まつり開会式。
大型すべり台製作の陸上自衛隊第5普通科連隊のご協力に感謝の辞。

奥内保育園のお友達に滑り初めして頂きました。

人気の乗馬体験や棒パン、焼き林檎等や、雪上をバナナボートで滑る新企画・スノーバナナ体験も。

2/3(日)迄青い海公園で開催、皆様お出かけ下さい!

2019.01.26/札幌中央卸売市場トップセールス

札幌市中央卸売市場での青森りんごトップセールス。
JA青森成田常務理事と共に札幌みらい中央青果(株)様を訪問、1箱10kg5,000円を超えるご祝儀相場に感謝!児童養護施設興正学園様へりんご寄贈の後、札幌駅前ホクレンショップグリーンコートエスタ店で店頭販売も飛ぶように売れました!

2019.01.24/青森市文化・スポーツ賞表彰式

青森市文化賞・スポーツ賞表彰式。
国際大会等で優秀な成績を収めた文化部門30名5団体、スポーツ部門111名18団体が受賞。

昨年10月東京国際音楽コンクール優勝、青森ジュニアオーケストラ→青森東高→東京藝大→現在ベルリンを舞台に活躍する女性指揮者、沖澤のどかさんに帰青頂き代表謝辞。

2019.01.22/青森山田高校優勝セレモニー

青森山田高校サッカー部優勝セレモニー。
新町通り約300mをパレードの後、駅前庁舎5階ホールで市長特別賞を授与。

黒田監督の『雪が選手を鍛えてくれた』との挨拶に感激。

エスコートキッズを務めた古川小学校の皆さんが花束贈呈後、質問タイムでは小松慧選手からファイアーの雄叫びも頂きました!

2019.01.19/ふるさと祭り東京2019青森ナイト

ふるさと祭り東京2019青森ナイト。
津軽三味線バンド輝&輝で開幕、男子新体操集団BLUE TOKYOが秋の紅葉、福浦光洋さん&珠木美甫さんが冬のシャンソン、青森市ご当地ユニットGMUが春の息吹、京野和鴻さんがねぶた絵生製作ライブと豪華演出が続き、青森の熱い夏を彩るねぶた運行で大団円。

2019.01.18/イオン琉球青森県フェア

イオン琉球青森県フェア・メディアキャラバン。

第12回を重ね沖縄の皆様が待ち焦がれる冬の風物詩。

昨年同様三村知事・ミスりんご相馬さん・ミスクリーンライス立崎さん&赤石さんと、浪岡リンゴや陸奥湾ホタテ、青天の霹靂をPR。

写真はラジオ沖縄『ティーサージPARADISE』真栄平仁DJと。

2019.01.17/除雪費特別交付税要望

除雪費に対する特別交付税要望。
1/11現在の累計降雪量291cmと昨冬の記録に迫り、2月の本格降雪を前に早期の支援要望。

鈴木淳司総務副大臣にアポ頂いたところ、石田真敏総務大臣にも急遽面会が実現、同席頂いた小川大臣付参事官と奥田・山本秘書官、小川青森市財政部長と共に記録写真。

2019.01.14/全国高校サッカー選手権決勝

全国高校サッカー選手権決勝。
青森山田学園から御招待頂き急遽応援に。

流経大柏がCKから先制も、檀崎選手が同点&勝越弾、小松選手が炎のダメ押し弾と王者の貫禄すら漂う3-1の完勝。

私にとっても市長就任1年目の全国制覇に引き続く優勝劇再現を目前に感激。

黒田監督V2おめでとうございます!

2019.01.13/青森市成人式

青森市成人式。
新成人2,572名代表が選んだテーマは『Re:start』。

私は毎年祝辞の中で自分が20歳のとき時間は無限と誤解し就活も真面に行わず留年した失敗談を話します。

就活中でも既に社会人でも成年としてのRe:startは同じ。社会で働く事に真剣に向き合ってほしいとエール。

2019.01.12/イオンモール熱田「青森県フェア」

イオンモール熱田「青森県フェア」。

三村申吾県知事・三上むつ市経済部長・成田鶴田町副町長、青森市ご当地アイドルGMUと並び、新ロゴ『幸たっぷりと青森市』と共に浪岡リンゴや陸奥湾ホタテを全力推し。

5年前の愛知県庁勤務時代、家族で通ったショッピングモールでの青森市PRに少々感慨。

2019.01.09/Carnival Asia社訪問

Carnival Asia社訪問。
今春青森港に初寄港する「クイーンエリザベスⅡ」等の親会社。

面談頂いたPaul Chong Vice Presidentより「私も家族で青森港を訪れたくなる程魅力的なプレゼンに感激。上海航路の延伸へぜひ青森港を視野に入れたい」と最上級のコメント!

2019.01.05/中央卸売市場初せり式

青森市中央卸売市場初せり式。
市場らしく朝5:00水産卸売場、6:15青果卸売場で開催。

早速初せりに掛けた野菜大宝船3艘が20~25万円、果物小宝船3艘が8~12万円と御祝儀相場の大商い。

豊洲市場での大間マグロ3億3,360万円には及びませんが、五穀豊穣を願う景気の良い船出に。

2019.01.04/平成31年新年祝賀会

平成31年新年祝賀会。
青森市・青森商工会議所・青森市浪岡商工会の共催、今年も800名以上の出席者で賑やかに開催。
年末発表された2件の再開発事業はじめ青森市に明るいニュースが続く事への謝意と、亥年らしく勇往邁進する誓いを御挨拶の後、新年らしく三村申吾知事はじめ来賓の方々と鏡割り。

2019.01.01/年賀郵便元旦出発式

平成31年年賀郵便元旦出発式。
新春に相応しい元朝の公務。212.2万通の年賀状を届ける皆さんに、滑りやすい雪道ゆえ、猪突猛進しないよう安全運転での配達をお願いしました。
なお、私は公職選挙法147条の2の規定により、選挙区内に年賀状を送る事ができません。欠礼の程御容赦下さい。

2018.12.31/八甲田丸2019カウントダウンイベント

八甲田丸2019カウントダウンイベント。
港町青森が誇る八甲田丸の汽笛と丸山花火師の美しい花火で新年を迎えた後、あおもりみなとクラブ渡部理事長・細川副理事長と共に、蔦温泉ペア宿泊券等の抽選券が当たる餅撒き。新年らしい華やかな幕開けに。
今年も青森市を応援宜しくお願い致します!

201812.27/青森市総合計画前期基本計画

青森市総合計画前期基本計画答申。
昨日の市議会で、10年後の青森市の将来を見据えた「基本構想」が全会一致で可決された事を踏まえ、向こう5年間の具体的な取組を示す「前期基本計画」を香取薫審議会会長(青森公立大学学長)より答申。
『市民一人ひとりが挑戦する街』実現への海図創りに謝意。

2018.12.22/むつ湾広域連携協議会

むつ湾広域連携協議会。
陸奥湾岸8市町村・商工会・NPOや国県関係機関をメンバーに、環境・産業・観光面等の連携深化に挑戦する県内初の組織。
青森市を会長に推挙頂き、今後中枢中核都市の指定により想定される支援措置等を活用し地域を牽引する意気込みを表明。
最後は全員でむつ湾(1)ポーズ

2018.12.16/ダンボリアン

ダンボールコスプレの祭典『ダンボリアン』。
青森産業会館で初開催、ダンボール製のリアルなメカゴジラやキングジョー等の展示や、ダンボール遊具広場も大賑わい。
ねぶた師北村麻子さんが審査委員長のコスプレコンテスト、ゴジラを出展し見事大賞に輝いた青森南中学校美術部の皆さんと記念撮影!

2018.12.15/『夢はここから♡生放送ハッピィ』出演

『夢はここから♡生放送ハッピィ』出演。

クリスマスマーケットPRに出演、チーズ当てクイズが押して最後は巻き巻きの大騒ぎ(笑)。記念写真は(後列)あべさん・藤原アナ・こさぶろうさん・スタイリスト福原君・ケーキ提供小野さん、(前列)中村アナ・ジョナゴールドさん・チーズ提供相澤さん。

2018.12.14/クリスマスマーケット点灯式

クリスマスマーケット点灯式。

ドイツ大使館ビショフ書記官から後援の御挨拶の後、高さ10mのモミの木にリンゴのオーナメントを飾る青森らしいツリーに点灯。今朝のABA『ハッピィ』でもばーんのお二人が生中継。毎日正午〜21時アスパムにて、12/25(火)迄開催。皆様お出かけください!

2018.12.12/ビジネスアイデアコンテスト公立大予選

ビジネスアイデアコンテスト公立大予選。

書類選考を突破した4組がプレゼン。ゼミで取組んできた『油川ジャズ飯』プロジェクトのビジネス化を発表したDチーム(沢田さん・佐藤さん・三浦さん他4名)が優勝、2/3(日)市内大学等対抗戦の代表に。最後は審査員の皆様も交え青森公立大のAポーズ。

 

2018.12.09/青森市民病院ウィンターコンサート

青森市民病院ウィンターコンサート。

半期毎の恒例イベント、初出演の成田祥耕青森市医師会長が三橋美智也さんの「古城」を唄い上げる等、熱演が続々。私もDA PUMP 『USA』で看護師さん達とコラボダンスに挑戦。共演した消化器内科和田先生とお揃いのX’mas マフラーは御愛嬌(笑)。

 

2018.12.05/青森市議会一般質問

青森市議会一般質問。

操車場跡地利用計画の県協議準備、「(仮称)手話言語の普及及び多様な意思疎通手段の促進に関する条例」制定、連携中枢都市圏の検討再開、空家等対策計画の策定等、9月議会後の市政の前進を答弁。任期も2年の折返点。負の遺産を一掃し、いよいよ市政の発展に挑戦します。

2018.12.01/イオンスタイル板橋「青森県フェア」

イオンスタイル板橋「青森県フェア」。

浪岡産林檎や青天の霹靂等を山積みし、佐々木青森県副知事・小山田十和田市長と共にトップセールス。青森市ステージでは地域活性化アイドルGMUが青森産品の新ロゴ『幸たっぷりと青森市』をPR、サンふじの食レポや新曲Cassis in Loveも披露!

 

2018.11.29/JR EAST STARTUP PROGRAM 2018

JR EAST STARTUP PROGRAM 2018。

新宿LUMINE0で開催、スタートアップ大賞が八甲田山頂にWi-Fiを設置するPicoCELA(株)様。青森市長賞がA-FACTORYの林檎搾かすから化粧品を生み出す(株)ファーメンステーション様。青森尽くしの受賞式に!

2018.11.27/青森駅周辺整備に関する要望活動

青森駅周辺整備に関する要望活動。

田中英之国土交通政務官に対し(左から)齋藤JR東日本盛岡支社企画部長・青山副知事・津島代議士・若井青森商工会議所会頭と共に訪問。国県市・会議所・JRが揃うこれまでにない官民揃い踏み。今年6月の連携協定締結の成果であり、相互信頼醸成の証と感銘。

2018.11.26/青森市民病院デジタルサイネージ開設セレモニー

青森市民病院デジタルサイネージ開設セレモニー。

全国初の医療機関デジタル検索付パネルを無償設置頂いた表示灯(株)・コセキ(株)様に感謝の弁。さらにH13以降手付かずだった特室(個室)設備もリニューアル。大型TV、空気清浄機、ネット環境等も新設。皆様の医療環境がまた一つ進化します。

2018.11.22/青森大学男子新体操部表敬

青森大学男子新体操部表敬。

8月高崎市での全日本学生選手権(インカレ)17連覇、10月千葉市での全日本選手権(ジャパン)5連覇の偉業を達成、木村雅大事務局長を先頭に凱旋。中田吉光監督の卓越した指導力の下、怪我も乗り越えチームワークで掴み取った勝利。記念写真も新体操らしいポーズで?

 

2018.11.18/あおもりコンピュータ・カレッジ30th Anniversary

あおもりコンピュータ・カレッジ30th Anniversary。

市内唯一の公的IT人材育成機関として30周年、記念トークショーにYouTuberのMasuoさんとPARASTICAさんをお呼びし会場は大興奮!推薦試験日は12/15(土)、IT大好き人材の進学お待ちしています‼︎

2018.11.17/青森市子ども会議フォーラム2018

青森市子ども会議フォーラム2018。

荒川市民センターで運動イベントを企画したり、海道蕎麦の試食会を開催したり、オススメカフェのパンフを自主製作したりと主体的な成果発表に、答弁する我々が感心。傍聴席迄沢山のお客様の中、堂々と議長役を務めた濱田華音さん(青森中央高校1年)にも拍手。

2018.11.15/三村申吾県政を語る集い

三村申吾県政を語る集い。

トップセールス等を通じて青森PRを背中で学び、県都青森の街づくりはじめこれからも三村知事とスクラムを組んで前に進む青森をお届けしたい旨祝辞。御自身は知事選について触れない中「いざ鎌倉の時には皆様と共に総力でお支えしよう」と宣言、会場の皆様の心中を代弁。

2018.11.13/あおもり健康寿命延伸フェア2018

あおもり健康寿命延伸フェア2018。

「100日健康トライアル」賞品当選者・卒煙達成者の表彰式の後、リレートーク形式で①健診結果構造図による糖尿病予防、②市民病院へのがん診療支援室新設、③出張禁煙相談など今年度の新規事業をご紹介。浜田小・浪岡南小6年生による食育チャレンジ発表も。

 

2018.11.11/Umai!! Aomori Food Fair 2018

Umai!! Aomori Food Fair 2018。

シンガポールの日本食レストラン”SUN with MOON”で開催。宮下むつ市長が英語での挨拶、山崎外ヶ浜町長が三厩マグロの解体ショーを解説。私も先頭に立ってリンゴジュースやマグロ刺身を振舞い、むつ湾の食材の魅力をPR。

2018.11.07/青森駅自由通路・駅舎新設他工事安全祈願祭

青森駅自由通路・駅舎新設他工事安全祈願祭。

2年前の市長就任時、アウガ・市役所と共に緊急課題に掲げた青森駅周辺整備事業。紆余曲折を経て再構築したJR東日本・青森県との信頼関係が結実、1959年築と東北県庁市で最も老朽化した青森駅が、2020年度EV・エスカレーター完備の駅に再生。

 

2018.11.04/青森市長×山形市長 似たもん同志 トークセッション

青森市長×山形市長 似たもん同志 トークセッション。

佐藤孝弘山形市長とは同年齢(43)、大学も霞ヶ関勤務も共通する東北の県庁所在市長同士。境香織アナの軽快な進行で硬軟取り混ぜた楽しいセッションに。450名の御出席者からも、双方の人柄が分かり楽しい会合でしたとの感想を頂き感謝。

 

2018.11.01/青森地区合同国・県・市除雪機械出動式

青森地区合同国・県・市除雪機械出動式。

国土交通省東北地方整備局の青森東防災ステーションで開催。巖倉啓子青森河川国道事務所長・川村宏行青森県東青地域県民局地域整備部長と共に、除雪機械のキーを事業者代表に引き渡し。今年も国道・県道・市道で連携した除雪体制を構築できる事に感謝。

 

2018.10.30/あおもりスタートアップセミナー(あお☆)&地域クラウド交流会(ちいクラ)

あおもりスタートアップセミナー(あお☆)&地域クラウド交流会(ちいクラ)。

農音楽家Takuronさんのワクワクする講演の後、起業家5名×3分のピッチに応援投票、だしソムリエの奥村雅美さんが優勝。162名が参加し賑やかな交流会に。東北初開催、サイボウズ様&みちのく銀行様に感謝!

 

2018.10.28/青森市議会議員選挙開票事務激励

青森市議会議員選挙開票事務激励。

早朝から投票事務に従事し深夜の開票に臨む職員を激励。開票結果は現職29名・元職2名・後継候補3名が当選、議会構成は従前と変わらない結果に。唯一新人で28歳、選挙公報によると『議員報酬削減』を第一公約に掲げた方が当選。今後の論戦に上るのでしょうか。

2018.10.27/青森市議会議員選挙最終日

青森市議会議員選挙最終日。

今回の争点は『青森を2年前に戻すのか、さらに前に進むのか』。2年前10階建100億円の市役所を目指した会派が市民体育館の建築財源を批判する一方、恒久財源の充て無くバラマキを主張する矛盾。津軽の足引張りではなく前向きに進む議員を見定めて下さいと応援演説。

 

2018.10.24/手話言語フォーラムinあおもり

手話言語フォーラムinあおもり。

当フォーラムでの発表へ向け以前から準備を進めてきた『(仮称)青森市手話言語の普及及び多様な意思疎通の促進に関する条例』の制定を宣言。コミュニケーション型条例は県内及び東北市町村では初との事。先進自治体である平井鳥取県知事や高樋黒石市長の御講演も。

 

2018.10.21/青森市議会議員選挙告示日

青森市議会議員選挙告示日。

争点は『青森市を2年前に戻すのか、さらに前に進むのか』。アウガ・市役所・駅周辺整備・低炭素モデルタウン、2年前何一つ進められなかった反省も無く選挙目当てのバラマキを唱える議員か、建設的に議論し青森市を前向きに牽引する議員か、見定めて頂きたいと応援演説。

2018.10.19/中核市市長会議

中核市市長会議。

当初倉敷市で開催予定も、西日本豪雨被害のため東京で代替開催。「スポーツを核としたまちづくり」はじめ4提言を満場一致で採択。2019年度の長野市開催と共に、2020年度にはぜひ復興した姿をお見せしたいとの伊東香織倉敷市長の強い意思表明を受け、倉敷開催を拍手で決定。

2018.10.17/第173東北市長会総会

第173東北市長会総会。

宮城県石巻市で開催、東北市長会会長が郡仙台市長から谷藤盛岡市長へ交替。任期は2020年4月迄。併せて東日本大震災で約4,000人の死者・行方不明者のあった石巻市、亀山紘市長自ら解説し復興工事の現場を視察。東北の一員として決してあの日を忘れないと再認識。

2018.10.13/青森市総合防災訓練

青森市総合防災訓練。

本庁舎に災害対策本部設置後、直ちに浪打中学校に現地本部を設置する等、実際に近づくよう工夫。ダンボールベッド作成等避難所を快適にする為の訓練も。青森海上保安部による堤川河口での水難救助や、陸上自衛隊第9飛行隊ヘリによる浪中屋上からのロープ救出は迫力ある訓練に。

2018.10.11/全国都市問題会議

全国都市問題会議。

新潟県長岡市のアオーレ長岡で開催、設計者の世界的建築家隈研吾氏や、発注者の森民夫前市長等による講演。確かに美しい建物ですが、青森市より少ない人口(27.0万人)ながら観客席は3階建で約5,300席、建設費は約131億円…。身の丈に応じた規模が大切と改めて実感。

 

2018.10.09/青森市市制施行120周年記念式典

青森市市制施行120周年記念式典。

三村知事・工藤函館市長等820名の臨席を賜り市政貢献者72名を表彰、ボランティア活動で受賞の青森西高校3年小林聖菜さんから代表謝辞。南中・沖館中合唱部や陸上自衛隊第9音楽隊、BLUE TOKYO、佐藤竹善様が演奏で華を添えて頂き感慨深い式典に。

2018.10.05/タジキスタンとの事前合宿等実施覚書締結

タジキスタンとの事前合宿等実施覚書締結。

訪日中のラフモン大統領と安倍首相の首脳会談に併せてという外務省・大使館等の御配意で、最上級の立会人を得てソヒボフ五輪委副委員長と協定。ハンマー投げや柔道等で五輪出場が期待される同国。折しも今日が誕生日の大統領から最高の記念日とのコメント。

2018.10.01/青森市民病院がん診療支援室開設式

青森市民病院がん診療支援室開設式。

2階西棟(化学療法室向かい)にがん情報支援ルームと相談支援ルームを設け、緩和ケアや疼痛看護等の認定看護師を配置。5階西棟には医療従事者用ラウンジ、1階には外ケ浜LC様から御寄贈のデジタルサイネージも配置。市民病院の医療体制がまた一歩前進します。

2018.09.30/青森市総合計画基本構想答申

青森市総合計画基本構想答申。

香取審議会長(青森公立大学長)より、直面する人口減少等の諸課題に対し、県都・港町としての発展の経緯や豊かな地域資源を活かして『市民一人ひとりが挑戦する街』を目指そうとの力強い答申を頂きました。今後地域での説明会等を経て市議会に諮り計画策定を進めます。

 

2018.09.29/青森ワッツ開幕戦

青森ワッツ開幕戦。

観客と選手の距離が近いカクスタ、初開催に感無量の挨拶。始球式(フリースロー)はリングに当たっただけ去年より進歩(笑)。試合は67-81と敗れましたが、昨年度中地区1位のFE名古屋相手に粘りを見せました。立見も出る1,552名のお客様、ご来場有難うございました!

