活動記録

2016.11.05/事務所開き・決起大会

いよいよ「事務所開き」「決起集会」。
廣田神社宮司様により、神事も滞りなく、神棚に魂が篭り、あとは戦い抜くだけとなりました。
決起集会では、大坂小野寺あきひこ後援会会長、「あおもり、再生。」推進議員団の大矢市議会議長から、熱い激励のお言葉をいただき、同じく議員団の渡部議員より、力強いガンバロー三唱を頂きました。
小雨降る中、300人もの方々にお集まりいただき、ただただ感謝の想いでいっぱいです。
告示まであと14日、投票日まであと21日。
「前に進む市政」を目指し、精一杯走りぬきます。

2016.11.03 /青森市長選市民公開討論会

初の「青森市長選市民公開討論会」。
アウガ5階多機能ホールに、約240人と、ほぼ満員のお客様に、集まっていただきました。
「1.政治に望む基本的な考え方、姿勢」として、前進する市政、スクラムを組める市政を取り戻すこと、
「2.青森の近未来」として、新しいことにチャレンジする、元気な街にしたいこと、
「3.青少年の夢や希望、職」として、地域企業の仕事づくりを支援し、若者の流出を止めること、
「4.高齢者の生活」として、医療・介護・福祉が連携する、地域包括ケアを進めること、
を、ゆっくりと、力を込めてお話ししました。
それから最後に、会場のお子様から、「あなたの金メダルは何ですか?」との質問があり、私は妻です、と答えました。青森高校の同級生だった妻は、今は3人の子供を大切に育ててくれていますが、職を投げ打って、この場に立つことを認めてくれました。
大願成就したら、妻に金メダルを贈りたいと話しました。
三者三様だった、我々候補予定者の評価は、お聴き頂いた皆さんに、お委ねすることになりますが、各々の主張を、いちどきに聞き比べて頂けたことは、街の進路を選ぶために、とても良い機会だったと思います。
主催の地域活性再生委員会の皆様、本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。

2016.10.27/為書

三村申吾 青森県知事 には、在職時より、青森市出身者として可愛がって頂き、自民党の、高市早苗総務大臣には、退職時、必勝の火打ち石を鳴らしていただきました。
民進党の、渡辺周衆議院議員には、元総務副大臣秘書官として、心を込めてお仕えしました。

このご縁の深いお三方から、必勝の「為書」を頂戴し、後援会事務所に、掲げることができました!

市長選に、国政の構図を持ち込みたい方もいるようですが、市長選は、この街の皆さんのリーダーを選ぶ戦いです。
停滞する市政を引継ぐのか、前進する市政を取り戻すのか。
この想いに共感頂ける方々と、党派を超えて力を合わせていくのに、これ以上力強い横断幕はありません!

2016.10.23/後援会事務所開所式

後援会事務所の「内覧会」。
挨拶も元気よく、ルールを守って、まずは次回11/5(土)の、事務所開き(神事)を目指し、頑張ろう!みんなで鬨の声を上げました^o^
内覧会の写真、ご提供ありがとうございました!
そのまま、隣接するヨーカ堂前交差点で、過去最多!10人での街角活動(マチカツ)。
中高同期、まちづくり市民運動の会の皆さん、それに初めておいでくださった方もいたり、オレンジの服や、ハロウィンもアリでしたね^o^
皆さん、ありがとうございました!

2016.10.20/議員団結成打合せ

「あおもり、再生。」の推進に共鳴していただいた、超党派の市議の方々との、議員団結成の打合せ。
市長と市議会は、車の両輪に例えられます。
これまでは片輪が左回り、片輪が右回りするがごとく、市政は停滞を続けてきました。
これからは、常に意見を戦わせながらも、互いの車軸をしっかりとつなぎ、建設的な議論のもと、前に進む市政を取り戻す。
この思いに共感していただける、超党派の皆さんに、集まっていただけました。
大事なことは、どの党派、どの会派に偏ることなく、「停滞する市政を、前に進めなければいけない」と憂う方々と、広く、力を合わせていかなければいけないこと。
議長会等、公務で出席できなかった、市議の方々にも、個別に了解をいただいて、「あおもり、再生。」推進市議会議員団として、速やかに発足させていきます。