活動記録

2020.04.23/県・市町村新型コロナ対策連絡会議

県・市町村新型コロナ対策連絡会議。

県と40市町村が連携して立ち向かう場が新設。

浜谷豊美町村会長(階上町長)と共に各市町村のコロナ対応へ支援を要請、

三村申吾知事から「支援を真剣に考える」と力強い回答。

今後のTV会議活用や感染情報の統一的提供も発言。

今後も3者協力しGW帰省自粛等を呼びかけ。

2020.04.20/新型コロナウイルス感染症特別対策室発足

新型コロナウイルス感染症特別対策室発足。

4/3市内1例目発生時危機管理課内に直ちに設置したPTを拡大、

①感染症対策

②遠隔授業推進

③生活支援臨時給付金の3チームで編成。

佐々木正幸室長以下14名に辞令交付、1日も早く給付金を市民に届ける事、

ICTを活用し子ども達の学習機会を守る事等を指示。

2020.04.19/マスク・検温ノート贈呈

マスク・検温ノート贈呈。

市内2社・2障がい者施設のご協力で布製マスクを、

市内印刷会社のご寄贈で検温ノートダイアリーを全小学生へ。

浦町小1-1坂本奏音さんと担任の澤田久子先生へ代表して進呈。

布マスクは今後も増産を続け中学生、妊婦・乳幼児世帯、

保育園・幼稚園、障がい者・介護施設等へ配布。

2020.04.17/医療・介護関係者への感謝の拍手

医療・介護関係者への感謝の拍手(フライデーオベーション)。

新型コロナ防止の最前線にある医師・看護師・臨床検査技師・保健師

・介護関係者等に誹謗中傷があるとの報告。

差別ではなく感謝の拍手を。

福岡・茨城等で広がる取組、毎週金曜正午、ご賛同頂ける方に参加頂けると嬉しいです。

2020.04.16/第10回新型コロナ対策本部

第10回新型コロナ対策本部。

青森県内22例の患者発生や全国での緊急事態宣言も踏まえ

①小中学校は4/20(月)学校再開を断念、5/6(水)迄臨時休校を延長。

週1回に限り学年別登校、遠隔授業を全小中学校で実施。

②放課後児童会は体制維持も支援員の負担軽減へ教育委と連携。

③施設休館・会合も引続き自粛。