2018.09.25/東京オリンピック聖火リレー青森県実行委員会設立総会

東京オリンピック聖火リレー青森県実行委員会設立総会。

2020年6月11日(木)・12日(金)の青森県通過ルート決定や聖火到着を祝うセレモニー等の準備を担う会合。より多くの人が観られる事、五輪ゆかりの場所を選定する事等ルート選定の基本的考え方が示され、12月中旬決定を目指します。

 

2018.09.23/あおもり10市大祭典お祭りパレード

あおもり10市大祭典お祭りパレード。

大トリは青森ねぶた、青森青年会議所『永遠の安寧 善知鳥・安潟』が出陣、囃子や引手も務めて下さいました。跳人も跳龍会や青森工業高校、市民の皆様も多数参加に加え、県内や首都圏、海外からも。2日間約25万人の御来場に感謝、来年はつがる市で開催です!

2018.09.22/あおもり10市大祭典inAomori

あおもり10市大祭典inAomori。

市長・副市長や三村知事も臨席の開幕式典で、青森市の新ゆるキャラ『セイラ』がサプライズデビュー。横付けするナッチャンWorlld船内での海のA-LINEも朝から大行列。今日9/22(日)も新中央埠頭で開催、10市お祭りパレードは14時から!

2018.09.21/7月豪雨被災自治体派遣職員出発式

7月豪雨被災自治体派遣職員出発式。

水道部金崎憲一主査を技術職の派遣要請があった岡山県倉敷市へ来年3月末迄長期派遣。青森市では北海道の避難所運営支援にも延7名(榊・柳谷保健師、種市副参事、天坂・鈴木主幹、八木澤主査、小野主事)を派遣。被災地支援に手を挙げてくれる職員の存在に感謝。

2018.09.18/ワッツカフェin駅前スクエア

ワッツカフェin駅前スクエア。

9/29(土)・30(日)カクヒロスタジアム初の開幕戦PRと「がん征圧月間キャンペーン」のコラボ企画。カフェを楽しみながら、がんリスクチェックや肺機能検査ができます。北谷監督・野里選手・橋本選手と一緒に『Go!Go!ワッツ!Go!Go!検診!』

 

2018.09.15/あおもりバル街

あおもりバル街。

新規12店を含む62店自慢のメニューを梯子できる秋の恒例イベント。特設会場の新町キューブではスペシャルライブ、私も大トリFUMIYAさんのDA PUMP『U.S.A.』に特別参加。盛上げに一役買えたかな?team FUMIYA&GMUの皆さん有難うございました!

2018.09.12/日本赤十字社青森県支部創立130周年青森県赤十字大会

日本赤十字社青森県支部創立130周年青森県赤十字大会。

名誉副総裁秋篠宮妃紀子様のご臨席を仰ぎ開催。これに先立つ御歓迎昼食会では、三村知事と共に妃殿下と御席を御一緒し、青森の食材を話題に気さくにお話し頂き感激。なお警備上会場では撮影できず、写真はホテル青森にて昼食会御迎えの様子。

 

2018.09.12/緊急消防援助隊活動終了報告

緊急消防援助隊活動終了報告。

北海道胆振東部地震で救助活動にあたった青森出動本部出動部隊、述べ14隊52名を代表し長谷川大隊長より帰還報告。9/6(木)発災日直ちに出動、厚真町幌内地区で要救助者の救出・救急搬送等にあたり、昨日21:00帰庁。被災地での献身的な活動を労いました。

 

2018.09.10/JR東日本本社要望活動

JR東日本本社要望活動。

三村知事・成田県議・商工会議所櫻庭専務と共に往訪、深澤社長自ら要望に耳を傾けて頂く厚遇に感謝。6月の県・市・商工会議所・JR東日本4者協定、7月の自由通路工事協定など着実な進捗を報告、深澤社長も自ら経緯よく御存知であり、今後更に連携を深めたい旨コメント。

 

2018.09.09/縄文シティサミットinきたあきた

縄文シティサミットinきたあきた。

平成10年度以来縄文遺跡を有する全国16都市が集う会議。今年は世界文化遺産推薦候補『伊勢堂岱遺跡』有する北秋田市で開催。小林達雄國學院大學名誉教授と秋田出身の現代アーティスト鴻池朋子さんの記念対談の後、パネラーとして三内丸山・小牧野遺跡をPR。

 

2018.09.03/こども食育レッスン1・2・3♪事業

こども食育レッスン1・2・3♪事業。

短命市返上の為、市内全てのこども園での食育を目指す新事業。初年度は20園で実施予定も希望が多く27園に。食生活改善推進員の皆様が食材バランスについて講習後、赤黄緑の食材で「おにぎらず」を作りました。回数を重ねより判り易いレッスンを目指します。

2018.09.02/第26回青森県民駅伝競争大会青森市代表チーム激励

第26回青森県民駅伝競争大会青森市代表チーム激励。

区間賞経験者の木浪浩選手・敦賀優雅選手・神直之選手はじめ秋元良幸監督からも6年ぶりの優勝を目指せる力の揃ったチームとの評価。八戸市・むつ市に次ぐ第3位に終わりましたが、地元青森市代表の誇りを胸に、最後まで強豪に食い下がりました。

2018.08.29/青森市議会開会

青森市議会開会。

開会に際し西日本豪雨犠牲者の御霊へ黙祷。10月末に市議選を控え、最後の定例会として論戦を交わします。現職市議の任期は4年、前半2年と後半2年で市政の景色は大きく変わりました。『2年前に針を戻さず、更に前へ進める』方々と共に、スクラムを組んで市政を前に進めます。

2018.08.24/全国自治体政策研究交流会議青森大会

全国自治体政策研究交流会議青森大会。

『しごと創りへの挑戦』をテーマに西村幸夫自治体学会理事長、内海弘次(株)内海青果社長、木村尚子mizuiro(株)社長、大崎陽一あおビジプランナーとパネルディスカッション。商都青森らしく新ビジネス挑戦支援で人口減少に対抗している事を全国発信。

2018.08.23/青森市新ビジネスチャレンジャー認定式

青森市新ビジネスチャレンジャー認定式。

新事業に挑戦する(有)テック様、(株)小倉内装様、(株)佐々木建設工業様、アップルビジョン(株)様。引続きブランドプロデューサー藤代典子様他本市女性起業家によるセミナーも開催。AOMORI STARTUP CENTERは次々挑戦を続けます!

2018.08.21/東横イン(仮称)新青森駅前ビル新築工事地鎮祭

東横イン(仮称)新青森駅前ビル新築工事地鎮祭。

今年1月売買契約後の設計が終了、本日より工事開始。2020年1月には14階246室のホテルが竣工、新青森駅東口に待望のビジネス・観光拠点が誕生します。写真はパルハウス(株)手塚社長・(株)東横イン渡辺会長はじめ関係各位と共に。

2018.08.20/市営バス乗車券NTT青森支店前発売所オープニングセレモニー

市営バス乗車券NTT青森支店前発売所オープニングセレモニー。

老朽化の進んだ市役所前発売所と堤橋発売所を統合、国道と観光通が交差し利便性の高い橋本交差点前に新設。営業時間も朝9時→7時半からに延長。井沢NTT東日本青森支店長・白鳥橋本町会長他、ご協力頂いた皆様と共にテープカット。

2018.08.12/青森高校同窓会

青森高校同窓会。

幹事学年は44回生。私も青森市長である前に44回生たれという事で、幹事の1人として総合司会を務めました。お陰様でYMCA・盆踊り・応援団と数々の企画も盛況のうちに、44回生村上代表から45回生唐牛代表へ無事引継げました。参加頂いた800名もの同窓の皆様に感謝。

2018.08.10/夏期巡回ラジオ体操・みんなの体操会

夏期巡回ラジオ体操・みんなの体操会。

20年ぶりの青森市開催、新城中央小に約1,000名の皆さんが集合。ラジオ体操講師多胡肇さんの滑らかな模範演技で第1・第2体操の後、宮川香織アナと元気にあっぷる体操。今日の模様は8/24(金)18:10〜NHKあっぷるワイドで放送との事。

 

2018.08.07/青函ツインシティ祭交流いか踊り・ねぶた運行

青函ツインシティ祭交流いか踊り・ねぶた運行。

ねぶた祭といか踊りが隔年で交互に参加、今年も約170名もの函館市民の皆さんが黄色い法被でいか踊りを披露。片岡函館市副市長と共に青函役員団でいか踊りパレードを引率しました。風雨や涼しさもあった今年のねぶた祭も、七日日は晴天で終幕です。

2018.08.06/青森ねぶた祭表彰式

青森ねぶた祭表彰式。

ねぶた大賞は青森菱友会『岩木川龍王と武田定清』(竹浪比呂央作)。中泊町の治水伝説を描き、西日本豪雨被災地の安寧を願う受賞となりました。知事賞は花弁舞うNTT『西王母の祝福』(北村春一作)。私は市長賞をあおもり市民ねぶた『入雲龍公孫勝』(北村麻子作)へ贈呈。

 

2018.08.04/青森市役所ねぶた実行委員会集合写真撮影

青森市役所ねぶた実行委員会集合写真撮影。

8/2より開催の青森ねぶた祭。市役所ねぶたは出陣60周年の節目を迎え、実行委から表彰頂きました。今年の題材は京野和鴻先生製作の『西遊記・天竺への道』。ねぶた祭の源流は慰霊の灯籠流し、西日本豪雨災害等の犠牲者への鎮魂の想いも込め出陣します。

 

 

2018.08.03/奥瀬家一族・森山弥七郎翁墓前祭

奥瀬家一族・森山弥七郎翁墓前祭。

油川は奥瀬家が油川城を構えた中世から続く湊町。また津軽藩開港奉行森山弥七郎翁は、善知鳥村に新たに青森港を築き、津軽藩最大の港として栄えました。油川連合町会の皆様が毎年墓前祭を開催し、青森港始祖の遺徳を偲んでいる事に感謝し、追悼の祭詞を述べました。

2018.08.01/浅虫温泉花火大会

浅虫温泉花火大会。

第70回を迎える伝統の花火大会。開会挨拶では今年もマリンスポーツや8/25(土)開催海と魚の祭典トトタベローネ等、今年の浅虫の挑戦を御紹介。最後は会場の皆様とカウントダウン。「3,2,1,0」の声と共に、青森の夏祭りシーズンの火蓋を切る花火が打ち上がりました!

 

2018.07.30/東日本旅客鉄道(株)盛岡支社への合同要望

東日本旅客鉄道(株)盛岡支社への合同要望。

佐々木青森県副知事・成田県議会特別委員長等と共に、更なる誘客促進等を要望。新任の石田亨盛岡支社長とも直ちにお会いでき、青森駅周辺整備の目覚ましい進捗に感謝を申し上げつつ、今後のまちづくりへJR東日本との連携の重要性を改めて実感。

 

2018.07.28/青森市平和記念式典

青森市平和記念式典。

昭和20年7月28日、青森市は米軍爆撃機B29の焼夷弾により、市街の殆どが焼き尽くされ、1,000人を超える市民が犠牲になりました。南中合唱部の追悼合唱、浦町中の平和学習発表、戦争や平和関連作品の朗読等を通じ、二度と戦争の惨禍を繰り返さない事を誓いました。

2018.07.26/第1回スタートアップ支援セミナー(あお☆)

第1回スタートアップ支援セミナー(あお☆)。

講師は(株)SOU嵜本晋輔社長。ずばり『挑戦』と題し、Jリーグ戦力外通告から東証マザーズ上場を成し遂げた経験を基に「現状満足は衰退のみである」と力説。写真は青森商工会議所西副会頭との3者セッション。最高に説得力のあるセミナーでした。

2018.07.24/岡山県倉敷市への職員派遣出発式

岡山県倉敷市への職員派遣出発式。

中核市市長会からの派遣要請に基づき、計10名を8月30日迄交替で派遣。避難所運営や支援物資運搬等に従事します。倉敷は棟方志功画伯を支援した実業家大原總一郎氏の出身地。職員の皆さんの志願に感謝し、青森と縁の深い倉敷市民の支援に全力で取組むよう激励。

 

2018.07.18/スタートアップ推進連携協定締結式

スタートアップ推進連携協定締結式。

来週23日(月)開館する青森商工会議所1階へあおもり地域ビジネス交流センター移転にあたり協定を締結。早速7/26(木)15:30、東証マザーズ上場の若手起業家嵜本晋輔氏(36)を迎え『スタートアップセミナー(あお☆)』を開催。是非お越し下さい!

2018.07.17/東消防署原別分署開署式

東消防署原別分署開署式。

昭和48年建設の旧分署が老朽化著しい事等による改築が完了。鉄骨造2階建・延床面積728㎡、自家発電設備の強化や女性署員専用室を設置し、車椅子用スロープや多目的トイレも用意、地域の皆様が気軽に来庁頂ける施設に。写真は生憎の雨故、車庫内で披露の纏振り奉納。

2018.07.14/第49回浅虫ねぶた祭

第49回浅虫ねぶた祭。

浅虫子ども園や青森工業高校の生徒達、浅虫水族館や浅虫温泉病院のスタッフも参加し賑やかに運行。写真は浅虫温泉駅前、一列に並ぶ灯籠「雪だるまーる」とねぶたの灯による幻想的な夜景。今日7/15(日)と8/14(火)も開催、ぜひ浅虫温泉へお出かけ下さい!

 

2018.07.11/日本財団青パト贈呈式

日本財団青パト贈呈式。

地域防犯に積極的に取組む町会を代表し、(公社)日本財団が県内で初めて青色回転灯パトロールカー『青パト』を浜田ニュータウン町会に寄贈。加藤恒雄町会長・上田修青森警察署長と共に謝辞を述べた後、早速防犯パトロール隊が出発、浜田小学校の子ども達と一緒にお見送り。

2018.07.10/青森市災害支援連絡会議

青森市災害支援連絡会議。

今般の西日本での記録的豪雨で被災した方々に心からお見舞い申し上げます。中核市市長会から被災地への支援物資の照会の他、厚労省等を通じ保健師派遣や給水支援に関する打診もある事から、部局長からなる災害支援連絡体制を立上げ、支援要請に迅速に対応する事を確認。

 

 

2018.07.08/青森市民病院サマーフェスティバル

青森市民病院サマーフェスティバル。

夏冬恒例の行事も昨冬開催できず、1年ぶりのゲスト出演。唄はNHK朝ドラひよっこの主題歌、桑田佳祐『若い広場』。Key佐々木先生・Ba.田村先生・Dr.斎藤先生の軽快な演奏に乗り、Gt.藤田先生・Cho.千寛さんと♪肩寄せ合い声合わせて♪熱唱。

2018.07.05/ノーブル・カレドニア訪問

ノーブル・カレドニア訪問。

Paul Mildon配船計画・分析担当部長へ2019年5月カレドニアン・スカイ号寄港の御礼と、本年9月の青森招請事業への参加歓迎を伝達。4,200tの小型船ながら、文化巡礼に拘る超富裕層が乗船。ハンガリー・英国出張での数々の手応えを得て帰国します。

2018.07.04/キュナードライン・P&Oクルーズ訪問

キュナードライン・P&Oクルーズ訪問。

Steven Young副社長へ2019年5月・2020年4月クイーン・エリザベス号青森港寄港の御礼と、本年9月青森へ招請するTim Mathieson部長の歓迎を伝達。街に近い青森港の魅力をPRしたところ、配船追加の相談もあり好感触。

2018.07.02/ヨーロッパ未来国際青少年会議パフォーマンス

ヨーロッパ未来国際青少年会議パフォーマンス。

青森市の小中学生9名がねぶた囃子を披露。英語での跳人参加呼びかけも堂に入ったもの。私と通訳のMr.Kerenyiも会場下からラッセラの声掛けを応援。赤Tシャツを着たホームステイ先のケチケメートの友達も駆けつけ、盛り上がりも最高潮に。

2018.07.01/ハンガリー・ケチケメート市往訪

ハンガリー・ケチケメート市往訪。

平成6年友好交流協定を結んだ姉妹都市。交流25周年を記念し『ヨーロッパ未来国際青少年会議』に青森市の小中学生等15名を招待。先んじて市役所を表敬し議事堂で記念撮影、同い年の女性市長Ms.Klaudiaと25年前寄贈した青森市章盾を手に記念写真。

2018.06.30/小野寺晃彦市政報告会

小野寺晃彦市政報告会。

約1,100名もの出席を賜り、三村知事から激励の後、市政進展を報告。10/28市議選は任期2年目の私にとり「青森市を2年前に戻すのか、さらに前へ進むのか」を問う中間選挙。御臨席頂いた県議8名・市議27名とスクラムを組んで、市政を前に進める事を誓いました。

 

2018.06.28/青森地区国道協議会等4協議会春季合同要望活動(東京)

青森地区国道協議会等4協議会春季合同要望活動(東京)。

昨日仙台での活動に引続き、秋元司国土交通副大臣へ、津島・木村代議士とともに要望書を手交。秋元副大臣の地元・江東区の豊洲市場へ陸奥湾ホタテや深浦サーモン、大間マグロを届ける産業道路、津軽・上北・下北自動車道の早期整備等を要望。

2018.06.26/Umai!! Aomori Food Fair 共同会見

Umai!! Aomori Food Fair 共同会見。 11月シンガポールでのトップセールス。

陸奥湾岸8市町村が連携する「むつ脇野沢宣言」を早速実行に。宮下むつ市長・山崎外ヶ浜町長・オカムラ食品工業岡村社長・青銀鈴木課長・みち銀小島部長と声を合わせDon’t Miss It!

