メイン

活動記録活動記録

2020.04.24/市長記者会見

市長記者会見。

4/30(木)市議会を招集し補正予算297億円を提出。

①特別定額給付金10万円、

②子育て世帯臨時特別給付金1万円、

③遠隔授業用PC13,616台、

④家賃補助最大30万円、

⑤布マスク82,500枚配布、

⑥保育所衛生用品補助50万円、

⑦広報あおもり臨時号発行等を計上。

議決後速やかな支給を図ります。

2020.04.23/県・市町村新型コロナ対策連絡会議

県・市町村新型コロナ対策連絡会議。

県と40市町村が連携して立ち向かう場が新設。

浜谷豊美町村会長(階上町長)と共に各市町村のコロナ対応へ支援を要請、

三村申吾知事から「支援を真剣に考える」と力強い回答。

今後のTV会議活用や感染情報の統一的提供も発言。

今後も3者協力しGW帰省自粛等を呼びかけ。

2020.04.20/新型コロナウイルス感染症特別対策室発足

新型コロナウイルス感染症特別対策室発足。

4/3市内1例目発生時危機管理課内に直ちに設置したPTを拡大、

①感染症対策

②遠隔授業推進

③生活支援臨時給付金の3チームで編成。

佐々木正幸室長以下14名に辞令交付、1日も早く給付金を市民に届ける事、

ICTを活用し子ども達の学習機会を守る事等を指示。

2020.04.19/マスク・検温ノート贈呈

マスク・検温ノート贈呈。

市内2社・2障がい者施設のご協力で布製マスクを、

市内印刷会社のご寄贈で検温ノートダイアリーを全小学生へ。

浦町小1-1坂本奏音さんと担任の澤田久子先生へ代表して進呈。

布マスクは今後も増産を続け中学生、妊婦・乳幼児世帯、

保育園・幼稚園、障がい者・介護施設等へ配布。

2020.04.17/医療・介護関係者への感謝の拍手

医療・介護関係者への感謝の拍手(フライデーオベーション)。

新型コロナ防止の最前線にある医師・看護師・臨床検査技師・保健師

・介護関係者等に誹謗中傷があるとの報告。

差別ではなく感謝の拍手を。

福岡・茨城等で広がる取組、毎週金曜正午、ご賛同頂ける方に参加頂けると嬉しいです。

2020.04.16/第10回新型コロナ対策本部

第10回新型コロナ対策本部。

青森県内22例の患者発生や全国での緊急事態宣言も踏まえ

①小中学校は4/20(月)学校再開を断念、5/6(水)迄臨時休校を延長。

週1回に限り学年別登校、遠隔授業を全小中学校で実施。

②放課後児童会は体制維持も支援員の負担軽減へ教育委と連携。

③施設休館・会合も引続き自粛。

2020.04.13/第9回新型コロナ対策本部

第9回新型コロナ対策本部。

青森市内の濃厚接触者は全てPCR陰性に。

①4/15〜内定取消や離職者20名臨時職員採用

②4/16〜毎週木曜市民200名消毒液配布

③4/20〜小中学生、妊婦乳幼児、保育・障がい・介護施設等への布マスク配布計画を指示。

最前線で戦う医師・看護師・技師・保健師への応援も呼びかけ。

2020.04.10/県市長会・町村会合同記者会見

県市長会・町村会合同記者会見。

今週末にも迫る桜の開花、浜谷豊美階上町長と共に

①3つの密回避

②緊急事態地域へ移動自粛

③花見を含め不急の外出自粛を呼掛け。

3月末の花見が首都圏の爆発的感染の要因に。

来年も必ず咲く桜、今年は遠くから心の中で桜を愛でましょう。

私達の故郷青森を守る為に。

2020.04.09/第8回新型コロナ危機対策本部

第8回新型コロナ危機対策本部。

市内3例目会社員(2例目の同僚)が発症。

迅速な疫学調査と共に、花見での首都圏の感染拡大を踏まえ5/6迄

①合浦公園等閉鎖・桜川団地通り等通行自粛

②ワラッセ等交流施設閉鎖

③ねぶたん号運休を指示、有識者会議委員の提言『3密回避と接触8割減と外出1回』への協力も要請。

2020.04.08/青森ねぶた祭実行委員会

青森ねぶた祭実行委員会。

新型コロナ患者の県内発生、4/7国の緊急事態宣言等を踏まえ、奈良秀則実行委員長より開催断念の表明。

名誉大会長の私も若井敬一郎名誉副大会長もやむなき旨発言、異議なく決定に。

青森ねぶたを愛する全ての皆様へ、どうか苦渋の決断を御理解下さいますようお願い致します。

2020.04.07/第7回新型コロナ危機対策本部

第7回新型コロナ危機対策本部。

青森市内2例目40代男性会社員が発症。

濃厚接触者(奥様)の迅速な検査指示と共に、7都府県への緊急事態宣言を踏まえ

①県外海外への旅行出張自粛

②来市予定の方は健康不安の場合事前に滞在地のセンターへ相談

③県外海外から帰った方は2週間外出自粛とマスク着用を要請。

2020.04.06/第6回新型コロナ危機対策本部

第6回新型コロナ危機対策本部。

青森市内患者の濃厚接触者7名のPCR検査は全て陰性、今後も4/17迄会合等の自粛等を要請。

布マスクは市内企業が週2,000枚増産、障がい者施設2ヶ所からも生産協力頂ける事に。

市民の皆様から布マスク御寄付の相談もあり、危機管理課で受付し順次小中学生等へ配布します。

2020.04.03/第5回新型コロナ感染症危機対策本部

第5回新型コロナ感染症危機対策本部。

青森市内初の20歳代男性消防士発症を踏まえ

①関連施設消毒と濃厚接触者の検査

②4/17迄不特定多数が集まる行事等の自粛

③生活相談窓口の新設(017-718-1904)

④小中学校は入学式のみ厳戒態勢で実施し4/17迄休校延長

⑤放課後児童会の体制維持⑥布マスク増産を指示。

2020.04.02/第4回新型コロナ感染症危機対策本部

第4回新型コロナ感染症危機対策本部。

昨日の専門家会議提言を踏まえ

①小中学校は4/6時差登校・4/7入学式・4/8〜10分散登校、

②4/8より遠隔授業を試行、

③放課後児童会は4/6〜11休業時体制を維持、

④市内立地企業のご協力で布マスク週2,000枚の生産を開始、小中学生・妊婦・障害者等へ順次配布を発表。

2020.04.01/あおもり親子はぐくみプラザ(はぐプラ)開業

あおもり親子はぐくみプラザ(はぐプラ)開業。

市内2ヶ所に分散した妊娠と子育ての支援施設を佃2丁目元気プラザ内に統合。

新たに助産師・心理士・栄養士を配する等従前の1.5倍49名のスタッフが一貫して支援。

ただし併設の雨雪でも遊べる室内プレイルームは感染防止の為暫時休業。早期開館へ尽力します。

2020.03.30/青森市内及び東郡の消毒液配布

青森市内及び東郡の消毒液配布。

市内138保育所等へ277箱、284障害児者施設へ321箱、

郡内19障害者支援施設へ27箱の次亜塩素酸水溶液10L(4倍希釈)を調達。

町村施設は県の所管ですが、八戸での新型コロナ発生等もあり対応が難しいとの事から、

連携中枢都市圏を構成する東郡4町村へ当市より調達しお届け。

小野寺あきひこ公式動画小野寺あきひこ公式動画