メイン

活動記録活動記録

2020.03.24/青森市新型コロナウイルス対策融資制度開始

青森市新型コロナウイルス対策融資制度開始。

3/23(月)より青森市独自の資金繰り対策『地場産業振興資金【特別小口枠】』を取扱開始。

融資限度額300万円、融資期間5年以内(1年据置)、利子・信用保証料は市が全額補給します。

青森市駅前庁舎3F新ビジネス課又はお近くの地域金融機関までご相談ください。

2020.03.23/第3回新型コロナウイルス感染症に係る青森市危機対策本部

第3回新型コロナウイルス感染症に係る青森市危機対策本部。

3/23八戸市で初めて感染症患者が発生した事を踏まえ22:00緊急開催。

①市内小中学校は明日の卒業式を厳戒態勢で実施し以降4/5迄臨時休校、

②公共施設は順次休館・利用中止等の措置、

③あおもり桜マラソンの中止の3点を断腸の思いながら指示。

2020.03.19/第2回新型コロナウイルス感染症に係る青森市危機対策本部

第2回新型コロナウイルス感染症に係る青森市危機対策本部。

政府専門家会議の感染未確認地域への見解等を踏まえ、引続き感染予防対策を徹底の上で

①小中学校は可能な所から学校再開、②公共施設は高齢者施設を除き段階的な平常化を指示。

なお市内で患者発生の場合は再度登校を中止する旨ご留意下さい。

2020.03.16/東横INN新青森駅東口オープン記念式典

東横INN新青森駅東口オープン記念式典。

オーナーのパルハウス(株)手塚勲社長・和代様御夫妻、(株)東横インの黒田麻衣子社長とテープカット。

14階建246室で駐車場も49台併設、新型コロナ禍収束後は必ずや青森観光の拠点に。

4年前の市長就任時、9区画中7区画が売れ残っていた新駅東口も残り1区画のみ。

2020.03.12/新型コロナウイルス感染症に係る金融機関等との意見交換会

新型コロナウイルス感染症に係る金融機関等との意見交換会。

厳しい経営状況にある市内事業者の資金繰り支援の為、新たに融資限度額300万円・融資期間5年(1年据置)、

利子及び信用保証料を市が全額補給する『地場産業振興資金”特別小口枠”』創設を公表。

速やかな開始を目指し契約手続等への協力を要請。

2020.03.06/青森市議会本会議

青森市議会本会議。

4日間の一般質問を終え、各常任委に議案を付託。

青森市は新型肺炎禍に加え、3/5時点の累積降雪量251cmと記録更新(H18:335cm)も懸念される記録的少雪。

都市建設常任委員会において、除排雪作業委託における最低保障額4割を6割に嵩上げする

『少雪対策緊急措置』の実施を公表。

2020.02.28/青森市危機管理対策本部

青森市危機管理対策本部。

新型肺炎の県内19件の検査は陰性ながら、一斉休校の政府要請を踏まえ総力戦で対応するため開催。

①3/2〜3/26迄小中学校の休業、

②卒業式は必要最小限の人数で開催、

③保育所・放課後児童会の開所等を通知。

子ども達の安全を守るため、皆様のご理解とご協力をお願い致します。

2020.02.21/青森市議会定例会開会

青森市議会定例会開会。

新年度予算はじめ議案89件について提案理由説明。

ケネディ米大統領の就任演説に擬え、故郷青森が何をもたらしてくれるかに甘んじる事なく、

故郷青森をより良くする為に自ら挑戦する心を持つ”ひと創り”に力を注ぐ『あおもり、挑戦!』予算とし、

その先頭に立つ決意を表明。

2020.02.19/第3回青森県市長会総会

第3回青森県市長会総会。

4月より東北市長会会長を青森市が務める事等に伴う予算の他、

5月の知事-市長意見交換会の充実策、9月の10市大祭典inみさわ、

東北DC対応や県外PR・海外研修の見直し等活発に議論。

三村知事、青山・柏木両副知事にもご参加頂き、新型肺炎に対し県市が連携して対応する事を確認。

2020.02.18/あおスタ☆ピッチ ウインターセレクション

あおスタ☆ピッチ ウインターセレクション。

AOMORI STARTUP CENTERを活用し事業展開した皆様によるピッチイベント。

東京大会進出に繋がる10月のファイナル出場権を獲得したMVP(Most Valuable Pitch)は

(有)マロミの鳴海吉英様。

4,500人の笑顔を眉で引き出してきた”眉ソムリエ”のプレゼンに興味津々。

2020.02.15/青森山田高校サッカー部祝賀会

青森山田高校サッカー部全国大会祝賀会。

田嶋幸三日本サッカー協会会長や岡田武史元日本代表監督など錚々たる面々を前に、

ホームタウン代表として御挨拶。

プレミア制覇&選手権準優勝を誇りに思うと共に、埼玉スタジアムに置いてきた忘れ物を取り戻し、

来年2冠達成パレードが実施できるよう激励。

小野寺あきひこ公式動画小野寺あきひこ公式動画