2018.06.23/2018第47回ミスねぶたコンテスト

2018第47回ミスねぶたコンテスト。

ミスねぶたグランプリに野里美央さん(明大・青森市)、ミスねぶたに萩野未悠さん(明の星短大・八戸市)と折舘早紀さん(劇団青年団・青森市)が戴冠。其々DJライセンスや英検2級、スキー1級の資格有りとの事、外国人観光客のおもてなしに心強い限り。

2018.06.22/『ねぶた学習帳』製作・販売表敬

『ねぶた学習帳』製作・販売表敬。

甲州屋内藤亘さんや成田本店成田和永さんはじめ、ねぶたを愛する皆様と5人のねぶた師(竹浪比呂央氏・手塚茂樹氏・北村春一氏・北村麻子氏・立田龍宝氏)がスクラムを組んで、ねぶた愛溢れる学習帳&シャーペンを開発。7月7日成田本店前で発売イベントも。

2018.06.20/平和・防災学習事業派遣者任命式

平和・防災学習事業派遣者任命式。

戦時の大空襲で1,000名以上の尊い命が失われた青森市同様、2度の艦砲射撃により約800名が、更に東日本大震災で再び約1,000名が犠牲となった岩手県釜石市。8月8日中学生8名を釜石市へ派遣、戦争と災害の共通点と相違点を現場で学んで下さいと委任。

2018.06.18/県・市長会・町村会重点施策提案活動

県・市長会・町村会重点施策提案活動。

①自民党岸田政調会長・国交省へH30期限の東北観光復興対策交付金の延長、②総務・財務省へ地財確保、③厚労省へ国保調整交付金の減額廃止、④環境省へ海岸漂着物対策、⑤まちひと本部へ広域連携支援、⑥農水省上月大臣政務官へ黒星病対策等を要望(写真)。

2018.06.17/青森市消防団合同観閲式

青森市消防団合同観閲式。

5/26就任した柳谷忠義連合新団長の下、人員服装点検、分列行進、車両点検、纏振り・梯子乗り・ポンブ操法や救助操法等一糸乱れず、練度の高さを披露。写真は和幸保育園幼年消防クラブと青森消防のゆるキャラ「あおしょうくん」。火の用心を大きな声で誓ってくれました。

 

2018.06.16/むつ湾フォーラムinむつ脇野沢

むつ湾フォーラムinむつ脇野沢。

脇野沢地域交流センターで開催。鯛島視察、海と森ふれあい体験館五十嵐健志館長の基調講演の後、沿岸市町村と圏域の環境・経済・観光団体が一体となって組織的に活動する『むつ脇野沢宣言』に署名。継続開催の為の協議会(愛称:スクラム1(湾))を立ち上げます。

2018.06.09/平山敦士さん総決起大会

平山敦士さん総決起大会。

五所川原中央青果に5,000名が集結!『あおもりの10年後への夢・思い・ビジョン』と題し、宮下宗一郎むつ市長(録画)・平山敦士さんとのパネルディスカッションに参加。青森市が津軽半島と下北半島の結節点となって、観光や産業をつなぎあいたいと夢を語りました。

 

2018.06.06/青森駅周辺のまちづくりに関する連携協定締結式

青森駅周辺のまちづくりに関する連携協定締結式。

自由通路等の実施設計が終了、32年度末供用開始予定を踏まえ、新たな街づくりを目指しキックオフ。調査費の削除、新駅前再開発の中断などで失いかけたJR東日本との信頼関係を復活し、県・商工会議所と共に再びスタートラインに立てる事に感謝。

 

2018.06.05/リンゴ園地視察

りんご園地視察。

5/28黒星病注意報発出を踏まえ、浪岡の間山直浩様の園地を訪ね、スピードスプレイヤーでの間断無い薬剤散布等の防除対策を視察。市でも講習会開催や6,000世帯へチラシを回覧する等蔓延防止に努めます。今年は雪解けが早く玉伸びが良いだけに、危機を乗越え大玉収穫を期待。

2018.06.02/東北絆まつり2018盛岡

東北絆まつり2018盛岡。

盛岡市役所を起点に1.2kmの往路、殿は勿論青森ねぶた。写真は復路の東北6祭り合同運行、谷藤(盛岡)・穂積(秋田)・郡(仙台)・木幡(福島)・佐藤(山形)6市長揃い踏みでガッツポーズ。本日6/3(日)12:30から2回目のパレード。是非お出掛け下さい!

 

2018.05.30/青森ワッツ表敬

青森ワッツ表敬。

下山・會田・鮫島・野里・菅・橋本・門馬・永山各選手が勢揃い、地域を大切にするチーム姿勢に感謝。リーグ5位(18勝42敗)と不本意な順位も、青森市でのホーム戦は6勝8敗と五分の成績。新戦力も来月には固まるとの事、来季こそリベンジを。最後はワッツポーズで記念写真!

2018.05.27/むつ市長選挙応援演説

むつ市長選挙応援演説。

快晴の下、宮下宗一郎候補の応援に、揃いのポロシャツで駆け付けました。10年前順一郎市長に同窓の激励を頂き、1年半前宗一郎市長に応援演説を頂いた御恩返し。良き友、良きライバルとして共に歩みたいとエール。この後、無投票当選の一報が。再選おめでとうございます!

2018.05.24/青森市アリーナプロジェクト有識者会議

青森市アリーナプロジェクト有識者会議。

青森山田高校サッカー部黒田剛監督はじめスポーツ・健康・防災・まちづくり等の第一人者が集結、座長に都市公園専攻の宮城大学舟引敏明教授を選出。老朽化した市民体育館の建替により、停滞した操車場跡地活用を再起動、街の中核となる交流拠点を目指します。

2018.05.21/青森市消防団退職辞令交付

青森市消防団退職辞令交付。

在職約40年、消防団長として5年半の長きに渡り青森市消防団を統括されてきた小山内喜代司連合団長が定年によりご退職。約1,500名もの勇壮な消防団員を統括し、火災や災害から街の安全を守る先頭に立ってきた小山内団長に感謝の意を込め、握手でお見送りしました。

2018.05.15/「しごと創り」への新たな挑戦に関する支援要請

「しごと創り」への新たな挑戦に関する支援要請。

7月青森駅前に移転する新商工会館1Fへスタートアップセンター創設等の転機を踏まえ、青森商工会議所はじめ経済6団体へ新ビジネス挑戦支援助成制度の活用等を要請。この後市内4金融機関にも同旨訪問、産学金官挙げて地域企業の挑戦を支援します。

2018.05.12/宮下宗一郎むつ市長市政報告会

宮下宗一郎むつ市長市政報告会。

1,100名の大観衆を前に、5月末に迫る戦いへ向け、1年半前の青森市長選でも応援演説頂いた戦友に御恩返しのエール。川内・大畑・脇野沢・田名部・大湊と広いむつ市全域への心配りに敬意を表し、市民の『声を形に』する事で我々世代が青森を牽引する決意を表明。

2018.05.11/東北国道協議会中央要望

東北国道協議会中央要望。

昨日の復興関連予算確保等の決議を携え、国交省・復興庁・財務省等を訪問。幹事市秋田市及び石井浩郎参議院議員のお計らいにより官邸も訪問し、菅義偉官房長官に面会。道路ネットワークの進捗を活用し、東北の外国人観光客数をまだまだ伸ばしてほしいと激励頂きました。

2018.05.09/青森市総合計画審議会組織会

青森市総合計画審議会組織会。

一極型(コンパクトシティ)から多極型(コンパクトプラスネットワーク)への方針転換を踏まえ、新たな街づくりの海図となる総合計画の改定を諮問。青森公立大香取学長を会長に、青森市のオールスター・キャストとも言える錚々たるメンバーに、正直ワクワクする思い。

2018.05.09/ノルウェージャン・ジュエル入港歓迎式

ノルウェージャン・ジュエル入港歓迎式。

総トン数93,502t、乗客乗員3,435名。七色の美しい船体を誇る船が青森初寄港。よさこい演舞や長刀・空手披露でおもてなししてくれた青森明の星高校の皆さんと記念写真。この後18時出港、太平洋を横断し20日間のアラスカクルーズへ旅立ちます。

 

2018.05.05/第13回AOMORI春フェスティバルオープニングパレード

第13回AOMORI春フェスティバルオープニングパレード。

春の陽気に新町通りは鈴なりの人出。春フェス横断幕と共にパレードを先導、自衛隊第9師団音楽隊の演奏→ベリーダンス→昨年ねぶた大賞の大型ねぶた「紅葉狩」と続きます。この後16:15フィナーレ総踊り迄、青森の春が熱く燃えます!

 

2018.05.02/TRAIN SUITE四季島運行開始1周年記念イベント

TRAIN SUITE四季島運行開始1周年記念イベント。

大内盛岡支社長や大原青森駅長と共に6番線ホームでお出迎え。毎回歓迎の手を振って下さった青森市観光サポーターや千刈小学校放課後児童会・子ども教室のお友達と一緒に、四季島クルーの皆様から感謝のフラワーボックスを贈呈頂きました。

 

2018.05.01/あおもりメモリアルフォトボックスオープニングセレモニー

あおもりメモリアルフォトボックスオープニングセレモニー。

(株)DNPフォトイメージングジャパン様のご協力により駅前庁舎1階に青森の景色を背景にした撮影機を設置。観光記念の他、婚姻届を提出した御夫婦に無料コインを贈呈。利用第1号4/20ご結婚の坂本孝太・小百合様御夫妻と記念撮影!

2018.04.30/MSCスプレンディダ入港歓迎式

MSCスプレンディダ入港歓迎式。

総トン数137,936t、青森港過去最大のクルーズ船。強風の為残念ながら新中央埠頭ではなく沖館埠頭へ着岸、LAURO MARESCA船長へ記念のプラークを進呈。乗客乗員約4,800名、弘前城・奥入瀬はじめ県内各地へ観光バス47台が出発は壮観。

2018.04.28/青森港新中央ふ頭大型客船ターミナル完成式

青森港新中央ふ頭大型客船ターミナル完成式。

280m→360m埠頭延伸が完了、13万t級の接岸も可能に。三村県知事も来春の常設CIQターミナル整備をPR。竣工を祝い、Celebrity MILLENIUM号クルーやマルハニチロ囃子方、青森西高校おもてなし隊の皆様と一緒に記念写真。

2018.04.27/JR東日本スタートアッププログラム2018事業説明会

JR東日本スタートアッププログラム2018事業説明会。

5/31〆切、優れた提案へ賞金や出資もという本格的ベンチャー支援事業。青森市も7月開設の新商工会館1階『スタートアップセンター』を通じ全力で支援します。青森市での説明会開催の約束を果たして頂いた柴田社長・阿久津MGに感謝!

2018.04.26/健康寿命延伸会議総会

健康寿命延伸会議総会。

最新の市区町村別平均寿命、青森市の男性78.9歳(+2.4歳)、女性85.7歳(+0.5歳)。男性の伸幅は県内最高、前回の県内最下位・全国ワースト4位の汚名を返上。アドバイザーの弘前大学中路重之特任教授からも、健康づくりリーダーの頑張りをお褒め頂きました!

2018.04.23/あおもりタウンミーティング

あおもりタウンミーティング。

全40町会連合会を巡り地域意見を膝詰めで伺う事業、今年は南部地域協議会から始動。セントラルパーク所在地区ゆえ長く迷走した跡地利用の方向が示された事を評価頂きつつ、今後有識者会議での検討を通じ交通アクセス改善等の地域課題に応えられたい旨要望頂きました。

2018.04.21/新城川への鯉のぼり掲揚完成記念式典

新城川への鯉のぼり掲揚完成記念式典。

昨年の第1回タウンミーティングでの御要望が実現した記念すべき第1号、5年間叶わなかった地域の願いが実現。県管理河川ゆえ、整備に御配慮頂いた県民局地域整備部の皆様に感謝。平和台保育園の子ども達が「こいのぼり」合唱と演舞でお祝いしてくれました!

2018.04.19/青森県市長会総会

青森県市長会総会。

むつ市「北の防人大湊安渡館」で開催。海軍大湊要港部を模した明治期風の瀟洒な洋館で、5月の東北市長会総会提出議案や、長く貢献頂いた市長会事務局佐藤省二常務理事の任期満了に伴う後任等を審議。冒頭弘前市櫻田宏新市長からご挨拶、自分の1年半前を思い出し新鮮な気持ちに。。

 

2018.04.17/青森駅前再開発ビル(株)特別清算報告

青森駅前再開発ビル(株)特別清算報告。

4/14(土)青森地裁による特別清算終結決定が確定した旨、清算人の鈴木規央弁護士より報告頂きました。長く青森市政を混迷させたアウガ運営会社の清算完了にご理解頂いた市議会及び市民の皆様への感謝と共に、今後アウガ駅前庁舎は青森再生のシンボルへ。

2018.04.12/JR東日本スタートアッププログラム2018表敬訪問

JR東日本スタートアッププログラム2018表敬訪問。

4/3深澤祐二新社長自ら発表、国内では唯一青森を実証実験の舞台としたプランを募集。JR東日本スタートアップ(株)柴田社長・佐野課長・阿久津マネージャーが来庁、青森でも説明会開催を快諾。JR東日本との協業がまた一つ進展します!

2018.04.11/東京五輪開会式「東北絆まつり」参加要望

東京五輪開会式「東北絆まつり」参加要望。

森喜朗組織委員会長・遠藤副会長(山形)、鈴木五輪相(岩手)、吉野復興相(福島)、土井復興副大臣(宮城)へ、6市長・会頭・実行委勢揃いし順次要望。森会長からは「復興五輪に相応しい東北の祭りに理解ある芸術監督を人選したい」と有難いコメント。

2018.04.08/スポーツ広場多目的グラウンドリニューアルオープンセレモニー

スポーツ広場多目的グラウンドリニューアルオープンセレモニー。

昨年7月からの人工芝・照明整備が完了。ラインメール青森FC眞中靖夫アカデミーダイレクターのサッカー教室・青森北高校ラグビー部長谷川均監督のラグビー教室でこけら落とし。市民の皆様が運動に親しめる環境がまた一歩進みます!

2018.04.07/青森市清掃工場火災現場確認

青森市清掃工場火災現場確認。

4月4日(水)朝発生した火災の消防・警察による実況見分が終了した為、出火箇所の破砕室等を視察。可燃ごみ処理設備は稼働可能を確認、9日(月)8:30より受入再開致します。市民の皆様には御不便をおかけしました。今後は施設の全面復旧に取り組んで参ります。

2018.04.03/東京オリンピック・パラリンピック競技大会開会式参加要望

東京オリンピック・パラリンピック競技大会開会式参加要望。

復興五輪と位置付けられた東京五輪に相応しく、青森ねぶた等東北6市の祭りが集う「東北絆まつり」の開会式参加が実現するよう、東京五輪最高顧問の大島理森衆院議長へ要望書を手交。4月中には6市共同で組織委員会への要望を目指します!

2018.04.02/新採用者辞令交付式

新採用者辞令交付式。

市政施行120周年の新生・青森市を担う新入職員47名。私から最初の辞令は、駅前庁舎の窓口職員のみならず全ての職員が、元気な挨拶と明るい笑顔で市民の皆様をお迎えしてほしい事。写真は「新たなまちづくり」に向かって逞しく腕組む技術・医療・看護職等の皆さんと共に。

2018.03.30/青森市役所退職者辞令交付式

青森市役所退職者辞令交付式。
定年退職42名、勧奨退職等40名へ辞令交付。S52国体→S63青函博→H17合併→H22新幹線開通等、市政発展と共に歩んできた方々。とりわけ最後の1年、激動の市政変革期を支えて頂いた事に感謝。第二の人生を楽しもう!と明るくガッツポーズで記念撮影。

2018.03.29/青森市次世代健康・スポーツ振興基金への御寄附

青森市次世代健康・スポーツ振興基金への御寄附。

新青森市最初の誘致企業であるサンライズ産業様から、基金制定後第1号となる1千万円の御寄付。工藤社長様より「浪岡の配送センターを起点に社業が発展した御恩をお返しし、アリーナ建設運動のきっかけに」という心温まるコメントも頂き、重ねて感謝。

2018.03.25/青森市浪岡消防団出初式

青森市浪岡消防団出初式。
浪岡庁舎にて人員姿勢服装・車両点検、女性消防団員による美しく規律ある訓練礼式や、万一の大規模災害発生時に頼りとする団員・車両の分列行進を目前に、今年も身の引き締まる思い。写真は恒例の浪岡幼年消防クラブの放水演技、防火の誓いも元気良く宣言してくれました。

 

2018.03.23/青森市議会閉会

青森市議会閉会。
新年度予算等104件が可決。市民の代表たる市議会議員の皆様の多数の賛同に力を頂き、新庁舎や駅周辺整備、子どもの食と健康応援プロジェクトやアリーナプロジェクト、コンパクトプラスネットワーク型の都市計画見直し等、青森市の『新たなまちづくり』がいよいよ前に進みます!

2018.03.18/第11回全農日本ミックスダブルスカーリング選手権大会表彰式

第11回全農日本ミックスダブルスカーリング選手権大会表彰式。

優勝は藤澤山口(藤澤五月・山口剛史)ペア、準優勝チーム平田(北澤育恵・平田洸介)ペア、第3位吉田・清水(吉田知那美・清水徹郎)ペア。金メダル贈呈の際、藤澤選手から『おやつの青森リンゴが凄く甘かったです』と感動のコメント。

 

2018.03.17/青森公立大学学位授与式

青森公立大学学位授与式。
黒のガウンと角帽を纏った295名の卒業生・大学院修了生へ、香取学長の告辞・八桁理事長の式辞の後「皆さんが専攻した経営経済・地域学は実学ゆえ、進路先でも即戦力となる事を期待する」旨エール。恒例の記念撮影は大学のシンボル、詩人アダムミキェヴィッチ像前にて。

2018.03.16/女性のための起業応援セミナー

女性のための起業応援セミナー。
青森県は女性社長比率全国一の県(10.33%)。先輩起業家の体験談こそ一番のお手本。The企画エルサーチ代表蒔苗正子様、ネイルサロンココシア代表鳴海小百合様、BREST代表西川千秋様、dashi-factory雅代表奥村雅美様からのご講演に謝意。

2018.03.13/第11回全農日本ミックスダブルスカーリング選手権大会歓迎セレモニー

第11回全農日本ミックスダブルスカーリング選手権大会歓迎セレモニー。
明日からの開会を前に、平昌五輪代表の吉田知那美・清水徹郎/藤澤五月・山口剛史/吉田夕梨花・両角友祐 各選手が青森市スポーツ会館で会見。『カーリングの街青森市』あげての歓待に集まってくれた地元浪打小6年生と一緒に記念撮影。

2018.03.09/IPOセミナーin青森

IPOセミナーin青森。
市議会予算委員会のため、講演後の懇親会から参加。起業創業の出口戦略として、IPO(新規株式公開)を目指す事は重要。地域ベンチャー支援の為、証券各社とも連携を目指す青森市にとって、正に時宜を得た開催。札幌証券取引所小池理事長や東京証券取引所横田部長に謝意。

2018.03.07/青森商工会議所観光サービス部会総会

青森商工会議所観光サービス部会総会。新年度予算案から観光関連事業を紹介。
①来春のクルーズ船ターミナル新設
②ねぶたん号の増便
③9/22新中央埠頭で10市大祭典開催
④浅虫温泉駅のエレベータ設置調査
⑤浪岡城跡の駐車場整備
等、国際観光都市を目指し次々新たな取組に挑戦します。

2018.03.04/2018ウインターフェスティバルinモヤヒルズ

2018ウインターフェスティバルinモヤヒルズ。

毎冬恒例、市民のホームゲレンデとしての感謝祭。雪玉投的大会等の親子イベントや市長杯スキー大会も開催。入賞者表彰式の後、最後は大抽選会。海外旅行やNintendo Switch等豪華景品を廻り鈴なりの皆様の熱気に雨も上がりました^ ^

2018.03.03/第7回雪女コンテスト・津軽伝説

第7回雪女コンテスト・津軽伝説。
民話「シガマの嫁っこ(つらら女房)」を演じユーモアを競う浪岡中世の館の恒例イベント。子どもの部は藤田ななみ&五本松児童劇団3ネンズが優秀賞、大人の部は浪岡金融団が連覇。司会は青森市観光大使・キューティブロンズ先川栄蔵さん、舞台廻しの上手さに感謝。

2018.03.01/ラインメール青森FCシーズンキックオフパーティー

ラインメール青森FCシーズンキックオフパーティー。
昨年のJFL準優勝・国体制覇という輝く戦績も、望月達也新監督と新加入15選手を迎えた新チームには過去の栄光。3年計画でJ昇格を目指す『新たなるCHALLENGE2020』は、挑戦を誇れる街・青森市にも相応しい新スローガンと絶賛。

2018.02.28/青森市議会一般質問

青森市議会一般質問。
新年度予算案等について審議。しごと創り、男女共同参画等について議論の他、今般の寄附について、殆どの市議からは、市政への大きな支援に感謝しつつ、これまでの議論の成果である操車場跡地利用計画審議会答申等を活かした街づくりについて、前向きな御提案を様々頂きました。

2018.02.25/第11回あおもりバル街

第11回あおもりバル街。
祝辞担当の筈が、アンコールが大好きな曲「https://LA.LA.LA.Love Song」で思わず飛び入り。暖かく迎えて下さった小松由美子グループの皆様、コラボでダンスに参加して頂いたTEAM FUMIYA & GMUの皆様、有難うございました!

2018.02.21/第1回市議会定例会開会

第1回市議会定例会開会。
当初予算案等の提案理由説明。今年は明治31年の青森市制施行から120周年の節目の年。今般2年に渡り望外の大きな支援を頂いて『新たなまち創り』に臨める事は、戦後復興に努めた横山實初代民選市長以来の大きな好機と前向きに捉え、市政を前に進めようと話しました。

2018.02.16/豪雪対策等に係る緊急要望

豪雪対策等に係る緊急要望。
午前は全国208市が加盟する雪対策連絡協議会会長として国交省道路局等を訪問、市町村道の除雪費用を追加補助する旨回答を頂きました。
午後は三村知事・関町村会長と共に総務省安田事務次官を訪問、特別交付税繰上交付等の財政措置をしっかり行う旨回答を頂きました。

2018.02.14/平成30年度予算案発表

平成30年度予算案発表。
一般会計1,227億円(借換債除き実質△0.3%)、アウガ債権取得等の終了により、新庁舎・駅周辺整備を差引いても前年比減。寄付積立基金条例と子どもの食育や総合体育館建替検討等の予算案を計上、此の方向で進めて良いか市民の代表たる市議会の審議を仰ぎます。

2018.02.13/あおもりコンピュータ・カレッジフレッシュITアワード(ACC FITA)

あおもりコンピュータ・カレッジフレッシュITアワード(ACC FITA)。
2年間の学習成果を社会で直接役立つようビジネスコンテスト形式で発表。アプリ・CG等のコンテンツが並び、社会人顔負けのプレゼンも。地域を担うIT人材の輩出のみならず、青森での起業・創業に繋がるよう期待。

2018.02.12/第13回全国高等学校カーリング選手権大会表彰式

第13回全国高等学校カーリング選手権大会表彰式。
男子決勝は夢の青森県勢対決、12-3で青森県選抜(青森・北・中央)が東北選抜(青森・南)を破り優勝。女子決勝は最終第10エンドまでもつれる大接戦、6-5で長野県選抜が北海道選抜に勝ち3連覇。青森市の高校生へ優勝旗授与の瞬間(嬉)!

2018.02.10/国際樹氷サミット青森八甲田

国際樹氷サミット青森八甲田。
Snow Monsterとして海外観光客にも著名な蔵王山・森吉山・八甲田山の「樹氷を活用した観光振興」について、佐藤山形市長・津谷北秋田市長・柳谷八甲田樹氷国際ブランド化推進会議会長等8人で熱く議論。樹氷をフックに連携して地域資源をPRする事に合意。

2018.02.09/(仮称)新商工会館改築工事安全祈願祭

(仮称)新商工会館改築工事安全祈願祭。

青森商工会議所様が今年7月にも青森駅前へ移転。会館1階には「あおもり地域ビジネス交流センター(あおビジ)」を移し、起業セミナーやコンテストを通年開催し、機運醸成からフォローまで一気通貫で支援できるよう調整中。また一つ新たな挑戦にご期待下さい。

2018.02.07/青森消防団初午祭

青森消防団初午祭。
厄払いを祈願する初午の日に因み、廣田神社天照大神の御加護を願って玉串を捧げ、また勇壮な消防団員による纏振り奉納、三三九度奴振り・青森奴振り・木遣り奴振りの披露がありました。市内でも早や火災発生件数15件(死者3名・負傷者7名)。皆様どうぞ火の元にはご注意を。

2018.02.05/東北市長会の執行体制のあり方に関する検討会議

東北市長会の執行体制のあり方に関する検討会議。
東北6県の市長(土田東根市長・野田釜石市長・佐藤塩竈市長・立谷相馬市長(穂積秋田市長御欠席))が集合、従前仙台市にお任せだった東北市長会長を、今後6県持回りとし各県で分担する事等を決議。全員3期以上の大物市長の中、少々緊張気味。

2018.02.04/青森市役所新市庁舎安全祈願祭

青森市役所新市庁舎安全祈願祭。
ようやくここまで辿り着いた感慨の鍬入れ。従前の10階建100億円規模を1/3に圧縮しつつ、1階全面を市民スペース、2・3階に防災機能を集約した、県都青森に相応しい新市庁舎に。31年9月末竣工予定。また一つ『市政の前進』を形にする一歩を踏み出します。

2018.02.02/AOMORI トリエンナーレ2017Classical部門オープニングセレモニー

AOMORI トリエンナーレ2017Classical部門オープニングセレモニー。
明日2/3(土)〜2/18(日)迄、県立美術館コミュニティギャラリーで開催。テープ後方は大賞・伊藤学美さんの作品『surface#8』、水面に映る松の重なりを描いた力強い銅版画。ぜひお運び下さい!

2018.02.01/青森市豪雪対策本部設置

青森市豪雪対策本部設置。
今冬最大92cmの積雪を記録、本部設置の内規は原則100cmながら、週末も降雪予想のため緊急設置。①除排雪費約5億円の追加補正、②相談窓口の追加・延長、③市民雪捨場(市内491ヶ所)の排雪実施等を前多本部長より訓示。皆様の地域へ順次除排雪を進めます。

2018.02.01/市民病院内にコンビニオープン

市民病院内にコンビニオープン。
現在市民病院の経営改善を進めているところ、前事業者撤退に伴うコンペにより(株)ローソン様が新規出店。全国約280店舗のホスピタルローソン運営のノウハウを生かし、お弁当・ドリンクは勿論、パジャマや下着等、院内専用の品揃えも充実。どうぞご利用下さい!

2018.01.27/青森りんごトップセールス

青森りんごトップセールス。
愛知県名古屋市シャンピアポートにおいて、JA青森成田常務様はじめみんなで力を合わせ店頭販売。昭和39年以来長くお取引頂く(株)名古屋青果様、店頭正面をご提供頂いた(株)フィール様に深謝。沢山のお客様が試食しては次々御購入、青森浪岡林檎の人気ぶりに驚き。

2018.01.25/青森市文化賞・スポーツ賞表彰式

青森市文化賞・スポーツ賞表彰式。
モスクワ国際バレエ金賞の大川航矢様はじめ文化賞・奨励賞27名2団体、バドミントン奈良岡功績様はじめスポーツ賞・奨励賞81名17団体、青森山田高校サッカー部黒田剛様はじめスポーツ指導者賞5名の皆様を表彰。文化・スポーツの盛んな青森市を改めて実感。

2018.01.22/青森市起業セミナー

青森市起業セミナー。
『しごと創り』の鍵、起業・創業の機運醸成を目指し初開催。新ビジネスチャレンジャー認定、起業体験発表と講演で構成。軌道に乗れば収入が同世代の3倍にという夢のある話も、慎重な事業計画が必要という現実的アドバイスも。インカレの参加者を含め、予想以上の出席で立見も。

2018.01.21/AOMORIトリエンナーレ2017

AOMORIトリエンナーレ2017アーティストトーク。

椿昇ディレクターと5組の招聘アーティストが、ビジネスや教育等実社会とリンクした現代アート展をという企図に応え、プログラミングからDNA複製迄、貴方の倫理観を問う圧巻のバイオアートを展開。皆様公立大国際芸術センター&八甲田丸へ!

2018.01.20/ふるさと祭り東京2018青森ナイト

ふるさと祭り東京2018青森ナイト。
総合演出のTomoさんがダンスと津軽の音色で青森の四季を表現&ねぶた運行で熱気はピークに。BLUE TOKYOや青森出身のパフォーマーの皆さん、東京ねぶた連合會囃子方・首都圏青森ねぶた囃子會・二木組・跳龍會の皆さん、御協力有難うございました!

2018.01.20/イオン琉球『青森県フェア』

イオン琉球『青森県フェア』。
ライカム店での開幕セレモニー。林檎・帆立・青天の霹靂の他、青森カシス&沖縄本部町のアセロラがコラボしたライカム店限定販売のフローズンもPR。この後すぐ東京に蜻蛉返り、18:00〜『ふるさと祭り東京・青森ナイト』に出演。在京の皆様、東京ドームヘGO!

2018.01.18/野田聖子総務大臣往訪

野田聖子総務大臣往訪。
青森市の除排雪対策状況を報告。今年は雪の降り出しが速く、特に年末の大雪で12/30累計269cmと平年の2倍に到達。これからの本格的降雪期を前に、早めに支援を要請。野田大臣への初面会ゆえ握手で記念写真、「今年最初の雪対策要望が青森市です」と有難いコメント。

2018.01.17/市政記者会見

市政記者会見。
青森市の個人の方より、短命市返上を目指し市民の健康づくりとスポーツ振興を図るため、20 億円!の御寄附がありました。御厚志への深謝と共に寄付者の御意向を踏まえ①子どもの食と健康応援②操車場跡地へのアリーナ(スポーツやイベントの開催可能な交流拠点)整備を目指します。

2018.01.13/ホーチミン市人民委員会表敬訪問

ホーチミン市人民委員会表敬訪問。

グエン・タイン・フォン委員長(市長)自ら貴賓室で面談という破格の厚遇に感謝。リンゴ等県産品への高い評価と農業技術協力への依頼を受けました。私からもリンゴ輸入規制の有袋→無袋解禁や、新国際空港開設を控え青森直行便への期待を発言。本日夜便で帰青します。

2018.01.12/Japan Aomori Food Fair

Japan Aomori Food Fair in Ho Chi Minh.

ベトナム・ホーチミンで一昨年開業の高島屋で初の日本物産展。小林八戸市長・宮下むつ市長・加藤みち銀副頭取・建部青銀専務はじめミッション団で鏡割り。林檎ジュース、地酒、味噌等『健康食品』として飛ぶ様な売行き。

2018.01.11/新青森駅東口契約締結

新青森駅東口の保留地にパルハウス(株)様及び(株)東横イン様より14階建のホテル開業の提案があり、審査決定の上、本日付で契約締結しました。平成31年11月開業予定との事。新駅東口に念願のビジネス・観光の拠点施設が誕生、経済の好転が新たな投資を呼び込む好循環が生まれつつあります。

 

2018.01.07/青森市成人式

青森市成人式。
今年度のテーマは『#ハタチのカタチ』。20歳の私は将来のカタチなど考えず、大学生活を謳歌し、挙句就職試験に落ちました。企業勤めでも家業を継いでも自ら会社を興すのでも良い、いずれ社会の一員になる事を自覚し、自分自身が目指すカタチを決めてほしいとエールを送りました。

2018.01.05/青森市中央卸売市場初せり式

青森市中央卸売市場初せり式。
朝5:00水産、6:15青果、9:50花卉市場で開場を宣言、山海の恵みに感謝。青果市場では今年初の試みとして『青果宝船』3艘の初競りを実施。①野菜丸はスーパーふじわら戸山店様、②果物丸は青果商協様、③全農青森丸はマックスバリュ浜田店様の落札に深謝!

2017.01.04/駅前庁舎オープニングセレモニー

駅前庁舎オープニングセレモニー。
平成13年1月商業ビルとして開店したアウガが平成30年1月市役所総合窓口に再生。17年の時空を越えテープカットした感覚。東京の有名コンサルにコンパクトシティの墓標とまで酷評されたアウガ。これからは市庁舎再整備の先進事例、青森市復活のシンボルへ。

2018.01.01/平成30年青森中央郵便局元旦出発式

平成30年青森中央郵便局元旦出発式。
昨年は市長就任後の初テープカットだったこの式典、あっという間の1年を再認識。今年も無事故で年賀状が届くよう、配達員の皆さんをお見送り。
なお、公職選挙法147条の2の規定により、私は選挙区内に年賀状を送る事ができません。欠礼の程御容赦下さい。

2017.12.28/仕事納め挨拶

仕事納め挨拶。

アウガ・新庁舎・青森駅の「緊急課題」に道筋を付けた1年、職員一同の奮闘と、年末年始も駅前庁舎への引越しや、病院・水道・バス等引き続き勤務する職員へ感謝の一言。Twitter&Facebook読者の皆様にも深く感謝申し上げます。来年も『挑戦する青森市』にご期待下さい!

2017.12.26/今年最後の定例記者会見

今年最後の定例記者会見。
本日12月市議会閉会日、企画部等を新設する組織改正条例や、来年1月からの新庁舎の建設工事契約等、市政1年間の総決算とも言える議案が全て可決成立した事に謝意。いよいよ1/4(木)8:30駅前庁舎オープン。新生・青森市が動き出す姿を市民の皆様へお届けします。

2017.12.25/青森市中学校生徒海外派遣団壮行式

青森市中学校生徒海外派遣団壮行式。

平成4年以来毎年、約10名の中学生がアメリカ北東部メーン州のグリーリー中学・ハリソン中学へ。研修生代表の古川中2年石川廉君はじめ、皆さん堂々と出発の意気込みを挨拶。私からもTRYを尊重する米国文化を実体験し、臆せず英語での会話に挑戦をとエール。

2017.12.22/『あおもり10市大祭典』記者会見

『あおもり10市大祭典』記者会見。
来年1月12日(金)〜21日(日)東京ドーム「ふるさと祭り東京2018」に県内10市の祭が出展!1/20(土)夜はねぶた出陣の”青森ナイト”!
更に9月22日(土)・23日(日)、来年の10市大祭典は青森市新中央埠頭で開催!ぜひお越しください!

2017.12.18/駅前庁舎オープン記念セール開催

駅前庁舎オープン記念セール開催に伴う表敬。
1/4青森市役所駅前庁舎移転を記念し、100店舗以上の中心商店街参加店が合同セールを開催。500円以上お買上げで抽選900名に北洋硝子製オリジナルタンブラーも贈呈。庁舎移転はあくまできっかけ、自主的にお客様を招こうとする活動に感謝です。

 

2017.12.17/青森市環境フェア2017

青森市環境フェア2017。
エコグッズの手作り体験やむつ湾の絵コンクールを開催。また青森市環境保全活動団体として6団体(浅虫町会・(株)鹿内組・桜川団地町会・桐ノ沢町会・三内丸山子ども会・佃小PTA)の皆様を表彰、環境ゆるキャラのエッコー(青森県)・エコル(青森市)君と記念撮影。

2017.12.16/モヤヒルズ・スキー場開き

モヤヒルズ・スキー場開き。
積雪10cmの為、今日は安全祈願祭のみでしたが、ご挨拶では11/29観光庁のモデル事業に、モヤヒルズも含む「バックカントリーの聖地”八甲田”への道 青森スノーランド事業」が採択された朗報も披露。パトロール隊による記念のプラカード滑走を始めたところ雪が。

2017.12.13/エバー航空台北支店訪問

エバー航空台北支店訪問。
11/3定期チャーター便就航記念セレモニーで来青した李士亮副総経理との再会に感激。就航1月の搭乗率が85.8%と好調な同便。来春以降の継続運行と早期の定期便化を、三村知事・熊谷県議会議長と共に直接要請。2日間の台湾でのエアポートセールスを終え帰青します。

2017.12.11/青森西高校バレー部表敬

青森西高校バレー部表敬。
第70回春高バレー県予選突破、19年ぶり14回目の全国出場。1年生が5名と初々しい選手陣ですが、唯一の3年生岡本直子主将が笑顔でチームを牽引、情熱的な木村大地監督や優しい花田慎校長とのチームワーク抜群。最後はお決まりの掛け声『絶対!勝〜つ!』を代行^ ^

2017.12.10/第35回青森第九の会演奏会

第35回青森第九の会演奏会。
昭和58年以来年末恒例の風物詩。末廣誠氏の力強い指揮、ソプラノ隠岐彩夏・アルト諏訪才子・テノール葛西健治・バリトン上田誠司の青森出身声楽家の美しいハーモニーもさる事ながら、何より市民合唱団の皆さんの力強い声量に圧倒。写真は拍手止まないカーテンコール。

2017.12.04/ジャパン・スタートアップ・セレクション2017

ジャパン・スタートアップ・セレクション2017。
高島宗一郎福岡市長、鈴木康友浜松市長、モデレーター仮屋薗聡一氏とのセッションで青森市の創業支援をPR。この後スタートアップピッチ、青森市を代表し出展頂いた(株)フォルテ・mizuiro(株)・(株)クロックアップの皆様に感謝です!

 

2017.12.01/雪だ!灯りだ!芸術だ!あおもり冬のワンダーランド開会式

雪だ!灯りだ!芸術だ!あおもり冬のワンダーランド開会式。
LED2.5万個がワラッセを彩る『灯りと紙のページェント』点灯。今年の青森の冬は、1/20『トリエンナーレ』→2/2『雪灯りまつり』→2/10『冬まつり・樹氷サミット・ザもつけ祭・冬花火』と、三段構えで盛り上げます!

2017.11.30/『TRAIN SUITE 四季島』運行貢献感謝記念盾贈呈式

『TRAIN SUITE 四季島』運行貢献感謝記念盾贈呈式。
JR東日本鉄道事業本部の内山尚志営業部次長より、四季島提灯や幸福の鈴、観光サポーターや沿線の子ども達の歓迎などの青森市のおもてなしに対し、感謝のパートナー記念盾を頂きました。JR東日本との連携がまた一つ積み重なります。

2017.11.29/第4回市議会定例会開会

第4回市議会定例会開会。
就任1年にして念願の市役所の組織機構の整備条例を提案。①政策立案に財政運営を連動させる「企画部」、②アウガ総合窓口や地域活動支援を担当する「市民部」③税・国保税を統括する「税務部」を創設。また④東京五輪・国体を睨みスポーツ分野を市長部局で所掌します。

2017.11.27/AOMORIトリエンナーレ2017記者発表

AOMORIトリエンナーレ2017記者発表。

1/20(金)開会、2/2(金)表彰式、2/10(土)冬まつりと3段構えで青森の冬を現代芸術が盛上げます。写真右からClassical部門大賞作品「surface#8」、監修の京都造形芸術大・椿昇学科長、氷柱、私、マスコットの煮干(笑)

 

2017.11.25/青森県フェアトップセールス第2弾

青森県フェアトップセールス第2弾。
イオン板橋店にて、三村知事・西村十和田市副市長・奥崎JA青森組合長等とPR。板橋は青森フェア売上最高記録の地。今回も浪岡産の林檎や新米「青天の霹靂」が山と積まれ、東京ねぶた連合會の御囃子・跳龍會の跳人衆による青森市PRステージも大盛況に感謝。

2017.11.22/あおもり健康寿命延伸フェア

あおもり健康寿命延伸フェア。
本市健康づくり事業の成果を発表。冒頭100日健康トライアル最高点獲得者や卒煙塾卒業生の皆様を表彰。写真はリレートーク、自ら今年の重点事業(がん検診・喫煙・糖尿病対策)を力説。この後保健師さんから、新規に健診データを地域別に見える化した分析結果も発表。

2017.11.19/青森市子ども会議フォーラム2017

青森市子ども会議フォーラム2017。
初めて市議会本会議場をお借りして開催、市議会の皆様に感謝。青森市特産カシスの普及・公園の遊具整備・スポーツ機会の増加等をテーマに、自ら現地調査や実践活動を経た前向きな質問や建設的な意見を発表。答弁側の我々の方が清々しい気持ちになりました。

2017.11.14/青森県知事三村申吾県政を語る集い

青森県知事三村申吾県政を語る集い。
百目木後援会連合会長ご挨拶の後、来賓代表として登壇。先週倉敷での県産品PR、先月衆院選での街説、そして1年前猛吹雪の青森市長選挙。いつも背中で学ばせて頂く事に感謝し、青森県の掲げる『未来を変える挑戦』と共に青森市も挑戦を続ける事を誓いました。

2017.11.12/スポーツ医科学講座サッカー教室

青森山田高校黒田剛監督の御協力で、市内小学生・指導者へ山高選手・コーチ陣による特別教室を開講。
始球式はJリーガー高橋壱晟選手のキックを光栄にも私がGKで捕る始球式。
夕方には元巨人・仁志敏久氏等もパネラーに加わるシンポジウム、夢の一日となりました。

2017.11.10/伊東香織倉敷市長表敬

棟方志功作品を通じ青森市と交流の深い倉敷市は、初めて男女共同参画条例を制定した中核市としても著名。
DV相談センター設置に伴う条例改正の経緯等を伺い、駅前の男女共同参画推進センターも視察。
特別応接室で面会時間も大幅延長し相談に乗って頂く等、破格の厚遇に感謝。

2017.11.06/青森県雪対策協議会要望活動

津島淳・木村次郎両代議士と共に国交省高橋克法政務官(参・栃木)を訪問、「積雪寒冷特別地域道路交通確保五箇年計画」更新による除排雪事業等への支援継続を要請。
併せて森技監や石川道路局長にも面会、津軽・上北・下北自動車道の早期完成を要望。終日駆廻りました。

2017.11.03/エバー航空定期チャーター便就航記念セレモニー

エバー航空定期チャーター便就航記念セレモニー。
今週は新規就航ラッシュ。本日より青森・台北間で火・金の週2便運行、好調な集客に、次は定期便化へ期待が高まります。佐々木郁夫副知事と共にお出迎え、李士亮副総経理、曾文江日本支社長、郭仲熙台北駐日経済文化代表処副代表と共にテープカット。

2017.10.31/青森-ソウル便週5便記念セレモニー

青森-ソウル便週5便記念セレモニー。
10/29より現在の日水金運行に火土曜が追加。増便に労を尽くされた三村知事、大韓航空の金正洙日本地域本部長・李相勲青森支店長、民団の趙重憲団長と共にくす玉割り。好調な韓国観光客の更なる増加に加え、来年2月開催の平昌冬季五輪ツアー需要も期待。

2017.10.29/棟方志功サミットin中野

棟方志功サミットin中野。
昨年度青森市で初開催、今年は上京した志功が25〜39歳迄居を構えた創作の地中野区にて、志功所縁の倉敷市・南砺市・杉並区の皆様と共にパネルディスカッション。市内全小学校で取組む版画教育や志功先生が愛したねぶたのPRを終え、ようやく故郷青森に戻ります。

2017.10.27/カーニバル・クルーズ社訪問

カーニバル・クルーズ社訪問。
マイアミにある世界2大船社の一つ。Fred Stein副社長やSalvatore Rassello船長から青森港拡張につき熱心に質問。最後の記念写真中央は副社長…ではなくインターン見学の中学生。米国横断の全7船社訪問を無事終え、日本に蜻蛉帰りします。

2017.10.24/米国船社ポートセールス

米国船社ポートセールス。
羽田からロサンゼルスに飛び、早速クリスタルクルーズ社を訪問。John Stoll 副社長・Anita Hodson ディレクターへ直接PR。2022年予定の超大型新造船で青森寄港との話も。この後シアトル→マイアミと転戦、計6社に青森港の魅力を売り込みます。

2017.10.22/津島淳候補当確

津島淳候補当確。
20:00ジャストの吉報に、事務所が沸き返りました。得票数も過去最高の103,177票に達し、神山幹事長から宮下市長共々拝命した『一番槍』の期待に応え、昨年末の市長選での御恩返しができたのではと思います。いよいよ国・県・市がスクラムを組んで、市政が前に進みます!

2017.10.19/ラインメール青森FC表敬

ラインメール青森FC表敬。
愛媛国体サッカー青年男子での青森県勢初優勝を報告。決勝ゴールのFW横野選手や中核MF奥山選手等、皆さん優勝コメントも慣れたもの。私からは栄冠への祝意と共に、今月GK伊藤選手が泉川小、MF水木主将・渋谷選手が浪岡中への地域学校訪問に協力頂いたことに謝辞。

2017.10.17/古川1丁目12番地区優良建築物等整備事業・施設建築物新築工事竣工式

古川1丁目12番地区優良建築物等整備事業・施設建築物新築工事竣工式。
八甲田連峰と岩木山を共に臨み、1階にはミニねぶたを飾る青森らしい分譲住宅に再生。今後も来年1月には市役所総合窓口開設、6月には商工会議所移転等、青森の表玄関・青森駅前が次々リニューアルします。ご期待下さい。

 

2017.10.15/津島淳候補応援演説

津島淳候補応援演説。
衆院選期間唯一の日曜日、終日青森市内を回り尽くす津島候補と共に、計12ヶ所で街頭演説。青森市長選での御恩に報いるべく、昨年末吹雪の中スクラムを組んだ三村知事・宮下むつ市長と再結集。ブレずに一貫した政治姿勢で青森に尽くすのは津島候補だけとエールを送りました。

2017.10.14/青森市総合防災訓練

青森市総合防災訓練。
油川地区で震度6強の地震と津波発生を想定、直ちに油川小に現地対策本部を設置。自衛隊・海保と連携、海難救助や倒壊家屋救出訓練、福祉避難所、炊出しに給水、起震車体験や発電・通信・ガス確保と盛り沢山。何より油川地区から昨年以上の330名が御参加頂けた事に感謝です。

2017.10.12/青森地区国道協等4協議会での東北地方整備局要望

青森地区国道協等4協議会での東北地方整備局要望。
津軽自動車道、上北自動車道、下北半島縦貫道路始め県内のミッシングリンクにつき、つがる・大鰐・深浦・東北・横浜・新郷各市町村長等と共に要望。津田局長や安田副局長から青森県はとりわけ重要路線が整備未了であり力を入れるとの有難いエール。

2017.10.10/津島淳候補第一声

津島淳候補第一声。
昨年の市長選、私に白羽の矢を立てて下さった津島候補と、混迷する市政の継承者を支援した候補。青森市民の皆様は、正しく選択できる候補を既にご存知の筈と応援演説。むつ市から盟友宮下市長も駆けつけ心強い限りです。少々気合が入り過ぎ、5分の割当時間を超過した事に反省。

 

2017.10.06/津島淳候補予定者事務所開き

津島淳候補予定者事務所開き。
昨年末の青森市長選、津島さんは超党派市議団と共に出馬要請頂いた御恩ある方。もう片方の候補者は混迷する市政の継承者を支援、今度は信念無く党を乗換え。青森市民にとって正しい選択をできる候補者は自明です。御恩に報いるべく公示後共に街頭で応援に立つ予定です。

2017.10.03/青森市議会閉会日

青森市議会閉会日。
補正予算・債権放棄議案等34件が可決、故増田副市長が命を賭してまとめた議案が成立。歴代市政屈指の転換点を迎え、これでアウガ特別清算・総合窓口開設・新庁舎整備が大きく進展します。昨年11月市長就任から1年、ようやく負の遺産を清算、名実共に青森市政が前に進みます!

2017.09.25/増田一副市長葬儀

増田一副市長葬儀。
昨晩の通夜で弔辞を述べ、本日の葬儀で本当のお別れ。激動の青森市政でも筋の通った仕事を続けた人材の早逝、正に私も右腕を喪う想いです。くしくも本日23時予算委が終了、補正予算可決の報を受けました。10/3本会議での成立を天国の増田さんに報告する迄、全力を尽します。

2017.09.23/あおもり10市大祭典in十和田

あおもり10市大祭典in十和田。
第6回を数え尚成長を続けるイベントらしく、雨模様にも関わらず官庁街通りは鈴なりの人垣。中央公園の10市グルメも大行列。記念写真はミスねぶた荒川さん&御囃子・跳人の精鋭部隊と。9/24(日)も13:00から10市祭パレード開催ですので是非お運びを。

2017.09.20/増田一副市長逝去

増田一副市長逝去。
本年1/17副市長選任後、アウガ特別清算はじめ本市の緊急課題を陣頭指揮、正に右腕として務めて頂いた増田副市長(56)が急逝。他ならぬ増田さんが取纏めた補正予算や債権放棄議案審議中、余りに突然の訃報。弔問した御遺影に必ずや10/3本会議での成立を誓いつつ涙が…。

2017.09.18/木村次郎浪岡後援会設立決起大会

木村次郎浪岡後援会設立決起大会。
市長選出馬時お世話になった木村太郎代議士の弔い合戦は勿論、次郎さんは県東京事務所時代、永田町・霞ヶ関の県関係者間を飛び回る通称『鳶』として私を助けて頂いた恩人。党派会派や解散総選挙の区割如何に関わらず、心から応援したく駆着け応援の辞を述べました。

2017.09.15/第9回青森県・大連市友好経済交流委員会

第9回青森県・大連市友好経済交流委員会。

平成16年から続く交流協定。青山副知事・塩越東奥日報社長・若井商工会議所会頭等と共に訪中。県産農水産物取引や青少年交流の更なる深化で合意。大連市側も肖盛峰市長・盧林副市長等が出席、レセプションも棒棰島賓館に格上げ等、破格の歓迎を頂きました。

 

2017.09.12/木村太郎代議士お別れの会

木村太郎代議士お別れの会。
安倍総理、大島衆院議長など錚々たる方々からの弔辞。森元総理が末娘梓さんから預かった手紙を読み上げ涙を誘いました。私自身も市長選立候補前、自民党広報委員長室で相談に乗って頂いた御恩を思い返し、感謝の想いで献花させて頂きました。心から御冥福を御祈りします。

2017.09.10/RABまつり楽屋にて

RABまつり楽屋にて。
『青森市観光大使』を務める青森市出身の古坂大魔王さん。プロデュースするピコ太郎のシークレットライブ前の御挨拶でしたが、今後も青森市PRへの協力を快諾頂き、気さくに記念撮影も。惜しむらくはアップル&ペンのはずが、慣れない私だけアップル&極太マジックに^ ^

2017.09.09/東京特別区全国連携プロジェクト

東京特別区全国連携プロジェクト。
TX浅草駅前の全国名産品ショップ『まるごとにっぽん』にて特別区長会と連携協定を結ぶ市町村会のイベント。折角なので10/28中野区での東北復興大祭典・1/12東京ドームでのふるさと祭り東京もPR。写真は出席首長とねぶたんとしすいちゃん(酒々井町)。

2017.09.06/9月定例市議会一般質問

9月定例市議会一般質問。
この2日間、答弁準備に没頭。とりわけこれまで債権者・地権者・裁判所等の理解を積重ね、漸く提出に至ったアウガ運営会社の債権放棄議案。万一否決の場合、同社の特別清算は行詰まり破産、市民図書館はじめアウガ全館が閉館となる正念場。御議決頂ける様全力を尽くします。

2017.09.03/市町村対抗青森県民駅伝競争大会

市町村対抗青森県民駅伝競争大会。
開会式前に青森市チームを激励。大切なのはメンタル、沿道の声援は全部自分の応援団と信じて走ってとエール。激走の結果は4位、4区途中まで首位に立つなど見場も作ってくれました。6区青森市役所山内選手も健闘。青森市の誇りを背に挑戦した選手の皆さんに感謝!

 

2017.09.02/リレー・フォー・ライフ・ジャパン2017青森

リレー・フォー・ライフ・ジャパン2017青森。

がん征圧を目指す世界的チャリティ。青森市では3回目、今年は県立保健大での開催。がん患者が24時間闘い続けている事に敬意を表し、24時間交替でのリレーウォークに参加。県病がん相談支援センターの皆様と一緒に、県市連携で笑顔のPR。

2017.09.01/前多正博副市長への辞令交付

前多正博副市長への辞令交付。
昨日の市議会で全会一致で同意頂き、早速任について頂きました。前職の青森県商工労働部次長はじめ産業畑が長く「しごとづくり」へ貢献頂ける人材。当市観光の玄関口となる青森港・空港・青い森鉄道等県所管分野との連携でも期待。マラソンを走るタフガイでもあります。

2017.08.29/青森市急病センター運営審議会

青森市急病センター運営審議会。
昭和53年の開設以来、休日夜間の初期救急医療を担うも手狭で老朽化が著しい現施設。新庁舎整備に連動し、現在の面積の2.3倍(約340㎡)に拡張、平成32年1月の供用開始を目指します。但しそれも新庁舎整備の議決を得てこそ。9月議会に全力を尽くします。

2017.08.27/青森市消防団新町パレード

青森市消防団新町パレード。
新町通りを貸切り、須藤分団長が率いる一糸乱れぬ『纏振り』や、柳谷分団長の号令下に伝統を紡ぐ『梯子乗り』、消防団員約600名と車両20台が勢揃いする壮観の『分列行進』を観閲。自らの街を自ら守る勇姿の魅力がひいては入団者増、消防団の発展に繋がることを期待。

2017.08.23/中核市市長会・総務大臣との懇談会

中核市市長会・総務大臣との懇談会。
会長に伊東香織倉敷市長を選出。H26自治法改正で中核市要件が人口30万→20万以上に緩和、現在の48市(累計人口1,890万人)から、来春には54市(同2,077万人)に増加予定との事。写真は内閣改造で就任した野田聖子新総務大臣からのご挨拶。

2017.08.22/ウルトラセブン前ねぶた贈呈式

ウルトラセブン前ねぶた贈呈式。
放送50周年とセブンを造形した青森市出身の成田亨さんを記念し、『青森ねぶたウルトラノ會』がクラウドファンディングはじめ調整を重ね、今年の最優秀製作者北村麻子さんが製作した前ねぶたを、ワラッセに寄贈頂きました。ウルトラ世代の一人として其の情熱に感謝。

2017.08.21/大川航矢さん表敬訪問

大川航矢さん表敬訪問。
青森市出身でロシア国立タタルスタン歌劇場バレエ団所属、モスクワ国際バレエコンクール男性シニア部門デュエットで金賞を獲得。ペアを組む大阪府豊中市出身、寺田翠さんとの会話も息がぴったりでした。バレエ教室の桜庭茜根先生、成田教育長も一緒にバレリーナらしくポーズ。

 

2017.08.20/浪岡北畠まつりパレード

浪岡北畠まつりパレード。
先頭役員団の後に、浪岡城所縁の武将、北畠親房・顕家・顕成公の3代の人形ねぶたをはじめ、扇ねぷたも入り混じり、青森と弘前を結ぶ宿場町浪岡ならでは。婦人会の華麗な流し踊りや青森工業高校ねぶた部の御囃子、浪岡高校生によるねぶた運行など賑やかに練り歩きました。

2017.08.19/Link with〜つながろう青森

Link with〜つながろう青森。
『青森市のまちづくりと地域包括ケア』とのお題で講演。健康寿命延伸、介護予防、地域連携の取組を熱く語りました。何よりこれだけのメンバーが、多職種連携の旗の下集えることが青森市の強み。早逝した前代表の故斉藤竜也さん、天国で聴いてくれたでしょうか。

2017.08.15/大相撲青森場所

大相撲青森場所。
浪岡出身の第59代横綱隆の里関をはじめ、青森県は6人もの横綱を生んだ全国屈指の相撲どころ。終戦の日8/15に神事大相撲を奉納頂ける事に感謝しつつ、11年ぶりの青森市開催に沸くフロア一杯のお客様と力士の取組を応援。写真は横綱稀勢の里関・日馬富士関と開催記念の一枚。

2017.08.12/青森高校同窓会

青森高校同窓会。
今年の幹事は43回生(平成5年卒)の一代先輩達。テーマ『縁』に沿って御縁への感謝と縁日の賑やかさを演出。来年は我々44回生が頑張らなくては。各テーブル御挨拶廻ったのですが、余りに人数が多過ぎ、8回・9回生の先輩の辺りで時間切れ。御挨拶行き届かず申し訳ありません。

2017.08.08/平和・防災学習事業受入依頼

平和・防災学習事業受入依頼。
先の大戦で2度の艦砲射撃を受け、大震災で甚大な津波にあった釜石市を、浦町中3年の竹谷君・櫛引君と共に訪問。台風により戦没者追悼式は中止になりましたが、野田市長からも、足元東北の戦災と震災の被害を互いに学び合うことに強く共感頂き、受入を快諾頂きました。

2017.08.07/青森ねぶた祭海上運行

青森ねぶた祭海上運行。
今年の海上運行推薦団体として、青森市役所ねぶたを洋上で披露する名誉にあずかりました。船上ではマイクを担当、海岸に鈴なりの皆様へ『ラッセラー』の掛け声と共に、御礼の気持ちをお伝えしました。282万人もの御客様に大過無くねぶた祭を堪能頂けた事、心から感謝です。

2017.08.06/青森ねぶた祭表彰式

青森ねぶた祭表彰式。
ねぶた大賞はあおもり市民ねぶたの『紅葉狩』。製作者北村麻子さんは最優秀製作者賞にも輝き、憧れの受賞に涙ぐんだ挨拶が感動的でした!写真は日立連合ねぶたの北村蓮明氏製作『吹越村の火消し権現』への市長賞(第3位)贈呈。日立さんは運行・跳人賞と囃子賞もトリプル受賞!

2017.08.03/ケア付き青森ねぶた「じょっぱり隊」結団式

ケア付き青森ねぶた「じょっぱり隊」結団式。
今年で22年目を数えるねぶた祭を通じた障がい者社会参加事業「じょっぱり隊」。重度障がいで車椅子の方々やその御家族・ボランティア300人以上が今年も青森菱友会ねぶたに参加。紙屋克子実行委員長はじめ皆様の『挑戦』に共感のエールを送りました。

2017.08.02/青森ねぶた祭初日

青森ねぶた祭初日。
主催者役員団として先頭を歩きます。後の車はミスねぶたと警備の屈強な自衛隊員。更にその後に小さく見える、先頭の市P連ねぶたと跳人衆。沿道から沢山の拍手を頂き感謝です。週末へ向け更に観客も増えると期待。明日は『青森市役所ねぶた』も初陣。皆様の御参加お待ちしてます!

2017.08.01/青森ねぶた祭安全祈願祭

青森ねぶた祭安全祈願祭。
いよいよ世界に誇る火祭り『青森ねぶた祭』開幕。大型ねぶた22台や出世大太鼓が出陣、御囃子と跳人衆が北国の夏の夜を彩ります。私も主催者でのデビュー戦、好天と無事故を願い玉串を捧げました。明日8/2から8/7迄、毎日先頭で提灯を掲げます。見かけたらご声援を!

2017.07.31/青森山田高校野球部表敬訪問

青森山田高校野球部表敬訪問。
8年間の雌伏を経て県大会を制覇、夏の甲子園出場。先発の3年生、左から工藤遊撃手・斎藤三塁手・相坂主将、阿部中堅手・エース三上投手・福原捕手。言葉の端々から後列三浦部長・兜森監督との強い信頼関係が。青森市の看板を胸に、強い精神力で活躍をとエール!

2017.07.29/浅虫温泉観光地域づくり推進連携協定締結式

浅虫温泉観光地域づくり推進連携協定締結式。
浅虫MOSPAプロジェクトが発展、県東青地域県民局・みちのく銀行も加わり、浅虫の海を背景にガッツポーズ。今後も道の駅ゆーさ浅虫との連携、浅虫の食のブランド化、公共交通のバリアフリー等課題は山積。県やみち銀と勉強の場を設け協議を進めます。

2017.07.28/青森市平和祈念式典

青森市平和祈念式典。
昭和20年7月28日、青森大空襲により約1,000人の尊い命が失われた日。追悼の言葉と共に折鶴を捧げました。南中の合唱、浦中の学習発表、そして平和を願う詩の朗読に涙が溢れました。戦災者を悼む想いを政治的に利用せず、平和の鐘を鳴らし続ける務めを果たします。

2017.07.26/29年度第1回まちづくり会議

29年度第1回まちづくり会議。
市政混乱により暫く停滞していた会議。今年度中の『立地適正化計画』の策定を目指し再開に漕ぎ着けました。青森市の都市構造は、浅虫から後潟迄東西に翼を広げ、また弘前と結ぶ宿場町浪岡を有する街。都市機能誘導区域等をバランス良く配置する必要があります。

2017.07.24/第5回未来への道1,000km縦断リレー

第5回未来への道1,000km縦断リレー。
青森市を出発し震災被災地を繋いで東京を目指します。三村県知事と小池都知事のスカイプ中継、ゲストに伊調馨さん・高橋尚子さん・北澤豪さん等豪華な顔ぶれも専ら歓声に囲まれたのはfrom EXILE TRIBEのELLYさんとLIKIYAさん。

2017.07.22/小学生ライドオンバイシクル2017イン縄文バンク

小学生ライドオンバイシクル2017イン縄文バンク。第4回を数える青森競輪場の人気イベント。普段は入れない競輪場のバンクを、自分の自転車で走れます。雨がちの天気でしたが、小学生達は地元出身の競輪選手の皆さんと一緒に元気にペダルを漕いでいました。主催の青森スポーツアドバイス様に感謝。

2017.07.22/ ウォーターフロントモーニングプロジェクト。

ウォーターフロントモーニングプロジェクト。
毎夏朝の風物詩、ワラッセ横駐車場でラヂヲ体操と朝マルシェを開催。体操カードのスタンプで市内飲食店や観光施設の割引が受けられます。昨年は皆勤賞だった思い出深いイベント。今朝は突然の豪雨の為、ワラッセを開放頂き1Fロビーでラヂヲ体操でした。

 

 

 

 

2017.07.21/クルーズ船トップセールス

クルーズ船トップセールス。
青森港寄港100隻10万人を目指すアクションプランを手に、国土交通省やクルーズ船各社社長を表敬。写真は来年4月30日青森港最大の客船スプレンディダ(137,936t)が初入港を予定する(株)MSCクルーズジャパンOliviero Morelli社長と。

 

2017.07.19/青森中央学院大学特別公開講演会

青森中央学院大学特別公開講演会。
経営法学部・高橋興教授のアレンジで『青森市で学ぶ大学生の皆さんへ』と題し講演。学生の皆さんの他、大学の所在する横内地区はじめ地域の方々も多数おいで頂き、会場一杯の約250名に。間もなく社会に翔び立つ事を忘れず、大学での時間を有効に使おうとエール。

2017.07.15/イオン青森県産品フェア「めじゃー市」地産地消PRセレモニー

イオン青森県産品フェア「めじゃー市」地産地消PRセレモニー。
三村知事が全国イオンを回る名物企画。改装記念の青森店で開催の為、地元市長として初参戦。あおもりカシスの酎ハイや工藤パンのカシストースト・甘精堂カシス羊羹を手に、法被でPR。青森市産野菜、トマトや胡瓜の特別コーナーも。

2017.07.11/あおもりカシス収穫祭

あおもりカシス収穫祭。
26年5月浪岡北小三年生の子供たちが、あおもりカシスの会石岡大亮会長の園地で「カシス植樹祭」を開催。約束通り3年後に六年生に成長して収穫に来てくれました。3年前も御参加の三村知事や、カシス製品で協賛のイオンリテール・山崎製パン・工藤パン等皆様と記念撮影。

2017.07.10/市議会臨時会

市議会臨時会。
アウガ100条委員会の再議は2/3の賛成は有りませんでしたが、請願採択等の事情変更により、再度設置を決議。その後議長・副議長の辞職勧告決議が賛成多数で採決。終了は朝5:00でした。総務省時代の国会待機以来の完徹。

2017.07.07/全国ハンセン病療養所所在市町連絡協議会

全国ハンセン病療養所所在市町連絡協議会。会長市東村山市をはじめ遠くは宮古島や名護、奄美等全国13療養所の在る市町長・議長が、青森市石江の松丘保養園に集まり、物故者へ献花。国の強制隔離政策という過ちの下、生じた差別偏見を根絶し、高齢化した入所者の生活を守るため協議を交わしました。

2017.07.02/市民病院サマーコンサート

市民病院サマーコンサート。
毎年夏冬病院ロビーで開催の恒例イベント。第1部は医療講演、第2部は先生方の生バンド演奏。ゲストはむつ市在住のsinonさん。代々市長が歌うコーナーもあり、我が家の娘達が大ファンの嵐「One Love」を選曲、振り付きで歌いました。サビだけですが^ ^

2017.07.01/市政報告会

小野寺あきひこ市政報告会。
昨年7月出馬を表明しから早1年。
これまで御支援頂いた皆様約950名においで頂き、これ迄の活動とこれからの青森市政につき御報告しました。
お運びの皆様、本当に有難うございました。
会場の都合上お招きできなかった後援会の皆様へも、近々活動報告をお送り致します。

2017.06.29/バス待合所竣工式

NTT青森支店前バス待合所竣工式。
本市が進める「バス待ち空間向上事業」に御賛同頂き、支店前の空間を提供頂いて、雨雪を凌ぎかつFreeWi-Fiやデジタルサイネージ等を備えた、ICTモデルの待合所第1号が竣工しました。
今後も年30ヶ所程度、皆様の身近なバス待合所を改修していきます。

2017.06.28/夏季ダボス会議その2

夏季ダボス会議2日目、日本人参加者ミーティング。
グロービス堀学長、トランスコスモス向井社長、サイバーダイン山海CEO等日本を代表する経営者に青森市の変化をPR。
この後湯崎広島県知事等と合流し世界経済フォーラム・シュワブ会長と面談(写真NG)、最先端の議論に刺激を受けつつ帰ります。

2017.06.27/夏季ダボス会議その1

Annual Meeting of the New Champions 2017(中国・大連市)。
かのダボス会議を主催する「世界経済フォーラム」が、次世代指導者を集め開催する国際会議。
当市の友好交流都市大連・肖市長からの招待。
アジア起業家の旺盛な事業意欲を身を以て感じました。

2017.06.26/青森南中学校講演会

青森南中学校での講演会。
伴校長先生より御依頼頂き、27年ぶりの母校へ。「後輩達に期待する事」と題し、自らの就職試験失敗談も交えつつ、
①同期を大事にする事
②いずれ社会の一員となる事を忘れずに学ぶ事
③港町らしい進取の気風を受継ぎ挑戦する事を力説。
最後に御礼の校歌に胸が詰まりました。

2017.06.25/NHKのど自慢

NHKのど自慢。
12年ぶりの青森市開催。放送前の来場御礼ご挨拶を担当。
448組の予選を勝ち抜いた20組へ、3,000通の応募から選ばれた満場のお客様と声援を送りました。
追って公務があり涙の途中退出でしたが、後で録画を確認したら、熱唱した後輩のお母さんが見事合格してました^ ^

2017.06.24/ミスねぶたコンテスト

第46回ミスねぶたコンテスト。
グランプリは山内蘭子さん(青森市)、ミスねぶたは三潟愛子さん(青森市)・荒川千佳さん(弘前市)が受賞。
これから国際観光都市青森市をPRする仲間として一緒に頑張ろうとエール。
写真は前年度ミス山口智胡さん・赤坂理菜さんと共に。本当にお疲れ様でした。

2017.06.22/青森県金融経済懇談会

青森県金融経済懇談会。
日本銀行の岩田規久男副総裁をゲストに迎え意見交換。
県内金融機関の方々からマイナス金利の出口戦略につき意見が相次ぎました。
岩田副総裁は、物価上昇率が欧米に比べ未だ低い事から、量的質的金融緩和を継続していく事、その間に企業がビジネスモデルを改革すべき事を力説。

2017.06.19/「父の日」花束贈呈式

「父の日」花束贈呈式。
青森市婦人団体連絡協議会の皆様が、朝イチでお子様やお孫さんを連れておいで頂きました。
昨日の父の日は我が家の娘達から、手書きの感謝状を受け取り感激しましたが、今日は青森市のお父さんを代表して花束のプレゼント。
週明け早々、嬉しい一日となりました。

2017.06.18/陸奥湾フォーラム

陸奥湾フォーラム。
初めて陸奥湾を囲む8市町村長が勢揃い。
独り青森市だけでなく沿岸8市町村で力を合わせ、恵みの海を守る決意表明。
鉄腕ダッシュ出演の木村尚先生の講演や、子ども達との稚魚放流など。
宮下むつ市長が壇上提案した「スクラム・ワン(湾)」の愛称が定着するか分かりませんが^ ^

2017.06.18/青森市消防団合同観閲式

青森市消防団合同観閲式。
晴天にも恵まれ、浪岡・青森の消防団が勢揃いしました。
整然たる人員点検→隊列行進→車両点検、伝統ある纏振り→梯子乗り→ポンプ操法訓練→訓練様式、可愛い少年消防クラブの演技も。
写真は功労者表彰に自らおいで頂いた三村申吾知事と共に、謝辞に対し二人並んで答礼。

2017.06.17/第68回青森市中学校体育大会

第68回青森市中学校体育大会夏季大会。
励ましの言葉を担当、幾多のアスリート曰く「日頃練習の成果を出す」為には強いメンタルが必要な事、故に今大会を技術のみでなく心を鍛える好機としてほしい旨を伝えました。
何より26年ぶりに見た、中学生達の規律正しい行進と、壮絶な応援合戦に驚きました!

2017.06.12/青森港整備状況視察

青森港の整備状況視察。
三村申吾知事より津島淳代議士共々ご案内頂き、国交省の港湾業務船『つがる』に乗船。
今年度280mから360mに延伸する「新中央埠頭」や、今秋完成の「本港浜町雪処理施設」、32年度を目途に進む「湾岸砂浜整備事業」等を洋上から視察。
着実な進捗を心強く思いました。

2017.06.11/東北絆まつりin仙台パレード

東北絆まつりin仙台パレード。
中型ねぶた『独眼竜伊達政宗』を率いて、若井会議所会頭・奈良観光協会会長・竹山市議会副議長・3名勢揃いのミスねぶたと共に出陣。
総勢250名のハネト衆はやはり壮観です。
沿道を埋め尽くす皆さんに、6市が誇る夏祭りを通じ、東北の熱い絆を体感して頂きました。

2017.06.05/市議会定例会開会日

市議会定例会開会日。
農業委制度変更に伴う定数条例、盛運輸サンドームの冷暖房更新費他補正予算7,062万円等を提案しました。
また議長から辞職届が提出されたものの、16-17で否決となりました。
各会派意見は様々ですが、願わくは市議会も一丸で前に進んでほしいとの想いを発し続けます。

2017.06.04/県選出国会議員説明会

県選出国会議員への重点施策説明会。
6名の先生(大島議長・木村議員・津島議員・升田議員・田名部議員・高橋議員)ご出席の下、知事、市長会及び町村会から地域の諸課題を要望。
私も市長会長として①諮問会議での地方財源抑圧論への警鐘、②国保の県移管に伴う財政措置の約束遵守等を発言しました。

2017.05.29/就任半年会見

市長就任半年の会見。
『前に進む市政』を掲げて着任以来、一心に課題解決を進めてきました。
前に進んでも進まなくてもご批判頂くならば、常に『前に進む』初心に沿ってこそ、皆様の期待に応える事と思い挑戦を続けます。
写真も小さな挑戦、クールビズで新規着用するワッツ・ラインメール特性ポロ。

2017.05.25/市町村長会議

市町村長会議(市の部)。
三村知事はじめ県幹部を前に、県内10市長が地域の意見要望を伝える会議。
国体の財政支援・人口減対策・高校再編など、議論は多岐に渡りました。
私からは戦略的観光戦略の視点で、県と10市によるトップセールスの分担連携を提案。
県側からもご賛意頂き何よりでした。

2017.05.20/地域医療有識者会議

地域医療に関する有識者会議。
市民病院・浪岡病院は、救急搬送等の重要な役割を担いつつも、計4.8億円の資金不足に陥り、持続性を疑う経営難が続いてきました。
自分の脚で地域医療を支えられるよう手立てを探ります。
市政混乱でこれまで手付かずだった「やるべき事業」にようやく着手します。

2017.05.19/尼崎市長表敬

稲村和美尼崎市長表敬。
ハイリスク検診と保健指導による脳血管疾患・糖尿病予防で著名な尼崎市。
全庁的な取組や医師会等と連携した推進体制を、市長自ら力説頂きました。
担当の野口緑部長は、大阪大学の戦略研究を通じ、青森市保健所を直接指導頂いた経緯もあり、内容に富む示唆を沢山頂戴しました。

2017.05.18/神戸市長表敬

久元喜造神戸市長表敬。
神戸港は開港150周年、2016年度のクルーズ船入港数106隻を数える国際港。
ドイツでの共同ポートセールス実施に協力を要請、快諾頂きました。
久元市長は就任前からご指導頂いた方。
日本を代表する港町の先達として引き続きスクラムを組み、クルーズ船誘致に臨みます。

2017.05.16/東北市長会総会

仙台市での東北市長会総会。
東日本大震災復興・原発事故対応・国際リニアコライダー誘致の特別決議等を審議しました。
写真は前回総会後に初当選の市長による壇上就任挨拶。
余談ですが、会場の江陽グランドホテルは13年前の我々夫婦の披露宴会場。
こういう形で再訪とは不思議なものです。

2017.05.15/しごと創り協力要請

「しごと創り」への新たな挑戦に関する協力要請。
例年各経済団体へ、新規高卒の早期求人を要請してきましたが、むしろ人材不足が顕在化する情勢を踏まえ、更に歩を進めて、市域での新たなしごと創りや障がい者雇用の要請に変更。
6/1~7/31の新ビジネス支援助成金公募も併せて周知願いました。

2017.05.12/ME/CFSライトアップ

ME/CFS(慢性疲労症候群)世界啓発デーアスパムライトアップ点灯式。
「CFS支援ネットワーク」の石川真紀代表と共に点灯スイッチを押しました。
県HPや市会見・市議会公明党山本議員の質疑など本県市での取組、ご挨拶頂いたCFS研究班の倉恒先生からも「青森モデル」と高く評価頂きました。

2017.05.10/弘前大学での講演会

弘前大学での講演会。
「幹部級職員を対象とした社会連携・地域貢献にかかる能力開発事業」として機会を頂きました。
弘前大学とは起業、エネルギー、農業資源開発、何より公立病院の経営改革でも連携が必須。
佐藤学長はじめ錚々たる面々でしたが、一段の協力を求める好機として、熱弁を振るいました。

2017.05.10/浅虫MOSPA

浅虫MOSPAプロジェクトチーム来訪。
浅虫温泉旅館組合組合長がホテル秋田屋の佐藤方信氏(50)、浅虫温泉観光協会会長が南部屋旅館の中村彰利氏(44)に交替。
軽トラ朝市を新規開催するほか、ナイトフィッシング回数増、八甲田スキーとの連携など。
若手経営者陣の挑戦、当市も全面応援します!

2017.05.07/奥凱航空定期便お出迎え

中国奥凱航空定期便初便のお出迎え。
今冬の国際線チャーター便の好調を受け、青森・天津線定期便が本日より就航しました。
県庁はじめ各位の此迄の御尽力に敬意を表するとともに、青森空港を起点に津軽・南部・下北から道南まで、中国のお客様に四季を通じた青森の魅力を満喫して頂きたいと思います。

2017.05.05/AOMORI春フェスティバル

AOMORI春フェスオープニング。
成田実行委員長と並んで、春色のスタッフジャンパーでパレード。
鈴なりの沿道の皆様に手を振って頂きました。
この後もYOSAKOI・ベリーダンス・大旗競演・地産地消食堂、16:15のフィナーレ総踊りまで、イベント盛り沢山です。
ぜひお出かけ下さい!

2017.05.03/TRAIN SUITE四季島

「TRAIN SUITE 四季島」見送り式。
JR東日本清野会長自ら青森駅においで頂き、四季島刻印入り特製ハンドベルを共に鳴らしました。
クルーズ列車の感度の高いお客様の来青、誇りに思います。
息のあった発車合図同様、JRともスクラムを組んで、観光都市青森を世界に発信していきます。

2017.05.01/むつ市役所往訪

むつ湾フォーラム(6/18(日)への開催協力依頼のため、野辺地町・横浜町・むつ市役所を往訪。独り青森市だけでなく、沿岸市町村のスクラムでむつ湾を守りましょうとの呼びかけに、ご快諾頂きました。
写真は8年前前職でむつ市訪問時、父順一郎様と同じ場所で、宗一郎市長と。
感極まっています。

2017.04.29/なみおか桜祭り

なみおか桜祭り開会式。
浪岡の春を彩る恒例行事、歴史を重ねること36回目にして初めて、続日本100名城にも選定された浪岡北畠氏の居城「浪岡城跡」での開催となりました。
御来賓からは浪岡北畠氏の始祖とされる南北朝時代の若き名君、北畠顕家公に寄せて市政へ激励頂き、光栄の至りでした。

2017.04.25/高島宗一郎福岡市長表敬

高島宗一郎福岡市長表敬。
起業・新事業支援に先進的に取組む「スタートアップ都市推進協議会」加入推薦をご快諾頂いただけでなく、4月12日オープンしたての創業支援施設「Fukuoka growth next」をサプライズで直接ご案内頂きました。
挑戦を誇れる港町の先達を見る思いでした!

2017.04.22/岸田外務大臣青森市訪問

岸田外務大臣青森市訪問。
地域を世界発信する事業として、弘前→青森→八戸を来訪。
武井・滝沢両政務官+ミャンマー・インド・タイ・ブルネイ大使+韓国・ベトナム公使の大外交団です。
青森市ではワラッセと問屋町(大青工業様)を視察。
氷温で遠隔輸送したヒラメが蘇生する技術に驚いて頂きました。

2017.04.20/青森県市長会総会

青森県市長会総会。
開催地は持ち回り、今回は八戸市ポータルミュージアム「はっち」で開催です。
年度当初の役員改選など議決の後、隣接する「八戸ブックセンター」や、前日安全祈願祭があった賑わい拠点「マチニワ」建設予定地を視察しました。
いずれも細部までのこだわりが随所に垣間見える施設。

2017.04.17/アオモリンク赤坂PR

アオモリンク赤坂PR。
赤坂駅前(TBS隣)の広域アンテナショップ、上京の機店頭に立ち半被で梃入れ。
飲食等散逸していた力を物販に集中し、ふるさと納税掲載品陳列など品揃え充実に徹底注力します。
赤坂通り商店会にも新規加入、地域連携も進捗。
外国客など立寄客の流れが徐々に出てきました。

2017.04.16/未来サミット

青森青年会議所『未来サミット』。
サンロード青森サンホールで、青森市の人口減少について公開討論会に臨みました。
私が強調したのはポジティブ思考。
津軽衆らしい「青森は雪多くてマイネ(ダメ)」ではなく、「ねぶたも雪もある四季豊かな街」と前向きに発信する事で、街の魅力はもっと高まります。

2017.04.12/全国市長会理事会

全国市長会理事会。
今日は県市長会長としての出張。
地方分権改革有識者会議の議員交替や、地方自治法改正案への意見提出の報告などの議事のほか、慶応義塾大学商学部権丈善一教授から、年金・医療・介護等の制度改正に関する講演がありました。
なお出席者はすべて市長。当り前ながら壮観でした。

2017.04.10/春の火災予防運動

消防本部防災パトロール出動式。
本日4/10(月)~4/16(日)迄の1週間、春の火災予防運動期間です。
明日11(火)の住宅防火訪問、13(木)沖館中での消防総合訓練、14(金)サンロード青森での火災予防キャンペーンなど順次実施、火災予防に努めます。
写真は消防服で出動車両に敬礼!

2017.04.06/春の全国交通安全運動

今日4/6(木)~4/15(土)は「春の全国交通安全運動」。
青森市役所前でも、平成17年秋から続く”交通安全のぼり旗ロード作戦”を実施しました。
写真は吹越新青森警察署長・沼田青森交通安全協会会長とご一緒に。
これから新入生が通学する時期、子ども達を交通事故から守りたいものです。

2017.04.05/青森公立大学入学式

青森公立大学入学式。
321名の学部生と2名の研究科進学生へ祝辞を送りました。
各理事も任期により交代。
八桁幸男新理事長のガバナンスのもと、実学系大学としての青森市政・市経済への貢献、また地域に生きる大学としての市内各大学との横の連携重視をミッションとし、新生・青公大に期待します。

2017.04.04/青森市観光振興会議

青森市観光振興会議。
青函DCも終了し、新キャンペーンを組成する事など、新年度事業を決定。市・会議所・観光協会はもとより、県・八甲田・浅虫・浪岡など各機関の連携で合意しました。
平成24年観光関係者連携のため組織した会議。
本来の目的がようやく緒についたとの厳しいご意見も頂きました。

2017.04.03/新採用者辞令交付式

青森市役所新採用者辞令交付式。
自分としても初の新採用職員59名へ、一人一人任用と配属先を手渡しました。
私が就任以来、市職員に課している「連携・傾聴・挑戦」は、新採用者にこそ相応しいテーマ。
県都として広域連携を牽引し、市民の声に耳を欹て、市政の課題に果敢に挑もうと訓示しました。

2017.04.02/「飛鳥Ⅱ」入港セレモニー

「飛鳥Ⅱ」入港セレモニー。
2017年最初のクルーズ船、50,142t、乗客定員872名の飛鳥Ⅱを歓迎し、春の観光シーズンの始まりです。
今年は過去最高の23隻が寄港予定。私も船長と青森の地酒とシャンパンを交換。
油川のこども園青い鳥の園児達も、和太鼓演奏でお迎えしてくれました^ ^

2017.03.31/退職者辞令交付式

青森市役所退職者への辞令交付式。
定年退職56名と勧奨退職等23名、計79名が、第二の人生へと踏み出されました。
奈良岡氏(~S54)・工藤氏(~H元)・佐々木氏(~H21)・鹿内氏(~H28)そして私。
5代の市政を支え、激動期を歩んだ皆様に敬意を表します。本当にお疲れ様でした。

2017.03.28/新入学児童交通安全用品贈呈式

新入学児童への交通安全用品贈呈式。
この春青森市に入学する2,200人を代表して15人の子ども達に、黄色い帽子やランドセルカバー、黄色いワッペンなど安全7つ道具を贈呈しました。
ご寄贈頂いた7社の皆様へ、新1年生が元気に声を揃え「ありがとうごさいました!」とお礼を述べてくれました。

2017.03.27/青函圏観光都市会議

青函圏観光都市会議。
弘前市の藤田記念庭園洋館で、葛西弘前市長・小林八戸市長・工藤函館市長と4市長揃踏みでした。
多言語PR動画の作成や、札幌での教育観光プロモーション、青函圏舞台の中国映画撮影まで、流石アイデア市長揃いらしい議論が飛び交い、新しいスクラムにワクワクする会議でした!

2017.03.26/浪岡消防団出初式

青森市浪岡消防団出初式。
工藤団長旗下の明瞭な号令の下、早朝の放水訓練→分団人員・車両点検→女性消防団員の訓練礼式→隊列行進と、清々と進む規律ある行動に、地域を自らの手で守る消防団の誇りを感じ、観閲台上の私も、身の引き締まる思いでした。
写真は幼年消防クラブの、微笑ましい放水演技。

2017.03.24/定例記者会見

第12回定例記者会見。
青森マラソン受付開始、八甲田春スキーバス運行、飛鳥Ⅱ寄港セレモニー、そして春の人事異動の公表。
新設の保健部長に浦田浩美理事を充てるなど、977名の異動を内示。
併せて激動の市政を支え続けた、木村敏幸環境部長はじめ定年退職を迎える方々に、感謝を伝えました。

2017.03.23/本会議閉会

青森市議会定例会閉会日。
緊急課題に対する市の労使一丸の姿勢、そして新生青森市への投資を含む29年度予算はじめ各議案を、賛成多数により可決頂きました。
市議会での論戦を通じ、誰が青森市を前に進め、誰が足を引っ張ろうとしているのか、市民の皆様に御覧頂くことができ、良かったと思います。

2017.03.21/臨時本会議

臨時開催された市議会本会議。
平成24年前後、アウガを経営する三セクが実施した補助事業等の経営判断を巡り、調査特別委員会が設置されました。
我々行政を進める執行部と、これを検証する市議会は、正に車の両輪。
三セクの特別清算に臨むにあたり、各々の役割に則り、真摯に対応して参ります。

2017.03.18/青森公立大学卒業式

青森公立大学の学位授与式。
恒例の学問の象徴「黒のガウン」と尊厳の象徴「黒の角帽」を着用した卒業生、取分け凛々しく見えます。
彼等の学んだ経営経済は実学であり、社会で活用されたいとエールを送りました。
最後も恒例、大学のシンボル、ポーランドの詩人アダムミキェヴィッチ像前で記念撮影。

2017.03.11/東日本大震災から6年

3月11日、東日本大震災から6年。
同じ東北人として、犠牲者の方々へ心からの追悼を申し上げます。
奇しくもこの日、市立高等看護学院(夜間定時制)の卒業式でした。
被災地での避難者のケアにも、看護師の方々の献身がありました。
准看護師の勤務と学業を両立した卒業生の今後の活躍を祈ります。

2017.03.06/市議会各派代表者会議

市議会各派代表者会議。
アウガ運営会社の債権放棄に伴う市一般職員の給与削減について、「一律5%削減」を「補佐級3%・係長級2%・事務官1%」と階層を設けて職員組合と合意した旨、報告しました。
厳しい交渉ではありましたが、市民負担への姿勢を、労使共有して示して頂いたことに感謝します。

2017.03.02/市議会一般質問

青森市議会一般質問。
有識者会議や市民WSでの議論を踏まえ、新庁舎のサードプレイス化や、アウガ総合窓口の日祭日開庁を検討する旨答弁しました。
未だ10階建100億円の新庁舎を建てたい議員と論戦しましたが、市長選で明確に示された、本市にそんな余裕は無いとの民意を着実に反映して進めます。

2017.03.01/クイーン・エリザベス青森港寄港

海の女王とも称される豪華客船「クイーン・エリザベス」青森港初寄港の発表会見。
平成31年5月7日、横浜出港後に青森港入りし、アラスカへのクルーズに旅立ちます。
同席した西副会頭も名前を挙げた鳥谷部様・細川様はじめ、港湾関係者の長きに渡るポートセールスの結実に、心から感謝です。

2017.02.28/アウガ商業区画閉店

アウガ商業区画の閉店日。
平成13年開店の青森駅前商業ビル「アウガ」16年の歴史に幕を引く日、最後迄営業頂いたテナントの皆様へ御礼に伺いました。
各位のご協力により、これまで示せなかった再開時期も、来年1月と明確にできました。
市総合窓口を有する「新生アウガ」再開に全力を尽くします。

2017.02.24/市議会開会

市議会での提案理由説明。
ゴーン氏の「日産リバイバルプラン」:2兆円の負債を前に、従業員削減と新商品投入等を組合せ、4年でV字回復した例を挙げました。
17.5億円の債権放棄という負担をおかけする市民の皆様に、企業再建同等の取組を期待頂くのは当然のこと。市政再建に大胆に取組みます。

2017.02.21/市長会総会

青森県市長会総会。
市長会会長として事実上初の議事進行でしたが、皆様のご協力で29年9/23(土)・24(日)開催の「あおもり10市大祭典in十和田」記者会見まで辿り着きました。
直後の県市懇談会、三村知事・青山副知事も参加。
10市のスクラムも一段とパワーアップですo(^▽^)o

2017.02.18/BLUE TOKYO 観光大使

『BLUE TOKYO』への観光大使委嘱状交付式。
青森市発の男子新体操プロユニットとして、地元青森から舞台を育て、全国へ世界へ発信を続けている栄誉を称えました。
約束通りBLUEが一番輝く舞台の上で、満員のお客様に、盛大な拍手で大使任命をご賛同頂き、委嘱状をお渡しできました!

2017.02.17/当初予算案発表

2017年度当初予算案の発表。
一般会計総額1,194億円余(+10.4億円,+0.9%)。アウガ土地・建物取得費9.6億円等の緊急課題対応とともに、地域企業の新ビジネス挑戦支援等に4年間で6億円を充てます。
過去の清算を着実に進めつつ、未来への投資に意を配る初年度予算としました。

2017.02.16/総務省・国交省要望

除排雪や鳥インフル、台風被害等について総務省・国交省へ要望活動。
県市長会会長として、三村県知事・吉田町村会長(六戸町長)・葛西弘前市長・宮下むつ市長と共に往訪しました。
佐藤総務事務次官(写真右3人目)や石川道路局長から「雪や災害についてはきちんと財政措置する」と回答ありました。

2017.02.12/初午祭

廣田神社での初午祭。
今年度の無事故・無火災を祈願し、神事とまとい振りの奉納がありました。
永い歴史と伝統を誇る青森市消防団の雄姿、生業を持ちながら、地域の安全確保に献身頂いていることに、深く感謝です。
私も初消防服での出動、敬礼も消防庁勤務以来、15年ぶりでした。

2017.02.06/青森・函館ツインシティ推進協議会

青森・函館ツインシティ推進協議会。
平成元年の協定以来の双子都市、函館市から、工藤市長・佐古議長はじめ、多数が来青頂き、経済分野などで更に連携を深めることを確認しました。
文化・スポーツ・商業団体など、錚々たる面々が、こうして一同に会せることこそ、両市の歴史的資産だと思います。

2017.01.31/特別清算

臨時記者会見により、債務超過に陥ったアウガを経営する法人を、特別清算する事を発表しました。
迷走を続け、市政交代の引き金を引いた清算方針が、ようやく関係者の大筋合意まで辿り着いたものではありますが、結果として17.5億円の債権を放棄せざるを得ないこと、市を代表しお詫び申上げます。

2017.01.27/『東北絆まつり』実行委員会総会

『東北絆まつり』実行委員会総会。
東北六魂祭の開催が一巡、後継事業の名称等を議論しました。
私からは6都市の主催が分かる「六」の字は残すべきではと提言しましたが、今後のプロモーションの中で「六都」を強調しつつ、東北の他都市にも絆を広げていく趣旨から「東北絆まつり」となりました。

2017.01.26/青森山田高校サッカー部セレモニー

青森山田高校サッカー部の選手権・高円宮杯2冠達成セレモニー&市長特別賞贈呈式。
吹雪で選手が風邪を引かないよう、柳町から市役所まで、100m程度のパレードでしたが、吹雪どころか祝意に相応しい晴れ渡る空。
約1,000人もの市民の皆様が鈴なりで、青森市への凱旋をお祝いできました!

2017.01.24/函館市長表敬訪問

工藤壽樹函館市長を表敬。
青函連絡船に代表される両市の繋がりは、ツインシティ(双子都市)として脈々と続いてきました。
国際観光都市・函館との関係を発展させるとともに、私からはビジネス面でもより連携を深めたいと話しました。
何より沢山の出迎えに花束まで頂戴し、驚く程の歓迎に感謝です。

2017.01.23/中野区長表敬訪問

田中大輔中野区長を表敬。
26年4月の青森市・中野区交流連携協定を機に「東北復興大祭典なかの」や「棟方志功サミット」を通じ交流が続いてきたことから、新任ご挨拶に伺いました。
市政交代も踏まえ、交流連携の歴史も新たなフェーズへ向かわねばなりません。都市外交、明日は函館市に伺います。

2017.01.22/青森県選手団慰労会(広島)

都道府県対抗男子駅伝の青森県選手団慰労会。
31位と前年(43位)から大幅躍進!市内造道中の敦賀選手(6区)や、山田高の田澤選手(1区)・市澤選手(4区)、同OBの堀合選手(7区)が活躍、来年も期待大です!
議会の合間をぬっての都市外交、この後広島から東京に移動し中野区長を訪問です。

2017.01.19/町会連合会懇談会

町会連合会の皆様との市政懇談会。
地縁が希薄化する大都市や、人口減が進む過疎地に比べ、子どもねぶたや除雪を核に、しっかりした町会ネットワークは青森市の強み。
新年度より「あおもりタウンミーティング」と題し、皆さんを集めるのではなく足を運び、各連合町会ごとに地域課題を話しあいます。

2017.01.18/市営バストップセールス

越年した12月市議会も無事閉会。
全会一致で議決頂いた増田副市長、任命した棟方浪岡区長と、握手で記者会見に臨みました。
議会と丁々発止、厳しい議論を交わしながらも、副市長人事をはじめしっかりと決断を頂き、「市政が前に進む」姿を、市民の皆様にお届けできたことに、まずは安堵しています。

2017.01.16/市議会閉会会見

越年した12月市議会も無事閉会。
全会一致で議決頂いた増田副市長、任命した棟方浪岡区長と、握手で記者会見に臨みました。
議会と丁々発止、厳しい議論を交わしながらも、副市長人事をはじめしっかりと決断を頂き、「市政が前に進む」姿を、市民の皆様にお届けできたことに、まずは安堵しています。

2017.01.14/青森ナイト

ふるさと祭り東京2017『青森ナイト』。
BLUE TOKYOのパフォーマンス、津軽三味線に手踊り、そして囃子に乗った跳人衆と共にねぶた出陣!
私も初の提灯持ちでは納まらず、少々跳ねてみました^_^。
お陰様で大盛況に終わり、沢山の皆様に「青森に行ってみたい」と声をかけて頂けました!

2017.01.11/青森ワッツ表敬訪問

Bリーグ『青森ワッツ』の表敬訪問。
青森に根ざすプロスポーツチームがあることは、地域の誇り。
音楽やライティングを駆使した演出は、スポーツのエンターテインメント性を実感できます。
「地域と共に生きるスポーツ」というBリーグの理念に共感し、これから青森市も共に歩んでいきます。

2017.01.10/FM青森新番組

新番組の告知です。
なんとFM青森で冠番組を作ってくれることになりました!
タイトルは『小野寺あきひこのスクラム!』
初回ゲストは、スクラムのお相手、宮下宗一郎むつ市長と、青森冬まつり実行委員の田村隆文みなとクラブ事務局長。
初回1/29(日)7:00~7:30。毎月第4日曜朝放送です。

2017.01.08/成人式

青森市成人式。
私が20歳の時、将来など考えず、漠然と受けた試験に落ち、就職留年した失敗談を、敢えて話しました。
この20年の先に、これから40年、自ら給料を稼がなければいけない道が続く事。
だからこそ今日を、どの道に「挑戦」するのか想う一歩にしてほしい事。
新成人への贈る言葉でした。

2017.01.07/ふるさと祭り

東京ドームでの「ふるさと祭り」開会セレモニー。
ゆるキャラハネトンと並んで、葛西弘前市長と一緒に初シティセールスです!
1/7(土)~15(日)10時-21時開催、1/14(土)18時からは「青森ナイト」、ねぶたも私も出陣して青森市でドームジャックします。
皆様是非おいで下さい^ ^

2017.01.04/仕事初め

青森市役所の仕事初め式。
28年末就任の私にとって、今年29年が実質スタートの年。
『進まざる者は必ず退き、退かざる者は必ず進む。』
福沢諭吉翁の言を引いて、職員一人一人の皆さんに、今年の挑戦を小さくとも何かしら思い定めるよう求めました。

2017.01.01/青森中央郵便局配達式

青森中央郵便局の元旦出発式。
239万通の年賀状が、精鋭の配達員さんにより皆様のもとへ届きます。私も実は緊張の初テープカットでした^ ^
なお、公職選挙法147条の2の規定により、私は選挙区内に年賀状を送ることができません。これまでご挨拶差し上げていた皆様、欠礼お許しください。

2017.01.01/八甲田丸カウントダウン

八甲田丸でのカウントダウン。初仕事のご挨拶です。沢山の方々と、新年を祝いました。
2016年は、青森市にとって市長交代という節目の年。私自身も行政職から市長職へと転進の年となりました。
応援頂いた皆様、本当にありがとうございました。
2017年、いよいよ「前に進む青森市」本格始動です!

2016.12.28/JR東日本冨田社長面会

JR東日本冨田社長と固い握手。
年末の多忙期ながらアポイント頂いたとの一報、急遽駆けつけました。
冨田社長からは、地域中核都市の繁栄あってのJRであり、全面的に協力するとの力強いエールを頂きました。
JRとの信頼関係回復は重要な公約、皆様へのお約束を一つずつ着実に果たしていきます。

2016.12.25/クリエイト初講義

新生青森市の目指す街を、初講義。
高校生・大学生から成るまちづくり団体「クリエイト」さんの臨時講師を務めました。
折角まちづくりに取組むなら、イベント参加に留まらず、地域で起業するくらいのビジネス感覚を持ってほしいとエールを送りました。

2016.12.23/わっち!!出演

本日12/23(金祝)16:48~ATV「わっち!!」に生出演しました。
新生青森市の宣伝隊長として、笑顔で明るく先川さんや佐藤アナと掛け合いましたが、X’mas料理コーナーで豚バラ肉を巻くお手伝いが一番緊張しました。
番組のTwitterでも、緊張ぶり皆さんに伝わってましたね^ ^

2016.12.21/初一般質問

初の一般質問。
所信表明と同じく、明るく堂々と答弁することに努めました。
実は一問一答方式、私自身初の経験。愛知県議会・宮崎市議会は一括答弁方式でした。
特に再質問から、予め原稿を準備しない素の議論になるため、答弁する私や部局長の力量が直接問われる方式だな、と思いました。

2016.12.20/田中稔賞贈呈式

稲作農業発展への寄与を表彰する「田中稔賞」贈呈式。
青森市高田で寒冷地での直播(ちょくは)栽培等に取り組む先進的農家、飯塚久雄様に表彰状をお渡ししました。
駅前ビル清算など後向きの問題でご心配おかけしていますが、一刻も早く「攻めの農林水産業」など前向きな施策に転じたいと思います。

2016.12.18/八戸市訪問

小林眞市長はじめ八戸市議の皆様と。
自治省の先輩でもある小林八戸市長が、一席設けて下さるとのことで、お伺いしたところ、同市議会議員有志の皆様も急遽ご参集いただき、結果盛大な歓迎会になりました。
青森市とスクラムを組んで頂ける方々が、県内各地で増えていくこと、心強い限りです。

2016.12.16/初市議会

いよいよ初市議会。
青森市が目指す3つの姿、
「挑戦を誇れる街」
「市民の声に耳を傾け決断する街」
「リーダーシップを発揮する街」
を所信表明としました。何より気をつけたことは、新たな市政の始まりらしく、明るく、はっきりと、元気良く。
その意気込み、皆さんに伝わりましたでしょうか。

2016.12.12/弘前・黒石市長往訪

葛西弘前市長、高樋黒石市長を表敬。
市長職の大先輩として、また弘前市は市役所の総合窓口や防災機能、黒石市はごみ処理委託問題など、青森市政に関連する話も数多くさせていただきました。
先達のもとに足を運び、膝詰めで話すことで、得られる示唆の大切さを、改めて思いました。

2016.12.09/初の定例記者会見

初の定例記者会見。
①市長給与削減の継続、②鳥インフル封じ込め、③アウガテナントアシストチーム活動報告、④市役所エレベータ復旧について話しました。
背景も新バージョン。「挑戦を誇れる街」は、青森市が目指すべき初心を忘れないよう、「広域の地図」は常にスクラムを組む思いを表しました。

2016.12.05/青森県市長会総会

青森県市長会総会、会長にご選任頂きました。
そうそうたる諸先輩市長をおいての重責に、引き締まる思いもさることながら、就任の抱負として述べた「スクラム」を、記念撮影の際、早速肩を組み、実現してくださいました。
この絆を活かして、早速10市連携に取り組みます。

2016.12.05/テナントアシストチーム

アウガ4階に「テナントアシストチーム」を発足しました。
周辺の空き店舗情報等をご用意し、ここを拠点に、4名のスタッフが皆様の相談に応えることをお伝えしたく、チームを設けました。
テナントの方々に寄り添い、殊更丁寧に相談に乗ってもらうよう、お願いしています。

2016.12.01/産学金官によるしごと創り

私の第一公約「産学金官によるしごと創り」へ向けて協力頂きたいサポーター、青年会議所や商議所、地域金融機関、報道機関などに、挨拶方々お願いにあがりました。
新ビジネスにはハンズオン(手に手を取って)の支援が不可欠とされます。皆様にお力添え頂けるとのエールを頂き、有難い限りです!

2016.11.29/アウガ各テナント訪問

アウガ各テナント様への挨拶回り。
公開討論会でもお話しした通り、これまでの対応をお詫びしつつ、それでも営業を続けて頂いたことに感謝を申し上げました。
ご不在のオーナー様には申し訳ありませんでしたし、皆様にお叱り頂くこと覚悟で伺いましたが、殊の外暖かく迎えて頂き、有難い限りです。

2016.11.28/初登庁

9:50、市庁舎に初登庁。
すぐに積み残された仕事に、取り掛からなければなりません。前に進む市政を、今日から始めます。

2016.11.27/当選報告

青森市長選挙、64,218票もの市民の皆さんの力を頂き、当選することができました。
任期途中での交代ゆえ、11/28(月)9:50初登庁、直ちに任務開始です。
沢山お寄せ頂いたお祝いメッセージへの感謝に代えて、早速「前に進む市政」「スクラムを組む市政」を始動します。

2016.11.26/終了式

11/26(土)19:50、終了式。
後援会長、市議団の皆さん、集まって頂いた三村知事はじめ支援者の方々、チームオレンジの仲間達、そして妻に、感謝と御礼の気持ちを伝えることができました。
そして人事は尽くしました。後は天命を待つしかありません。

2016.11.26/最終日の街頭演説

11/26(土)、最終日の街頭演説。
19:30@私の住んでいた浜田玉川の交差点で、チームのみんなが「サプライズ演説」を用意してくれました!
ベテランの皆さんからみれば拙い演説でも、明日の青森を担う「ワゲモノの想い」が詰まった最終演説になりました。

2016.11.25/選挙演説(浪岡)

今日の浪岡、寒い中でも沢山お集まり頂き本当に感謝です。

2016.11.24/選挙演説(高田)

今日の高田交差点での街頭、手を振って頂ける方が着実に増えてきて、本当に感謝です。

2016.11.23/選挙演説(ガーラタウン)

今日は三村申吾知事、宮下宗一郎むつ市長が、途中応援演説に駆けつけていただきました。
私より若い先輩市長からのエールに感謝しつつ、猛吹雪の中、記憶が飛びかけました(T_T)

2016.11.20/選挙演説(ドリームタウン)

夕方の選挙演説。
三村申吾知事や、妻も一緒にドリームタウン前に立ちました。手を振ってくれる方も日に日に増えて、着実に前に進んでいます。

2016.11.20/青森市長選挙 第一声

第一声の動画をチームオレンジの皆さんが素早くYoutubeにアップしてくださったので、シェアします^o^

2016.11.19/みんなでマチカツ

11/19(土)16:30、総勢18名の「みんなでマチカツ」になりました。
8月1日から約4ヶ月間、毎日朝晩2ヶ所づつ。400回以上続けてきたマチカツも今日で最後。
明日の告示日からはいよいよ「選挙演説」に変わります。
一緒に手を振ってくれたチームオレンジのみんな、本当にありがとう!!

2016.11.17/政策会見

11/20の告示を前に、法定チラシに掲載予定の公約を、記者の皆さんを通じ予めご説明する「政策会見」を開きました。
7月に立候補した時から、骨子は変えていませんが、より分かりやすく書きおろしています。
公開討論会での議論とあわせて、候補者間の政策の違いが明確になってきたと思います。

→会見の動画は「政策」のページでご覧になれます。

2016.11.16/浪岡での「市政報告会」

浪岡での「市政報告会」。200人以上の方々が、私の想いに耳を傾けてくださいました。
浪岡が誇る農産物を、先頭に立って世界に売り込んでいくと、熱く語りました。
小雨降る中でもわざわざお集まりいただいた沢山の皆様、ご主催頂いた市議団の5人の先生方、本当にありがとうございました!

2016.11.15/公開討論会

青森青年会議所主催の公開討論会。
許可なく撮影禁止だったため、昨晩の討論会から一転、静まり返ったアウガ5階を改めて撮影。
市政の課題について、2時間半じっくり語りました。
10階建100億円の市役所を建てるのか建てないのかをはじめ、各候補者の違いが明確になって良かったと思います。

2016.11.14/三村申吾知事の県政報告会

三村申吾知事の県政報告会。私を支援する、と壇上に引き上げ、やんちゃなところに伸びしろがある、と褒めていただきました。
青森市は孤立した街ではありません。県と、周囲の市町村と、スクラムが組めるリーダーが必要です。
写真はご挨拶終了後の一枚^o^

2016.11.09/青森県知事訪問

三村申吾青森県知事のもとを急遽訪ね、『前に進む青森市政を取り戻すため、どうかお力添え頂きたい』とお願いして参りました。
出張帰りの機に、突然の訪問となったため、後程お答えを頂けるとのこと。
吉報を信じ、待ちます。

2016.11.09/吹雪の街活

吹雪の街角活動(マチカツ)。立候補した時から覚悟はしてましたが(T_T)。
青森市民みんなの願い、「雪対策」を万全にしなくては…と思いつつ、あまりの寒さに、気を失いかけました。

2016.11.05/事務所開き・決起大会

いよいよ「事務所開き」「決起集会」。
廣田神社宮司様により、神事も滞りなく、神棚に魂が篭り、あとは戦い抜くだけとなりました。
決起集会では、大坂小野寺あきひこ後援会会長、「あおもり、再生。」推進議員団の大矢市議会議長から、熱い激励のお言葉をいただき、同じく議員団の渡部議員より、力強いガンバロー三唱を頂きました。
小雨降る中、300人もの方々にお集まりいただき、ただただ感謝の想いでいっぱいです。
告示まであと14日、投票日まであと21日。
「前に進む市政」を目指し、精一杯走りぬきます。

2016.11.03 /青森市長選市民公開討論会

初の「青森市長選市民公開討論会」。
アウガ5階多機能ホールに、約240人と、ほぼ満員のお客様に、集まっていただきました。
「1.政治に望む基本的な考え方、姿勢」として、前進する市政、スクラムを組める市政を取り戻すこと、
「2.青森の近未来」として、新しいことにチャレンジする、元気な街にしたいこと、
「3.青少年の夢や希望、職」として、地域企業の仕事づくりを支援し、若者の流出を止めること、
「4.高齢者の生活」として、医療・介護・福祉が連携する、地域包括ケアを進めること、
を、ゆっくりと、力を込めてお話ししました。
それから最後に、会場のお子様から、「あなたの金メダルは何ですか?」との質問があり、私は妻です、と答えました。青森高校の同級生だった妻は、今は3人の子供を大切に育ててくれていますが、職を投げ打って、この場に立つことを認めてくれました。
大願成就したら、妻に金メダルを贈りたいと話しました。
三者三様だった、我々候補予定者の評価は、お聴き頂いた皆さんに、お委ねすることになりますが、各々の主張を、いちどきに聞き比べて頂けたことは、街の進路を選ぶために、とても良い機会だったと思います。
主催の地域活性再生委員会の皆様、本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。

2016.10.27/為書

三村申吾 青森県知事 には、在職時より、青森市出身者として可愛がって頂き、自民党の、高市早苗総務大臣には、退職時、必勝の火打ち石を鳴らしていただきました。
民進党の、渡辺周衆議院議員には、元総務副大臣秘書官として、心を込めてお仕えしました。

このご縁の深いお三方から、必勝の「為書」を頂戴し、後援会事務所に、掲げることができました!

市長選に、国政の構図を持ち込みたい方もいるようですが、市長選は、この街の皆さんのリーダーを選ぶ戦いです。
停滞する市政を引継ぐのか、前進する市政を取り戻すのか。
この想いに共感頂ける方々と、党派を超えて力を合わせていくのに、これ以上力強い横断幕はありません!

2016.10.23/後援会事務所開所式

後援会事務所の「内覧会」。
挨拶も元気よく、ルールを守って、まずは次回11/5(土)の、事務所開き(神事)を目指し、頑張ろう!みんなで鬨の声を上げました^o^
内覧会の写真、ご提供ありがとうございました!
そのまま、隣接するヨーカ堂前交差点で、過去最多!10人での街角活動(マチカツ)。
中高同期、まちづくり市民運動の会の皆さん、それに初めておいでくださった方もいたり、オレンジの服や、ハロウィンもアリでしたね^o^
皆さん、ありがとうございました!

2016.10.20/議員団結成打合せ

「あおもり、再生。」の推進に共鳴していただいた、超党派の市議の方々との、議員団結成の打合せ。
市長と市議会は、車の両輪に例えられます。
これまでは片輪が左回り、片輪が右回りするがごとく、市政は停滞を続けてきました。
これからは、常に意見を戦わせながらも、互いの車軸をしっかりとつなぎ、建設的な議論のもと、前に進む市政を取り戻す。
この思いに共感していただける、超党派の皆さんに、集まっていただけました。
大事なことは、どの党派、どの会派に偏ることなく、「停滞する市政を、前に進めなければいけない」と憂う方々と、広く、力を合わせていかなければいけないこと。
議長会等、公務で出席できなかった、市議の方々にも、個別に了解をいただいて、「あおもり、再生。」推進市議会議員団として、速やかに発足させていきます。

2016.10.16/ラインメールFC vs ホンダロックSC

残念ながら、0-3で敗戦でしたが(T_T)ハーフタイムに、ご挨拶に回っていたところ、TVクルーが、取材においでになりました。
妙見&柳町での、街角活動(マチカツ)も撮影、インタビューもお受けしました。
明日月曜夕方のニュースで、ご覧いただけるかも?
何より土日両日付き合ってくれた、中学同期のO君、ホントにありがとうございます!

2016.10.14/「これからの青森市、まちづくりについての懇談会」

青森商工会議所副会頭、西秀記さんの、情熱溢れる講話を引き継いで、全国のまちづくり事例、青森でもチャレンジできる取組をお話ししました。
総勢41名もの方に、ご参加いただいたとのこと、ホントにありがとうございます!
アツい思いを持つ皆さんと、スクラムを組んで、7年半後退し続けた青森市を、いよいよ前に進めます!!

2016.09.25/「青森ワッツ」開幕戦

青森の至宝、プロバスケチーム「青森ワッツ」の開幕2連戦@五所川原市民体育館。
パートナー激励会での約束を守って、今日は1ブースターとして、応援に来ました!
追い上げを凌ぐスリリングな展開で、69-63の勝利!!
No.14木村啓太郎選手の3point連発には痺れました^ ^
2,000人を超える観客が集まって、しかもビートに乗った演出も、チアリーディングも最高!
これだけのエンターテインメントが真近で見られるなんて、青森ってスゴい^o^

2016.09.23/街角活動

おはようございます。おはようございます。
「あおもり、再生。」あおもりを、元に戻したい。大人達が前を向く、子供達が未来を語る。そういう街に、ふるさと青森が、みなさんお住まいの青森が、ならなければいけない。その先頭に、立ちたい。この思い、一心で、20年勤めた仕事を投げ打って、ふるさと青森に、戻ってまいりました。
戻るところはありません。前に進むしかありません。
でも、青森市も同じです。後ろ向きの議論をしている暇はありません。

現市政8年間、何が前に進んだでしょうか。
この街には、積み残しの課題がたくさんあります。
しごとが無ければ、ひとは残らない。ひとが無ければ、まちは残らない。
この街には、やるべきことがたくさんあります。
「しごとづくり」
地域の企業のチャレンジを応援する。
「ひとづくり」
子育て中のお母様、お父様を支援する。そして、
「まちづくり」
地域地域の課題に耳を傾ける。
これがリーダーの仕事です。

この街を「やさしいまち」に。
障害のある方や、ご高齢の方にも、やさしい街に。
この街を「つよいまち」に。
災害や、雪にも、つよい街に。そして、
この街を「かがやくまち」に。
森を、海を、川を、もっとかがやく街に、しなければいけない。
現市政8年間、何が前に進んだでしょうか。
この街には、やるべきことがたくさんあります。

「あおもり、再生。」あおもりを、元に戻したい。
大人達が前を向く、子供達が未来を語る。
そういう街に。
新しいことにチャレンジする、リーダーシップを発揮する。
そういう街に。ふるさと青森が、みなさんお住まいの青森が、ならなければいけない。
その先頭に立ちたい。この思い一心で、20年勤めた仕事を投げ打って、ふるさと青森に、戻ってまいりました。

この後も、市内の各所で、毎日毎日、「あおもり、再生。」の声を上げてまいります。
28万の心ある青森市民の皆さんに、「あおもり、再生。」のこの思いが届くよう、毎日毎日、一歩づつ少しづつ、声を上げてまいります。
このNTTさんの前の交差点にも、「あおもり、再生。」の、オレンジの、元気の色の、のぼり一本、立てに戻ってまいります。

また参ります。ありがとうございました。
ありがとうございました。

2016.09.19/「あおもり、再生。」の集い

「あおもり、再生。」の集い。
驚くほど数多くの方々に、おいでいただきました。
沢山の県会議員さん、市会議員さんはじめ、各層の方々にも、わざわざ足をお運びいただき、ただただ感謝しかありません。

大坂健蔵後援会長からの、熱いご挨拶、私が妻とともに、決意表明ののち、久元神戸市長から、青森市にとって示唆深いご講演と、力強いエールを賜りました。

後援会が正式に立ち上がり、これでいつでも、本格稼働が可能になりました。
9月市議会は、激論が続いていますが、次を担う準備は、いつでもできています。

2016.09.04/確認書署名式

9/4(日)19:00@ラ・プラスにおいて、次期青森市長選挙にあたる確認書署名式を行いました。

西秀記さん、丸山桂多さん、そして青森市まちづくり市民運動の会の皆さんには、これまで重ねた、忌憚のない意見交換を踏まえ、晴れてこの日を迎えられたこと、深く感謝申し上げます。

青森のまちづくりに、これほど息長く携わってきた西さんが「衰退した青森市」と言わざるを得ないほど、現市政8年で、何が進んだのか(むしろ後退したのか)、その総括を厳しく問い、新たな、前進するまちづくりへ。

「この仲間が肩を組めば、1+1が3にも4にもなる」との丸山さんの言葉どおり、力を合わせ進んでいきます。

2016.08.13/街角活動同級生参加

街角活動に、中学・高校の同級生が有志で加わってくれました!

一人じゃないって、ホントに心強い!!
手を振り返してくださる方も、不思議なもので、倍になります^o^

2016.08.01/街角活動初日

8/1(月)7:30から、街角活動を始めました。
子ども3人が産まれた、県立病院前、市立南中学校への通学路だった、浜田交差点、そして市役所のお膝元、柳町交差点。 オレンジののぼりと、オレンジのポロシャツで第一声を上げました。
前向きな、未来を語る市役所へ。
ビタミンカラー、オレンジに乗せて共感の輪を広げていけるよう、一歩、一歩。

2016.07.22/出馬会見

15:00、市長選出馬表明の会見に臨みました。
一世一代の大舞台。
故郷青森市を再生しなければならない、「あおもり、再生。」への想いを熱く、熱く語ったつもりです。

小野寺あきひこ公式動画小野寺あきひこ公式動画